はじめての方はこちらへどうぞ
スポンサーリンク

カリフラワーのおいしくて重宝する食べ方

ブロッコリーかカリフラワーか、どっちを選ぶかと聞かれたら、私はブロッコリー派です。
しかし、先日いただいた料理にカリフラワーのピクルスが入っていて、これがとってもおいしかったんです。

というわけで、さっそくカリフラワーを買ってきて、ピクルスを作りました。
超簡単、お肉料理の付け合わせにカリフラワーのピクルスは、とても合います。

スポンサーリンク

カリフラワーの旬な時期

カリフラワーは、1年を通していつでもスーパーに売られているイメージがありますが、比較的多く出回るのは冬から春にかけて。
つまり今が旬な時期なんです。

ただし、私は今までカリフラワーを買うことがほとんどありませんでした。
理由は、ブロッコリーと似ているから。
どうせ買うなら青々したブロッコリーのほうが、見た目映えるからです。

しかし、先日いただいたカリフラワーのピクルスがとってもおいしくて、自分でも作ってみたくなりました。

スポンサーリンク

カリフラワーのピクルス

「ピクルス」なんて言うと、ものすごくおしゃれな響きがありますが、要は「酢漬け」です。

作り方はいたって簡単。

【材料(作りやすい分量)】

カリフラワー1/2株
水・酢各50ml
砂糖大さじ1
小さじ1/2
ローリエ1枚
鷹の爪小口切り適量

 

カリフラワーを買うときは、なるべくつぼみが固くしまっていて、色も白いものを選びます。

 

カリフラワー以外の材料を耐熱容器に入れ、レンジで20~30秒ほど加熱してピクルス液を作ります。

 

カリフラワーは食べやすい大きさにカットして、熱湯で1~2分茹でます。
茹ですぎるとモソモソになってしまうので、要注意です。
私は固めのポリポリ感が好きなので、茹で時間は1分です。

 

茹で上がったら、ザルにとって水分を切り、熱いうちにピクルス液につけます。

時々上下を返して、粗熱がとれたら冷蔵庫へ入れて冷やします。
1時間ほどで食べられますが、1週間は日持ちするので、副菜として重宝します。

でも、おいしくてその前に食べきってしまいますが・・・。

 

さっぱりとして、ポリポリとした食感がクセになるカリフラワーのピクルス。
お肉料理の箸休めにサッパリ、ピッタリで、とってもおいしいです。

カリフラワーを旬な時期に食べるということ

カリフラワーはビタミンCが豊富ですが、加熱しても壊れにくいので、風邪予防や免疫力アップに効果があると言われます。
冬は、いろいろなウィルスが流行する時期でもあるので、旬な時期に野菜をいただくというのは、自然の摂理に叶った健康管理方法のひとつでもあるんだなぁ・・・なんてことも思いました。

カリフラワーが真っ白なので、パプリカをスライスして入れるときれいだろうな。
これは次回やってみようと思います。

旬な時期に野菜を食べるのって、究極の贅沢ですね。

 

コメント

  1. 乙女座の乙女 より:

    そらはなさん、こんにちは。
    私はカリフラワー派です。二番目に好きな野菜です。ブロッコリーは私としては最近の食べ物って感じかな?
    好きな食べかたは、熱々のカリフラワーの素揚げにお塩少し。でも最近は揚げ物が‥のお年頃なのでオリーブオイルでパプリカやアスパラガス、ササミと炒めて食しています。
    今の季節、赤かぶと酢漬けにしています。芯は最近マイブームの糠漬けに。
    そらはなさんの影響でパン作りもマイブームになりつつあります。

    • そらはな より:

      乙女座の乙女さんへ♪
      こんにちは(#^^#)
      子どもの頃はカリフラワーをよく食べていたんですけどね。
      久しぶりに食べたら、こんなにおいしかったんだ!とびっくり。
      がぜん、カリフラワーファンになりました!(^^)!
      カリフラワーの素揚げって食べたことがないので、おいしそう!
      パプリカやアスパラと炒めるのも彩りよくていいですね。
      いろいろ作っていると、いろんな発見があって楽しいですね(#^^#)