スポンサーリンク

マイルドな青唐辛子醬油の作り方 使い方 食べ方でコロナ収束を祈願

5月初めに苗を買ってきて植えた【とうがらし】は、今年初挑戦。

都会じゃ、コロナワクチン接種も思うように進んでいないそうだけど、思い立ったら自分のやりたいようになんでもできるところが、家庭菜園の良いところ。

国を挙げての一大事業に比べ、家庭菜園は即決、強行。
その結果は、早くも2~3か月で現れ始めるのだから、なんてスピード感にあふれる事業なのでしょう。

ってなわけで、とうがらしの実が成ったので、青唐辛子醬油を作ってさっそくいただきました。

スポンサーリンク

とうがらしの育て方

青唐辛子醬油の作り方・・・の前に、とうがらしの育て方から入るのが、自称ファーマー。

ホームセンターでとうがらしの苗を買ってきて植えたのが、5月11日のこと。

とうがらしは、とにかく暑いのがお好き…ということで、日当たり良好の場所に定植しました。
といっても、この時点で畑にはすでに家庭菜園のボス的キャラであるトマトやきゅうりやナスやピーマンたちが、特等席を牛耳っていたので、とうがらしは畑の隅に追いやったといったほうが正しい。

 

特別整枝するわけでもなく、脇芽を取るわけでもなく・・・というか、ボス的キャラのお世話が忙しく、とうがらしはほぼ放置。

気が付けば7月になっており、とうがらしはグレることもせず大きくなっていたのであります。

 

白くてかわいらしい花も咲きました。

 

立派な実もできました。

こんなにラクチンに栽培できるならば、来年もとうがらし栽培は決定ですな。
いやいや、とうがらしの待遇改善を考えてあげなければいけませんな。

たまにとうがらしの葉っぱに、カメムシがくっついているのを見たけれど、とうがらしの実は被害にあうわけでもなかったので、これまた放置。

 

こうして8月になるころには、青唐辛子がひしめき合うように天に向かって伸びていたのであります。

 

スポンサーリンク

青唐辛子醬油の作り方

昔観た韓国ドラマだったか映画だったかで、主人公が青唐辛子をたくさん口に入れて食べるシーンがあったのですが、そうよ、とうがらしはなにも赤くなるのを待たずとも、青い状態でも食べればいいのよね。

というわけで、さっそくググってみると、どうやら青唐辛子醬油というのが一番人気らしい。

作り方は至って簡単。
青唐辛子を種ごと刻んで醬油に漬けるだけ。
2~3日すれば、食べられると書いてありました。

 

しかし、激辛すぎるのが苦手な人は、種を取ればよいとのこと。

なので、青唐辛子を縦半分に切って、包丁で中の種をこそげとります。

 

ここで気が付いたのですが、整枝して脇芽も取ってスッキリ仕立てにして育てたとうがらしは、きっと実ひとつひとつが大きく育つのだろうなぁ・・・ということ。

野生に放りっぱなしで育てると、実が密集して大きく育たずみんな小粒。
なので、種を取る作業が非常にチマチマしてやりにくいということに、今更ながら気づく。

これは来年の課題にしなくては。

 

そんなことを考えながら、青唐辛子をみじん切り。
切っている最中に大きく息を吸い込んだら、辛み分子が一気に鼻に入ってきて、涙が出るほどむせたけれど、この体験も来年の課題に持ち越し。

 

煮沸消毒した瓶に、青唐辛子と昆布を入れて、そこへ醬油を注ぎます。

 

さらにマイルドさを出すために、みりん大さじ1杯を投入。
これだけでも、なんだかおいしそうな気がしてきたから、やっぱり来年もとうがらし栽培は決定です。

青唐辛子なんて、スーパーではお目にかかることがないのですから、これぞ家庭菜園の醍醐味です。

青唐辛子醬油の使い方 食べ方

冷蔵庫で寝かせること3日。

とってもおいしい青唐辛子醬油が出来上がりました。
ピリッと辛いんだけど、昆布とみりんの旨味もあるせいか、おいしいお醬油に仕上がりました。

 

お約束。
お豆腐に上に青唐辛子醬油は、暑い夏だからこそおいしい。

 

ブリの漬け丼にも青唐辛子醬油で味変。

お蕎麦やそうめんにも、薬味の上に青唐辛子醬油。

 

ポークステーキの上にも、青唐辛子醬油。

もうなんでもかんでも、バカの一つ覚えみたいに青唐辛子醬油をトッピング。
これでチャーハンを作ってもおいしいだろうし、鶏肉や豚肉の下味として漬け込んでもおいしそう。

あまりにも青唐辛子醬油が気に入って、売りに出したいくらいです。

 

ちなみに、青唐辛子をフライパンで炒めて、味噌と砂糖とみりんで味付けした青唐辛子味噌も作ってみました。

 

こちらは、種ごと刻んで入れたせいか、私には激辛すぎました。
次に味噌で作る時には、やっぱり種は取ろうと思いました。

青唐辛子を料理するときに注意すること

青唐辛子の種をこそげ取り、青唐辛子醬油を仕込んでから30分ほど経った頃。

指先がジンジンジンジン痛くなり始めました。
最初はなんでだろう?と理由がわからなかったのですが、青唐辛子の種を素手で触ったせいだと、後になって気が付きました。

冷たい水や氷に指先を付けると痛みは和らぐので、まさにヤケドと同じですよね。
半日くらいはジンジンヒリヒリと痛みが続きました。

青唐辛子の種を取るときは、必ず手袋をするべし!

これも来年の課題です。

なにはともあれ、青唐辛子が大いに気に入った今年の夏。

コロナ禍で遠出もできず残念だけど、家庭菜園は毎日何かの発見とひらめきと、課題を与えてくれるから、こうやって畑に没頭している間に、気が付けばコロナが収束していたー!なんてことを期待していたりもします。

 

コメント

  1. シマリス より:

    こんばんは~。(*^-^*)

    まさかのデジャヴかと思いました!
    我が家も、今年内藤唐辛子を植えて、唐辛子をめちゃくちゃ楽しんでおります!

    オリーブオイルに刻んだのを漬けたのですが、その数100本。
    指がヒリヒリして悶絶しました~!(笑)
    まさか同じことをやってた方がいらしたとは!(笑)

    美味しいですよね~。
    何にでも合うというか。
    最近は、色んな料理を辛くしとくと、夫が美味しい!と言うようになりました。(笑)

    • そらはな より:

      シマリスさんへ♪
      ははははは(^-^;
      同じく素手で青唐辛子を料理したのですねー。
      まさに「悶絶」という表現がぴったり!
      オリーブオイル漬けもいいですね(#^^#)
      本当になんにでもあいますよね。
      ちょっとマイブームです!(^^)!

  2. 匿名 より:

    見るからにおいしそう!