庭木の伐採にかかった費用とシルバー人材センターに依頼するメリット・デメリット

屋根を超えるような庭木の伐採は、素人ではとても無理です。
仮に、切ったところで、今度はその枝の処分にも困ってしまいます。
業者さんに頼もうと思っていたところ、友人から「シルバー人材センターが安くていいよ」と聞きました。

そしてこのたび、庭の木4本をシルバー人材センターの方に伐採していただきました。
庭木の伐採をシルバー人材センターに依頼するメリットとデメリットについて、考えてみました。

スポンサーリンク

庭木の伐採にかかる費用

庭木の伐採にかかる費用は、地域や業者によってちがうと言われています。

一般的な平均費用のめやすとして
●低木(0~3m):5,000円 /1本
●中木(3~5m):10,000円 /1本
●高木(5~7m):25,000円 /1本

さらに使用する重機やトラック、作業する人数や時間によってプラスαがかかるというしくみです。

今回、我が家で伐採する庭木は
●栗の木(高木)1本
●柿の木(中木)2本
●梅の木(中木)1本
の、計4本。

ざっと見積もっても、伐採だけで5~6万円。これに処分する枝を運ぶトラックや作業人数や時間を考えると、10万円近くかかるのではないかと、戦々恐々としておりました。

シルバー人材センター

いまやほとんどの市町村にあるシルバー人材センター。

定年退職者が自分の特技を活かして働くことにより、生きがいをもち地域社会へ貢献するという目的のもと、割安な料金で様々な作業を引き受けてくれます。

友人が、庭木の伐採をシルバー人材センターにお願いし、とても安くやってもらえたという話を聞いたので、私もさっそく電話をかけたのが昨年の11月のことでした。

我が家の庭木の事情を説明すると、あまりにも大きな木はクレーンなどが必要となるため、シルバー人材センターでは対応できないとのこと。
1週間後に実際に見にきていただき、これくらいの栗の木ならばなんとか伐採できるとのことで、依頼することにしました。

おおよその見積額は「5~6万円」とのこと。
やっぱりね。そうよね、それくらいかかるわよね。

しかし、現在シルバー人材センターでチェーンソーを使える方は1人しかおらず、年内は予定が埋まっているので、伐採は来年春になると言われました。
しかたがありません。
ここは春が来るまで待つことにしました。

庭木の伐採に要した時間

そしてようやく春がやってきました。
天気予報をみながら、お天気がよさそうな日と私が仕事が休みの日を合わせ、ようやく庭木の伐採作業が行われることになりました。

当日やってきたシルバー人材センターの方は3名。
軽トラ2台と2tトラック1台を各自が運転してやってきたのですが、どうみても70歳は超えていると思われる方たち。
その中の1人は80歳は過ぎてるんじゃないの?という風貌。

私よりも2周りも年上と思われる高齢者に、こんな作業をお願いしていいのかしら・・・と多少気が引けましたが、そこはやっぱり職人技。
動作はややスローでも、お互い声をかけあってテキパキと伐採作業に取り掛かりました。

梅の木と柿の木2本は、あっというまに切り倒されました。
さらに、伐採せずに残しておく梅の木が、お隣の敷地に枝を伸ばして困るだろうと、一部剪定までしてくださったのです。

最後にとりかかった栗の木は、枝にロープを結び、倒れる方向を誘導しながらの伐採。
これもあっという間に切り倒されました。
お見事でした。

その後、太い枝は一定の長さにカットされ、材木を扱う業者に引き取ってもらうために、軽トラ2台に積まれ2往復して運ばれました。

細かい枝は、燃えるゴミとして処分するため、2tトラックに積み、やはり2往復しました。

地面に落ちた細かい枝もきれいにかき集め、片付けてくれました。
さらに、我が家の庭の片隅には、父が生前自分で剪定していた枝葉が山積みになっていたのですが、これらも一緒に処分してくれました。

作業に要した時間は、全部で5時間。
我が家の敷地がずいぶんすっきりきれいに片付きました。

伐採にかかった費用

シルバー人材センターから、後日請求書が送られてきました。

庭木の伐採から、剪定までやっていただき、さらには、庭に山積みになっていた枝葉の処分もしていただいたのですから、請求額は7~8万円?いやもっとかかる?と、おそるおそる封筒を開けてみると・・・。

●仕事の内容:庭木伐採、処分
請求金額:28,000円

思わず「安っ!」と声が出てしまいました。

その内訳は
・伐採 10,000円
・助手 4,000円
・チェーンソー 4,600円
・2tダンプ×2台 8,000円
・事務費 1,400円

・・・となっていました。

庭木4本も伐採していただいて、伐採費用がたったの1万円!!!
3人がかりで5時間もかかったというのに、総額28,000円!!!

単純に時給計算しても、1人1時間1,800円の労働。しかし、彼ら3人の手元に渡るお金は、その中の何分の1なんだろう?

彼らの黙々と作業をこなす働きぶりに、ただただ感謝して、彼らが帰る時缶コーヒーとお茶のボトルを手渡したけれど、もっと何かを渡せばよかったと後悔した次第・・・。

シルバー人材センターに伐採を依頼するメリット・デメリット

なんといっても最大のメリットは、費用の安さ。これに尽きます。
そして、地元のおじさんたちなので、その場で何かお願いしても柔軟に対応してくれます

「ここの枝、切ってやるからな。隣の家にジャマになるべ?これで、今年は残った枝にたくさん花が咲くぞー」
なんて言いながら、見事な手さばきで剪定してくれる。
惚れてまうやろーっ。

デメリットは、限られた人数でやっているので、順番待ちの期間が長い。
昨年の11月に依頼して、伐採したのが今年の4月。5か月待ちでした。

さらに、作業が若干雑。

どうせなら、平らにしてほしかった切り株ですが、まぁ、いいや。

まぁね。木を切り倒すんだから、周囲の花は踏まれるでしょうね。
ま、しかたがない。

栗の大木を伐採したんだから、水仙の花が咲いていようと、そんなこと構ってられないよね。
ま、いいや。

栗の木が倒れるとき、隣の椿の木に栗の枝が当たっちゃったんでしょうね。
無残にも、枝が裂けているけど、ま、しかたがないよね。

70歳を過ぎた彼ら3人が、一生懸命働く姿をみていたら、もうこんなことはどうってことありません。
花はまた芽を出し咲くのだし、椿の木も短く剪定すればいいのだし。

そして思ったのです。
手に職を持ち、自分の得意分野を極めるということは、一生の宝になるのですね。
仕事は定年を迎えても、こうして世の中の人のために役に立てる特技を持っているって、なんてすばらしいのでしょう。

まさに生涯現役。
ナイスガイでした。

庭木の伐採を依頼する時、もしも周囲に傷をつけてはならない大切な草木があるのなら、ここはやっぱりちゃんとした業者にお願いしたほうがいいでしょう。
でも私は、またシルバー人材センターにお願いしようと思っています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ますきょん より:

    お久しぶりです
    すごーく安くすみましたね
    感謝ですね(o^-^o)
    切り株の雑さに満員電車で吹いてしまいましたが(笑)
    お疲れ様でした!

    • そらはな より:

      ますきょんさんへ♪
      そうなんですよー。
      ホントに安くてよかったです。シルバー人材さまさまです。
      ますきょんさんは、満員電車に揺られて子育てとキャリアウーマンの両立をがんばっているのですね。
      3人のわが子のためなら~♪・・・ですね(#^^#)

  2. ハンナ より:

    建物や電線に引っかるような樹がなかったのが、幸いでしたね。
    それにしても、安っ。びっくりしました。
    ほんと、お疲れ様でしたね。

    そらはなさんって、とっても文章力があってブログ読んでいて
    おもしろいです。
    いい日も落ち込む日もありますが、楽しみにしてます。

    • そらはな より:

      ハンナさんへ♪
      そうですよねー。
      いくらシルバー人材の方たちでも、電線にひっかけたり建物を壊しちゃったりしたら、シャレになりませんよね。
      仕事ぶりは極めてまじめに丁寧にやってくださったので(でも少し雑だったけど)このお値段ならば大満足です。
      いやはや・・・このブログをおもしろがってくださり、感謝です(#^^#)

  3. reirin より:

    私は子供達の学童以降の時間をシルバー人材センターの方にお願いしてました。
    私の母より年上の方で、孫のように可愛がっていただき(クリスマスにプレゼントまで!)、確か一時間850円だったので、その方に行くぶんはいくらだったのか…。
    今でもシルバー人材センターの方には感謝しかありません。

    • そらはな より:

      reirinさんへ♪
      へぇー!シルバー人材って、そういう使い方もできるんですね。
      知りませんでした。
      よいお方にめぐり合えてよかったですね。これも何かの縁ですもんね。
      私も、今後もシルバー人材センターにはお世話になると思います。
      私も定年したら、何かお役に立てないかしら・・・(^-^;

  4. ちかちか より:

    安いですねー羨ましい。うちの木は高さがあってシルバーさんではやらないとの事でしたが、見積もりだけでも取ればよかった。まだ枯れかかった大きい松があるのです。チェンソーはあるので、何とか夫に切ってもらったとしても、それをどうやって処分したらいいのやら。。
    シルバー人材センターに登録してる人はうちの市には8000人もいるらしく、仕事が足りないそうです。シルバーさん対象に剪定講座開かれたりしてます。やはり技術持ってる人が強いですね。友人の会社は電気技術の資格持ってる人は定年過ぎた人でも採用するのだそうです。段差の切り株には笑いましたが楽しんで仕事してる感じでいいなあと思いました。

    • そらはな より:

      ちかちかさんへ♪
      ちかちかさんのお宅は大木ですもんね。たぶんクレーン出動しなければならないくらいの大木でしょう。
      で、思ったのですよ。
      庭に木を植えるのはいいとしても、素人が管理できないほど大きくするのは本当にやめようと。
      うちは、まだシルバー人材さんが対応できるくらいの大きさでよかったですが、今後は他の木もマメに剪定していかなければなりません。
      剪定にシルバー人材さんをお願いしようと思っています。
      が、実は私自身も剪定は嫌いじゃないので、今年はぼちぼち自分のペースでやっていきたいと思います。
      ちかちかさんのところは、シルバー人材さんが豊富なんですねー。うらやましい。

  5. とも より:

    こんにちは。
    シルバー人材センターさんは、本当に大助かりです。うちも年に何度か雑草取りをお願いしています。辛抱強い年代の方なので、綺麗に仕上げてくださいます。
    高木伐採ですが、うちに幹が4階くらいの高さまであった銀杏があります。町の天然記念物に指定されているので、大掛かりな剪定は教育委員会の許可が入ります。樹木医のいる造園屋さんに頼み、そこから山仕事の高木伐採業者に頼んで頂きました。幹の半分くらいで切りましたが、もちろんクレーン車、コンテナ車と大掛かりでした。
    費用も中古の軽自動車くらいかかりました。もちろん自腹。トホホ。
    伐採した木は、細かく切断して、燃料チップに加工されるとか。なら、もう少し安くてもいいのに。
    切った当初は、実もならず、葉っぱも少なめでしたが、今や小枝が元の高さくらいまで伸びてます。実もつき始めましたら、銀杏の生命力恐るべし。本音始め下からズバっといきたいです。

    • そらはな より:

      ともさんへ♪
      意外とみなさん、シルバー人材センターを活用されているのですね。
      雑草取りも助かりますねー。
      ところで、天然記念物の銀杏!これって私有地にあっても天然記念物になるんですか?
      しかも、教育委員会の許可が必要で、なのに費用は自腹!!!?
      なんだかありがたいような迷惑なような・・・・(^-^;
      いずれにせよ、庭木の管理は大変ですね、本当に。

      • とも より:

        樹齢が300年くらいらしく、昔の方が申請されたようです。住んでる者は、葉っぱに悩まされ、ビミョーな心境です。

  6. しろうさぎ より:

    こんにちは ご無沙汰してます。
    シルバーさん、びっくりするぐらい良心的な価格ですね。

    記事がアップされた当時、段差のある切り株の画像にパソコンの前で笑ってしまったのですが、先日庭の木を伐採したお宅の切り株を見たら全部段差あり!
    ひょっとして・・・と思ってググったら、
    ウケ口を切り、反対側から追い口を入れて切ると段差のある切り株になるみたいです。
    たぶん、カッコよくする場合はチェーンソーで平に段差の分も切りなおすんでしょうけどね。

    わー、仕事が雑だと笑ってしまったシルバーさん、ごめんなさいだわ。

    防風林ナビ チェーンソーを用いた伐採方法 より

    • そらはな より:

      しろうさぎさんへ♪
      なるほどー。
      ウケ口と追い口ですか。
      一番太い栗の木は、ちゃんと切り株が平になっていたので、これはシルバーさんのサービスなんですかね。
      いずれまたシルバー人材さんにお願いしようと思っています。