イオン銀行普通預金金利引下げ イオンカードセレクトもマイナス金利政策には勝てなかったのね

イオンカードセレクトを持っていると、イオン銀行の普通預金金利が0.12%。
ゆうちょ銀行の普通預金金利が0.001%であることを考えれば、120倍もの高金利。
定期預金にも匹敵するイオン銀行普通預金の金利でしたが、とうとう時代の波には勝てずに、金利が引き下げられます。

イオンカードセレクトは最強だと思っていましたが、マイナス金利政策には勝てなかったのですね。

スポンサーリンク

イオン銀行普通預金金利引き下げ

日銀のマイナス金利政策で、メガバンクの金利は一気に引き下げられ、ゆうちょ銀行普通預金の金利は0.001%になりました。
100万円を1年間預け入れて10円の利息って・・・。
いや税金が引かれて8円か。
びっくりするような低金利です。

そんな中イオン銀行では、イオンカードセレクトを持っていることを条件に、金利の上乗せを行ってきました。
普通預金の金利に0.1%を上乗せしてくれるので、0.12%。

ゆうちょ銀行の定額預金の金利が0.01%ですから、イオン銀行普通預金の金利は破格の高金利。
イオンカードセレクトを持つことが条件といっても、もともとイオンカードを持っていて、そのうえでイオン銀行に口座を開設すればイオンカードセレクトになるのですから、今までと特に何かがかわったわけではありません。

しかし。
ついにイオン銀行も、マイナス金利政策に屈することになったのですね。
0.12%から0.1%へ引き下げられることが発表されました。

2017年8月12日(土)からの適応です。
100万円を1年間預けて1,000円の利息。
他の銀行に比べたらダントツ高いですが、うーん。ちょっと残念。
イオン銀行だけは負けないと信じていたのに・・・。

積立式定期預金金利は0.15%

先月から、イオン銀行積立式定期預金を始めました。

毎月5,000円から始められる積立で、満期日は6か月~5年までと自分で指定できます。
イオン銀行普通預金口座から、毎月自動で引き落としとなるので、半強制的に積立ができるというもの。
しかも、金利が0.15%。

普通預金の金利が引き下げられるので、もしかして積立式定期預金もか?と思ったのですが、こちらは0.15%のままでした。
よかった、よかった。

積立式定期預金は、使うためのお楽しみ貯金ですが、同じ預けるなら少しでも金利が高いほうがいいですもんね。

貯めるためではなく使うための積立式定期預金を始めました
イオン銀行には、定期預金の他に「積立式定期預金」というのがあります。 今までなんとなくスルーしていましたが、今月から積立式定期預金を始める...

老後資金は投資信託で

もはや銀行にお金を預けても増える時代ではありません。
銀行に預けるメリットは、家に現金を置いておくよりは、銀行に預けて安心感を得るといったところでしょうか。

私の年金も64歳から支給開始ですが、これだって数年後にはどうなっているかわかりません。
一億総活躍社会ですから、年金支給は一律70歳過ぎてからとなってもおかしくないのですよね。

以前は働ける限りは働こうと思っていましたが、最近は50肩で左腕が全然上がらなくなり、すっかり気弱(笑)。
毎日、お花に話しかけて暮らしていきたいとすら思うようになりました。←もはや隠居

とはいっても、まだ2人の子どもは学生である以上、やっぱり働かなくては。
そして少しでも効率よくお金を貯めるべく、投資信託でお金を運用していかなくては。

イオン銀行普通預金の金利が下がることになり、もっと投資について勉強せねばと思った今年の夏。



それでもメガバンクよりははるかに高い金利なので、ボーナスなどは全部イオン銀行普通預金に入れてしまい、それからゆっくり運用を考えたいと思います。

スポンサーリンク
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする