ANAマイルが1マイルから交換可能だったなんて知らなかった話

スポンサーリンク

『マイルの有効期限が近づいています』というメールをいただきました。
ANAのマイル口座残高は、2,000マイルとちょっと。
そしてまもなく有効期限切れになるマイルが470マイル。

こんな少ないマイルなんて交換できないし、今回も失行するしかないのよね・・・などと思っていたら、なんと失行せずに有効活用できました。

スポンサーリンク

ANAマイレージクラブ

私が飛行機に乗るのは年に1~2回。
しかも、秋田~東京間のみで、その上たまにJALにも乗ったりするわけですから、ANAマイルなんぞ貯まるわけがありません。

私がANAマイレージクラブ会員になったのは、1日早く一般の方よりも航空券が予約できるという理由だったので、マイルのことはあまり気にしたことがありませんでした。

ANAマイレージクラブは

■入会金、年会費無料
■ANAのフライト利用や提携するホテル利用などでマイルが貯まる
■マイルの有効期限は3年

なのですが、入会した当時は10,000マイル貯まらないと、交換できないという非常に使い勝手の悪いものだったので、ほとんど放置していました。

だって、秋田ー東京間を往復したところで、せいぜい200~300マイル程度しか貯まらないのですよ。
10,000マイル貯めるとなれば、50回くらい往復しなければならないってことですよ。
しかも、マイルの有効期限は3年なのですから、3年間で50往復となれば、毎月1~2回は飛行機に乗らなければなりません。

無理です。

ANAマイルは1マイルから交換可能

しかし、非常に使い勝手が悪いと思っていたマイルも、ANAスカイコインへ交換すれば、1マイル=1コイン=1円として使えるということを、知りました。(今頃)

ANAスカイコインは、10コイン単位で利用することができます。
ANAマイルの有効期限は3年で、ANAスカイコインの有効期限は1年。
つまり、期限切れ間近のANAマイルを、スカイコインへ交換すればさらに1年は寿命が延びるんですね。

ふだんよく使う楽天スーパーポイントへ交換するには、10,000マイルからしか交換できませんが、ANAスカイコインならば1マイルから交換でき、航空券やANAのツアーパックにも利用できるというので、さっそくスカイコインへ交換しました。

交換した2,000スカイコインは、さっそくANAの旅作に使いました。

ANAライフタイムマイル

今まで放置していたANAマイルも、1マイルから有効活用できると知り、情報って自分から積極的に集めにいかないと、人生損をすることになるんだなぁ・・・と改めてわかりました。

ところで、ANAマイルのことをあれこれ調べていたら、私にはANAライフタイムマイルというのが、6,000マイルほどあることを知りました。

ANAマイレージクラブへ入会してから現在までの総飛行距離(マイル口座に積算されたご搭乗分の区間基本マイレージの合計)が ライフタイムマイルなんだそうで。

ということは、今あるANAマイルが2,000で、ライフタイムマイルが6,000ということは、4,000マイルも失行していたんだなぁと知り、ちょっとショック。

50万ライフタイムマイル以上貯まると、ANAから職人さん手作りのオリジナルネームタグが贈られるそうですが、一生かかっても50万ライフタイムマイルなんて無理ですな・・・。

JR東日本の大人の休日倶楽部に入ったことで、今後は飛行機よりも新幹線の旅が増えそうだし。
それでも、情報のアンテナは常に張っていないと、人生もったいないなぁと感じた私のANAマイルでした。

 

コメント