ブログを書く意味 ブログを続けたことでわかった自分の生き方は自分次第

ブログ歴10年です。
とはいっても、最初の5年はダラダラと日記的なブログを書いていたので、本当のブログ歴は5年だと思っています。

私が考えるブログというのは、情報発信の場。
だから、ダラダラと綴っていた日記的ブログはあまり意味がなかったなぁと、今だからこそ思っています。

ブログを続けてきたメリットは、その時自分が何に一生懸命だったのかよくわかるところ。
自分の生き方が反映されているブログは、自分にとっての財産でもあります。

スポンサーリンク

ブログとは

ウェブログ(weblog=ウェブ上に残される記録)が短縮されてブログと称されるようになりましたが、個人が日記風に自分の考えや意見を記したものがメインなので、ブログが日記的でも全然OKなのですよね。

私もブログを始めたころは、日常のあった出来事や仕事や家族のことを、思いつくまま言葉にして記しているだけでした。
なので、どうしても愚痴っぽくなりがちで、それをダラダラ続けていることが、自分にとってなんの意味もないことだと思うようになりました。

どうせブログを書くならば、自分が後で読み返した時に役に立つようなものがいい、自分の備忘録として、子どもたちに伝えたいこととして記録をしたほうが、ずっと有意義に時間を使えます。

また、私も何かの情報を欲しくてネットで検索した際に、誰かが発信した情報がとても役に立ったりするので、情報共有の場としてもブログって役に立つなぁと思うようになりました。
私が知りえた情報は、誰かにとっては当たり前のことでも、誰かにとっては知らないことかもしれない。

だから自分が経験したことは、なるべくわかりやすい言葉で説明するよう、ブログを書くようにしています。

”朝から暑いので、ダラダラ過ごしてしまったー。
ゆうこちゃんからメールがきて、この暑い中熱があるんだって。
お大事にね。
ガリガリ君がおいしーよ!”

こんな個人的なことをブログで発信しても、これを見た人は全員こう思うでしょうね。

知るか!

「私」のことや「ゆうこちゃん」のことを個人的に知っている人ならば、興味を持つかもしれませんが、そんなこと直接メールしろや!ってなるでしょう。

なので、5年間ダラダラ続けた個人の日記的なブログは突如やめてしまいました。

ブログを続けたメリット

私が本気でブログを書くようになった最初の頃のテーマは、「40代の生き方を模索する」ような内容でした。
初めて劇団四季を観たことで頭をぶん殴られたような衝撃を受け、生きることに一生懸命にならなければダメだと思ったからです。

同時に、長男が大学生となり、教育費としてお金がどんどん出ていくことに不安を覚え、「節約」を意識した内容のブログも書くようになりました。
ブログに書くには、内容を整理しわかりやすいようにまとめなければならないので、頭もずいぶん使いましたし、書くことにより、うろ覚えの部分も自分の知識として定着していきました。

節約に関するいろいろな知識や情報は、この時ブログに書きながら自分に叩き込んでいったので、今では特別意識することなく、節約がごく自然にできる生活が当たり前のようになりました。

ケチらない 過度の切り詰めもしない 無駄を省いてシンプルな暮らしを目指す節約術

昨年、ブログを引っ越ししたと同時に父が亡くなり、このブログのテーマも「親の死と介護」「50代の生き方」というのがメインとなりました。

ブログを続けてきて気が付いたのは、「生き方」というのは、その時自分を取り巻いている環境によって、どんどん変化し進化していくということ。
人間は、その時の環境にうまく適応できるようにできているそうですが、それを維持するのか、進化させるのか、退化させるのかは、自分次第なんだなぁということに気が付いたのです。

ブログを続けてきたことによるメリットは、自分の生き方を振り返り、それを発展させるためにはどうしたらよいかと、常に前向きに考えるポジティブ思考が身についたことだと思っています。

今後の生き方

私の関心事は、更年期や教育費や節約から、親の死や介護のこと、そして今は、庭や草木のこと。
子どもたちは親元を離れ独立し、自分たちも歳をとり、興味や関心事も年々変化していきますが、自分の生き方の根本的な部分は、今もこれからも変わらずにいたい。

それは「人生を楽しむこと」。

限られた人生だから、誰にでも死は訪れるのだから、人生楽しんだもん勝ち(価値)なんだと思うのです。
そして人生を楽しむのに必要なことは、毎日自分の目の前にあることを、めいっぱい楽しむこと。

楽しむということは、何も毎日劇団四季をみて「ああー!楽しかった」と思うようなことではなく、困ったことや難題にぶち当たったとしても、それを解決するために何をしたらいいのか一生懸命考えること。
そしてまずはやってみること。やってダメなら次の方法を考える。
それが人生をめいっぱい楽しむことなんだと思っています。

今、一日一日が大切なんだと思えば、ぼーっとしている暇はないほど、毎日が忙しい。
今日は、庭の雑草対策でくじけそうになっていたところに、新たな考えが閃き、ものすごくワクワクしているところです。

やりたいことがいっぱいありすぎて、ブログに書きたいこともいっぱいありすぎて、時間がないことが悩みの種だったりします。

スポンサーリンク
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. るり玉 より:

    こんにちは。
    まずは先日のカイヅカイブキのこと。
    学校の校門両サイドに植わってて、
    歩道に伸びては苦情が入る厄介者になってます(≧∇≦)
    初めて名前を知りました。
    2年に一度とはいえ、剪定処分に数万円と思うとなんか痛いですね。。。

    ブログは私は丸8年になりました。
    そらはなさんは先輩ですねヽ(・∀・)ノ
    始めた頃はボランティアを始めたばかりで、
    植物のことはおろか、土のなんたるか、季節の花仕事がなんたるかをなんにも知らなくて、
    ブログでどれだけの人に助けてもらってきたか!
    お花のお師匠さんに出会えたのも、ここまで続けてこれたのも、
    ブログで出会った方たちのおかげです。
    人生に迷った時も受け入れてくれたり背中を押してくれたり、
    今は休み休みだけど、それでもつながっている安心感は私の心の支えです。
    変な話。。。
    私が死んでも、全国にお嫁にいったお花や種たちが、
    命を繋いで季節になると芽吹いてくれる、とその姿を想像したら、
    死ぬことすら不安を感じなくなりました。

    雑草対策の閃き、気になる!
    やりたいこといっぱいの充実したそらはなさんのブログ、
    一緒に楽しみたいです(^o^)

    • そらはな より:

      るり玉さんへ♪
      るり玉さんも、初心者の頃があったんですねー。当たり前だけど。
      自分の好きなことを継続していくのは、大きな財産になりますね。
      自分が死んだあとも、自分が育てた花がどこかで咲いていくって考えは素敵ですね。
      雑草対策は、果てしなく続きますが、やっぱりお花に向き合うのが一番ストレスないですね。
      そのうち、花に話しかけていそう・・・(^^;)

  2. とも より:

    どう生きるか?
    五十路を迎えて、よく考えます。
    たぶん義父の介護と見送り。老いて亡くなるということを目の当たりにし、今までは自分には無関係な話題でしたが、不謹慎な表現ですが、
    人ってやっぱり死ぬんだ。と現実を知った感じでした。
    時間の期限がわかると、うかうかしてられないですね。自分のできる範囲で、好きなこと、ときめくことにチャレンジしたいです。

    昨日のETV特集という番組で、満州から命からがら引き揚げてこられたおばあさんが、

    あの時に苦しいこと辛いことを経験したが、生きて帰ってきたからこそ、今の喜びがある。

    と仰ってました。深いなーと感銘しました。

    番組は今週の深夜に再放送されます。内容はかなりショッキングですが、重みのある言葉でした。

    • そらはな より:

      ともさんへ♪
      身近な人が亡くなると、自分の生き方(死に方)というのも考えずにはいられなくなりますよね。
      だからこそ時間がとても貴重で、無駄に使いたくないという気持が大きくなりました。
      死にものぐるいで生きてきた人の言葉には、重みがありますね。
      自分はなんて呑気で平和な世の中を生きてきたんだろう・・・と、あらためて自分の幸せを思ったりもします。

  3. らんど より:

    そらはなさんのブログのお陰で、いろいろな情報収集できています。感謝です♡
    人生!楽しまなきゃ!そんそん!同じアホなら踊らにゃそんそん!
    人それぞれ、いろいろな事があって苦楽の違いはあっても一生懸命生きてるんですよね。
    今が一番幸せ♡母からの言い伝えです!娘たちへも、しっかり伝わっていきました♡何があっても今が幸せ♡今日、与えられた試練は明日の為に必然だから、明日はもっと幸せになる♡幸せを感じられる事が一番幸せなのかな~(^^)

    • そらはな より:

      らんどさんへ♪
      時々思うのですが、幸せかどうかなんて本人が決めることなんでしょうね。
      どんな状況にあっても、精一杯生きていたら、それはそれで幸せです。
      今が幸せ。毎日そう思って暮らしていたら、本当に幸せなことですねー。
      明日はもっと幸せ。そう思えることが、もっと幸せですね(#^^#)