今年のばっけ味噌は一味ちがう!だって手前味噌だもの

庭の片隅に、ふきのとうがあるのを発見。
しかも、すでに花が咲きそうではないですか。

今年は、雪がほとんど積もらなかったため、冬と春の境目が曖昧で、うっかりしていました。
さっそく摘み取って、ふき味噌を作ることにしました。

スポンサーリンク

ばっけ味噌の作り方

秋田ではふきのとうのことを「ばっけ」と言います。

そして、ふきのとうで作るばっけ味噌は、春を感じる最高の贅沢な食べ物だと思っています。
だって、「ばっけ」というのは「ふきのとう」のことで、フキで作る味噌は、ばっけ味噌ではないからです。

とかなんとか、前置きがクドくなりましたが、庭の隅にふきのとうを発見。
すでに花が咲きそうになっていたので、あわてて摘み取ってきました。

 

摘み取ってきたふきのとうは、流水で洗ったあと、しばらく水につけておきます。
こうすることで、細かい砂やゴミが浮いてくるほか、ふきのとうの苦みもマイルドになります。

1時間ほど水につけておいたふきのとうを、今度は熱湯にさっとくぐらせるのですが、お湯を沸かしている間に、味噌ダレを作っておきます。

 

味噌ダレの分量は
▪味噌 大さじ2杯
▪砂糖 大さじ2杯
▪みりん 大さじ2杯
▪酒 大さじ2杯
これらをよく混ぜておきます。

 

お湯が沸いたらふきのとうを入れますが、30秒ほどで十分です。
茹でるのが目的ではなく、アクを取るのが目的です。
そして、庭に自生しているふきのとうの消毒も兼ねています。
また、お湯にくぐらせることで、色もきれいな緑色になります。

 

湯がいたふきのとうは、ザルにあけて水で冷やします。
そして水気をギューッと、これでもかっ!ってくらい絞ります。

 

そして、ふきのとうを細かく刻みます。

 

フライパンにサラダ油を入れて、刻んだふきのとうをさっと炒めます。

 

全体に油が回ったところで、味噌ダレを投入。
このまま水分が飛ぶまで炒めます。

 

5分以上炒めてると水分がほどよく飛んできます。
あとはお好みの固さになるまで炒めます。
一塊になってほどよくテリが出たら完成です。

 

つやつや、ピカピカのばっけ味噌。

 

最初に味噌のやさしい甘さが口の中に広がり、遅れてふきのとうのほろ苦さが、ほわん、と鼻に抜ける感じ。
これはたまらん!
まさに春を味わう最高の食べ物。

今しか味わえないものをいただけるって、最高の贅沢です。

スポンサーリンク

手作り味噌で

ところで、ばっけ味噌を作った味噌は、1カ月前に大豆と米麹と塩を仕込んで作った自家製味噌なのですよ。

仕込んだ時の味噌は、こんな白々しい色合いでした。

 

それが1カ月たつと、それなりに熟成し味噌っぽい色になってきたではありませんか!

手作り味噌にカビが生えるのは当たり前!?
一抹の不安は的中しました。 ある朝、リビングの一角に置いてある味噌を見ると、見慣れぬ白い丸いものが目に留まりました。 こっ!これはっ! もしやカビではないだろうか? 恐る恐るジップロックの袋をひっくり返してみると、やっぱり同じよ...

途中、カビが生えるというハプニングもあったけれど、その後毎日袋の上から味噌を揉んでいたら、カビは生えませんでした。
しかも揉みこむことで、さらに熟成が促進されたような気がします。

 

一口なめてみたら、まだ少しばかり麹の味が残る感じで、完全に熟成するまであと一息といったところ。
だけど、ばっけ味噌は自家製味噌で作りたい!

だって、絶対おいしいに決まってる!
なんたって手前味噌なんですもの!

というわけで、庭で採れたふきのとうと、自家製味噌で、ばっけ味噌が完成しました。
味噌は、ふきのとうと合わせて火を通すことで、麹臭さはまったくなくなり、それどころか甘くてやさしい味噌となりました。

今まで食べていた市販の味噌って、とがった塩辛さがあったなぁ・・・なんてことにも初めて気が付きました。
自分で作る味噌はすごくおいしい!
たとえ、即席で大豆の水煮を使った簡易味噌でもね。

手前味噌と言われようとも、いいのです。
だって自分がおいしければそれでいいんだもの。

 

手前味噌でつくるばっけ味噌は、ご飯が何杯でもイケる旨さでした。

 

 

簡単手抜きで味噌作り 大豆の水煮とジップロックで1カ月
雑誌に載っていた味噌の作り方が、あまりにも簡単にできそうだったので、作ってみたくなりました。 面倒な大豆をコトコトふっくら煮込む作業も必要ないし、密閉容器に重しをする必要もないし、しかも1カ月で味噌が食べられるというではありませんか! ...

 

コメント

  1. 雪あられ より:

    こんばんは。ばっけ味噌美味しそうですね。実はうちにも大きくなったフキノトウが!勿体無いことに今まで大きくなったら食べられないと思い込んでおがらせたままにしてました。明日収穫して作ってみます!ううごはんが進みそう

    • そらはな より:

      雪あられさんへ♪
      ふきのとうのほろ苦さがおいしく感じるなんて、私も歳をとったなぁ、と思います。
      若いころは苦手でしたからね。
      お庭にフキノトウがあるなら、ぜひぜひばっけ味噌を作ってみてください。
      自生しているもので、おいしくいただけるのなら、それだけで満足度高いですよ。

タイトルとURLをコピーしました