大学生の一人暮らしの費用はどれくらい?学費以外にかかる生活費は想像以上にかかるもの

スポンサーリンク

娘が大学生となり一人暮らしを始めてから、あっという間に1年が過ぎました。
毎月、決まった額を淡々と娘に仕送りしていますが、それ以外にもかかるお金が時々発生します。

娘の1年間の大学生生活にかかる費用をまとめました。

スポンサーリンク

大学生1人暮らしの家賃

娘が暮らすアパートの家賃は42,000円(端数切捨て)。
物件を探す時の条件は、トイレバス別で2階以上、大学から徒歩圏内というものでしたが、ほぼ満足できる部屋を決めることができました。

一般的に家賃は、住む場所や物件の立地条件によって大きく違ってくるものですが、首都圏に住む大学生の平均家賃は5~6万円といいます。

また、セキュリティ面を考慮して、男子よりも女子のほうの家賃が高くなる傾向があります。

ちなみにうちの長男が大学生だった時の家賃は45,000円、次男は44,000円でしたが、娘が暮らすアパートのほうが断然条件のよい物件ですので、住むエリアによってかなりの格差があるのだということがわかりました。

大学生の光熱費

娘の光熱費としての予算は10,000円。
水道、電気、ガスの他、NHK受信料も含んでいます。

昨年1年間の娘の光熱費をみてみると、ほぼ予算通りで収まっていました。

娘への仕送りはゆうちょ銀行へ振り込んでいて、娘がキャッシュカードを持ち、私が通帳を持って時々記帳して確認しています。

冬の暖房はエアコンのみなので、冬場は電気代が高くなります。
お風呂のお湯はガスで沸かしているので、やはり冬は高めです。

なお、光熱費の空欄部分は、通帳引き落としがまだできず、娘が直接振込用紙でコンビニから支払っていたのでわかりません。

大学生の食費

食費としての予算は月30,000円。
自炊の食材だけではなく、友人たちとの外食費も含んでの予算です。
単純計算すると、1日1,000円です。

どういう使い方をしているかはわかりませんが、娘はそこそこ自炊したり、大学にお弁当を持参したりしているようなので、それなりにがんばっているのでしょう。

ま、私だったら夫と2人暮らしの食費は、月25,000円以内に収まっていますけどねー。

大学生の通信費

娘のスマホ代は、親が払っています。
が、楽天ポイントを使っているので、毎月ほとんど0円です。

楽天ポイントの貯め方 楽天市場で楽天カード払い&楽天モバイル利用開始でスマホ代が0円に!
娘のスマホを楽天モバイルにしたことで、今まで以上に楽天スーパーポイントが貯まりやすくなりました。 また、キャンペーンでいただいた楽天ポイントは、期間限定でその命はあまりにも短い。うっかりしていると、失効してしまう可能性もあります。 ...

また、娘のアパートには無料Wi-Fiがついているので、パソコンを使うための通信費もかかりません。
よって、娘の通信費はほとんど0円ということになります。

ちなみに、長男の時は大学生協でWiMAXを契約し、毎月3,600円+携帯電話料金(当時はsoftbankのiPhone)6,000円=10,000円近い通信費がかかっていました。

次男も最初はWiMAX(月2,500円)を利用していましたが、途中でアパートに無料Wi-Fiが設置されたことや、softbankから楽天モバイルに乗り換えたことで、通信費は月3,000円ほどになりました。

ソフトバンク解約 MVNOの節約効果は大きい
とうとうソフトバンクを解約しました。 思えば初めてガラケーを持ったのは、次男が1歳となり私が仕事復帰した時。 その次男も、今年21歳になるのですから、ソフトバンクとは20年のお付き合いでした。 我が家で最後までソフトバンクを利用し...

大学生の娯楽・交際費

娘への仕送り額は、月5万円です。
これは、食費に3万円、光熱費に1万円、残る1万円が日用品費や雑費となります。

ということは、大学生は娯楽も交際もしちゃいかん!ということになります。

この部分は、バイトでなんとかしなさいと言っています。
自分の遊ぶお金は、自分でなんとかしてもらわないとね。

ただし、大学入学してすぐにバイトを始めたわけではないですし、そのバイトもいつまで続けていくのかわかりませんよね。

なので、我が家の3人の子どもたちは、高校生までお年玉などを貯めた貯金を崩しながら、やりくりしていました。

1年間大学生の娘にかかったお金

家計簿はマネーフォワードでつけていますが、先日昨年度の家計簿をエクセルに集計したところ、考えていた以上に娘の支出額が多くてびっくりしました。

4月は、新年度に関わる費用や、教科書の購入もありました。
5月と11月は、大学の授業料を支払っています。
帰省の電車賃や、コンタクトレンズ購入、その他いろいろ思い出せないけれど、娘がいることでかかった費用はすべて集計しているので、名もなき家事ではないけれど、名もなき子ども費って感じですかねぇ。

娘への仕送りは、毎月92,000円ですが、授業料なども含めると年間180万円以上かかっていたことがわかりました。

単純計算すると、大学4年間では720万円。
文系の長男や次男も、大学4年間では1,000万円近いお金が飛んでいきましたから、リケジョの娘はこれいかに?
これから就活費用だってかかるだろうし、それに大学院進学なんてことも想定していなければならないのですよね。

次男の授業料を支払うのが最後となったので大学4年間でかかった総出費まとめ
次男の大学では、毎回ご丁寧に授業料支払いの通知をハガキで郵送してくれます。 大学4年生の次男。 年に2回の授業料振込も、とうとう今回で最後となりました。 あと半年ほどは仕送りをしなければなりませんが、親元を離れ一人暮らしをする子どもに...

今のところ、娘はなんにも言っていませんが、私もこのまま黙っていようっと!(笑)

いずれにせよ、節約生活は一生続く。
私も子どもたちもね!

 

大学生に関する記事はこちら↓

“大学生” の検索結果 | 空と花の色
50代働く主婦の生き方 暮らし方 楽しみ方

 

コメント

  1. シナモン より:

    そらはなさん、こんにちは。シナモンです。
    そらはなさんの家計簿を見て、ウチ(私大理系自宅生)も国公立で自宅生だったら、大学でかかるお金が4分の1〜3分の1程度だったんだなと改めて思います。

    国も幼児教育無償化にするくらいだったら、大学の授業料を全体的に少し下げて欲しいです。今年は二女の国民年金の支払いも始まります。2年間のまとめ払いの予定ですが、来年の4月は授業料とダブルで大金が出て行きそうです。

    • そらはな より:

      シナモンさんへ♪
      大学はお金がかかりますが、自宅から通える範囲に希望する大学があれば、それが一番ですよねー。
      都会は選択肢がたくさんあってうらやましいです。
      そうだ!うちも、今年から国民年金の支払いが始まるんだった!