美術館カフェが近頃流行っているらしい 三菱一号館美術館Cafeは料理も雰囲気も大満足

美術館に併設されたカフェやレストランが注目を浴びているというニュースをみたのは、昨年のこと。
美術館なんて、私にとっては非日常の世界。その空間に併設されたカフェならば、やっぱり非日常の空間であるにちがいない。

東京丸の内にある三菱一号館美術館Cafe1894へ行ってきました。
あ・・・。三菱一号館美術館には行ってません。カフェのみの利用です。

スポンサーリンク

Cafe1894は明治時代の建物を再現

1894年(明治27年)に銀行営業室として建てられたこの建物。

といっても、一度解体され、その後忠実に復元され2010年にカフェとしてオープンした三菱一号館美術館Cafe1894。

明治時代は、文明開化とともに急速に近代化が進み、外国人の建築家を招いて西洋風の建物をたくさん建てたといいます。
英国人建築家ジョサイア・コンドル氏による三菱一号館は、日本で最初の西洋風事務所だったとか。
当時の日本では、ものすごいおしゃれな建物だったんでしょうね。しかし、今でもおしゃれだと感じるのはなぜだろう。

到着したのが、17時前。
ティータイムが14時~17時。ディナータイムが17時~23時となっているので、まだティータイムの時間です。

予定では、17時のディナータイムとともに入店し、18時30分前にはお店を出るつもりでした。だって帰りの飛行機の時間に間に合いませんからね。

ところが、お店の中に様子を伺うために入ってみると、すでに順番待ちのお客さんが3組ほど。
ディナータイムの予約は、18時以降でないとできないとのことでしたので、17時ちょうどに入店するつもりだったのですが、ティータイムのお客さんが帰らないことには、席に案内できないとのことでした。

せっかく来たのだし、こんなおしゃれなCafeは秋田にはないのだし、ここはぜひとも入りたい。しかし時間が間に合うのか?という不安もありましたが、幸いにして17時ちょっと過ぎたところで席に座ることができました。

さっきまで帝国劇場で古代エジプトの世界にいたのに、今は明治時代のハイカラさん。おもしろいもんです。
しかし、天井高いなー。明治時代の西洋建築ってみんなこんな感じなのかな?それとも銀行営業室だったから?

Cafe1894ディナーメニュー

今どきのお店は、どこも個室だったり半個室だったりしますが、Cafe1894は広いひとつの空間に、丸いテーブルとイスが置かれた空間。
だけど、お隣のテーブルのお客さんの会話はほとんど気になりませんでした。天井高いせいかなー。テーブル同士は比較的近いのですが、空間がとても広く感じるのですよね。

ディナーメニューは友人たち3人と、シェアして食べることにしました。そのほうが、いろんなものを食べられますからね。

フォアグラ、鴨胸肉、キヌアのクレソンサラダ 1,180円

キヌア初体験。
お皿の周囲に一周しているツブツブがキヌア。南米の雑穀のようなものなのですが、栄養価がとても高く、宇宙食として評価されるほど。
プチプチとした食感ですが、味は・・・うーん。ドレッシングが混ざっているので、ドレッシングの味としか表現できません。

クレソンにナッツ類がトッピングされているだけでも、おしゃれ!ナッツの香ばしさと食感がとてもおいしい。

フィッシュ&チップスCafe1894スタイル 1,280円

イギリスのファストフードの代表ですね。白身魚(たぶんタラ?)のフライにポテト。
イギリス人建築家の建物の中で、イギリスっぽい食べ物を食べてみたかった(笑)。
ポテトには、酸味のきいたマヨネーズになにかツブツブが入ったものをつけて食べる。これおいしい。

フィッシュには、ソースかバルサミコ酢をかけてどうぞと言われましたが、個人的にはソースのほうが好きだったかな。

バケット アンチョビ&オリーブ 680円 

フランスパンがカリカリで、適度な塩気があって好き。
しかし、切れていないので、分けて食べるのに一苦労。

フィッシュ&チップスといい、このバケットといい、英字新聞が敷かれているだけでも、おしゃれ感満載です。

国産豚肩ロース肉のアーモンド焼 / 薩摩芋のキャラメリゼ 1,680円

アーモンドのツブツブパリパリ感が香ばしいアクセントとなって、お肉がおいしい。
薩摩芋は、甘めに味付けされていました。
周囲のソースがなんなのか、もはやわからず。

しかし、どんだけクレソン添えるねん!ってくらい、クレソンが使われてましたね。
クレソンはヨーロッパ原産ですもんね。英国感を出すにはクレソンを使え( ..)φメモメモ。

3人でシェアして食べたのですが、このあたりでお腹いっぱいになりました。

赤いチョコレートパフェ ベリーとショコラオレ 780円

しかし、デザートは別腹。赤いチョコパなんて初めてです。
上にのっかているのは、ストロベリーのメレンゲかな?
甘くてすっぱくておいしい!

お料理もおいしかった!
お店の雰囲気も素敵!
お店の方の対応もとてもよかった!

いつかランチタイムにも立ち寄りたいところだと思いました。



実は、このCafeに来る前に、相田みつを美術館に寄ってきたのです。
心にじわりと染みました。

古代エジプト→昭和時代→明治時代・・・と、盛沢山の日帰り東京ツアーでした。
ああ、大満足!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まりこ より:

    はじめてコメントさせていただきます(^^)
    わたしも四季やミュージカルが大好きで、子供はそらはなさんより少し上の男女ふたりです
    わたしも丸の内周辺の雰囲気が大好きでよく行きます
    ご存知だったらごめんなさい
    今やっているドラマ、人は見た目が100パーセント?が、まさにあの辺りがよくでてきます(*^^*)

    • そらはな より:

      まりこさんへ♪
      はじめまして(#^_^#)
      丸の内周辺に気軽に行けるなんて、うらやましいです。
      私は、気合いを入れて行かねばならないので(^_^;)
      あの辺をお散歩するだけでも気持ちいいでしょうね。
      今やってるドラマは観てないのですが、カフェ1894は、いろんなロケに使われてるようですね。どこから観ても絵になりますもんねー。
      いろんな場所を知ると、テレビをみる見方も少し変わりそう。こういう楽しみ方もあるんですね。

  2. なお より:

    私も丸の内はたまにお散歩がてらに出掛けてます。美術系には弱い私ですが、こちらでは浮世絵の展示を見ました。レストランの雰囲気も良いですね。周りのお店もみなおしゃれで、飽きる事なく過ごせます。
    エシレバターの店もこちらにしかないので、一度行かれてみるのも良いと思います。
    最近すっかりおしゃれなオトナの街ですね。

    • そらはな より:

      なおさんへ♪
      こんにちは(#^_^#)
      お散歩がてら、丸の内!すてきですね。
      周囲のお店も、外から眺めただけでもおしゃれなお店がたくさんありました。
      エシレバターのお店もあるんですね。
      また機会があれば、立ち寄りたいです(#^_^#)

  3. 乙女座の乙女 より:

    そらはなさんおはようございます♪
    日帰り弾丸ツアー、1秒の無駄なくお楽しみになられたようでなによりです(^-^)
    長男のママ友と時々お出掛けするのですが、ネタが尽きてきて…GW明け早速行ってみます。
    GW前半実家に行ってきましたが、母との関係が微妙で今回もモヤッとしたまま帰ってきました。
    今日は気持ちを切り替えて西武ドームに対楽天戦に主人と行ってきます(^^)v(プロ野球ファンではないけど)解毒できたらいいな♪

    • そらはな より:

      乙女座の乙女さんへ♪
      ママ友とランチ(#^_^#)
      ぜひぜひ!きっとランチメニューのほうが、もっとお得感がありますよね。
      私も野球ファンではありませんが、日常から離れるとまた、いろんな見方ができるようになりますよね。
      自分の楽しみを見つけて、解毒したいものですね(^^)

  4. T M ♪ より:

    ムダのない動線でお見事です(^_^)v
    土地勘のある人間にはたやすくとも…
    空花さんの検索能力のすばらしいこと!

    私は美術館の方をよく訪ねます。カフェも数回利用しました。
    上の階は天井もそれほど高くなく
    美術展示の部屋としては小さめですので、
    仰々しくない、小ぶりの絵の展示に向いています。
    やはり建物が建った時代と近い時代の絵が似合う気がします。
    機会があれば、美術館も覗いてみてください。
    小難しいことは抜きで、一所懸命描かれた美しいモノをただ無心で眺める…
    それもきっと解毒になりますよ。

    • そらはな より:

      TM♪さんへ♪
      丸の内周辺って、美術館が多いことに気が付きました。
      三菱一号館美術館は、友人が教えてくれたのですが、帝国劇場→相田みつを美術館→三菱一号館美術館Cafeと、ひとつのエリアを効率よく周れて本当に濃縮した旅でした(#^^#)
      美しいものを無心で眺める・・・これぞ究極の贅沢ですね。
      まだまだ世の中には美しいものがたくさんあるので、楽しみです(#^^#)