スポンサーリンク

フライパンひとつで作るチーズトーストが一番おいしい

先日テレビで、フライパンで作るチーズトーストが紹介されていました。
今まで、チーズはパンの上にのっけてグリルやオーブントースターで焼くものだと思っていましたが、まったく逆の発想が斬新ではありませんか。

作ってみたら、とても簡単なうえ、グリルなどで焼くよりも断然おいしかったです。

スポンサーリンク

フライパンひとつで作るチーズトースト

うちにはオーブントースターがないので、チーズトーストを作るときは魚焼きグリルを使います。
オーブンレンジでも作ることができますが、時間がかかるので使っていません。

そんな中、先日テレビでフライパンで作るチーズトーストが紹介されていました。

フライパンで溶かしたチーズの上に、トーストをかぶせて焼くと言う…まさに逆転の発想です。
そのアイディアを活かして、私もさっそくチーズトーストを作ってみました。

 

1.フライパンにマーガリンを溶かして食パンの片面を焼く

マーガリンが溶けたらフライパンに食パンを入れて焼きます。

 

30秒もあれば、よい感じに食パンの片面が焼きあがります。

 

2.溶けるチーズをフライパンに入れる

チーズはお好みの分量を入れてフライパンで少し溶かします。
そこへ、ひっくり返した食パンをチーズの上にのせます。

食パンにチーズが絡むよう、クルクル回しながらチーズをまとめます。
1分ほどでチーズがまとまってきますから、あとはチーズの溶け具合を見ながらお好みで焼きます。

トロトロが好きな方は早めに、チーズの表面をカリカリにしたい方は少し長めに焼きます。

 

3.乾燥バジルをふって出来上がり

あっという間にチーズトーストの完成です。
乾燥バジルをふりかけると、香りのよいチーズトーストとなります。

 

表面はカリっとした仕上がりですが、側面からチーズがとろける感じがたまりません。

 

フライパンで作ると、好みのチーズの溶け具合に調整できるので便利ですよね。

これを食べた次男は

次男
次男

今までで食べたチーズトーストの中で一番うまい!

と、申しておりました。

魚焼きグリルでチーズトーストを作ると、食パンにのせたチーズがパラパラと落ちてもったいないのですが、フライパンならば残すことなくチーズを溶かして食べることができます。

魚焼きグリルを洗うよりも、フライパンを洗うほうが後片付けも簡単です。

今後、チーズトーストを作る時はフライパンで作りたいと思います。

 

コメント