電気ケトルの寿命と電気代 選び方は安心安全に使えること

スポンサーリンク

電気ケトルが壊れました。
スイッチを入れてもウンともスンともいわなくなりました。
まだ3年と4か月しか使っていなかったのに、ショックです。

我が家は大容量の電気ポットは必要なく、1回分ずつお湯を沸かせる電気ケトルで充分なので、再度新しい電気ケトルを買うことにしました。

それに伴い、電気ケトルの寿命や電気代、お手入れの仕方など気になったことを調べました。

スポンサーリンク

電気ケトルの寿命

電気ケトルの寿命は、おおむね5年と言われます。
それは、メーカーの部品保有期間がだいたい5年だからです。
故障しても、5年を過ぎると部品がないため対応できないことが多くなります。

我が家の電気ケトルは、タイガーの蒸気レスわく子さん。


タイガーのHPで型番を調べたら、2014年に発売されたこの電気ケトルは、すでに生産終了していました。
つまり、故障しても修理不可能で、買い換えるしか方法はありません。

たしかに製品発売から5年は経っていますが、私は買ってからまだ3年と4か月なんです。
あああ。もう少し使いたかったなぁ。

 

念のため、電源プレート接続部にゴミなど付着していないか確認し、きれいに拭き取ったりもしましたが、やはり電源は入りませんでした。

スポンサーリンク

電気ケトルの寿命を縮める原因

では、一般的な電気ケトルの寿命である5年よりも前に故障してしまったのは、私の使い方が悪かったのか?
なんてことが気になったので、それについても調べてみました。

1.使用頻度

当然のことですが、使用頻度が多ければ多いほど寿命は早まります。
我が家では電気ケトルを使う頻度は、週に4~5回といったところでしょうか。
夫はたまにカップラーメンのお湯を、私はたまに緑茶を飲む時に使いますが、毎日ではありません。
決して、使用頻度が高いとは思えないのですが、それでも3年と4か月で壊れました。

2.お手入れ

こまめなお手入れは電気ポットを長持ちさせます。
そして今更ながら取扱説明書を読んでみて、びっくりしました。

電気ケトルの残り湯は、必ず捨てること
水の中に含まれるミネラル成分が付着し、それがはがれると本体内のお湯や蒸気の出口を塞ぎ故障の原因となる!!と、書かれているではありませんか!!

1~3か月に1度は、クエン酸洗浄しましょう。とも書かれていました。

そうだったのか・・・。
残り湯はいつもそのまま入れっぱなしだったし、クエン酸洗浄なんてやったことがなかったよ。

やはり私の使い方に原因があったようです。

スポンサーリンク

電気ケトルの電気代

ところで、何気に使っていた電気ケトルも、お湯を沸かすのにどれくらいの電気代がかかるのだろうと気になりましたので、こちらも調べてみました。

私が今まで使っていた電気ケトルは0.8Lで、消費電力は1,300W。
お湯が沸くまで1分かかるとすれば、電気代は0.59円です。

家電の電気代シミュレーター

仮に毎日1回お湯を沸かしたとすれば、1か月の電気代は約18円
1年では216円となりますから、本当に微々たるものですね。

ちなみにタイガーの節電タイプの電気ポットの年間電気代は、5,900円とのこと。
(湯わかし2回/1日、再沸とう1回/1日、保温90度で23時間/1日)

夫と2人暮らしで、1日に何度もお茶を飲む習慣のない我が家では、電気ケトルが最適です。

スポンサーリンク

電気ケトルを選ぶポイント

さて、電気ケトルを買い換えましょう。
でも、何を目安に選んだらいいのでしょう。

これまで使っていたタイガーの電気ケトルは、蒸気を外に出さないのでやけどの心配がない、倒れてもお湯が漏れない、本体も熱くならない、空焚き防止機能がついている、というものでした。

実は、この電気ケトルは母に買ったもの。
3年前に父が亡くなり、認知障害の症状も現れてきていた母の、安心・安全を考えて購入したのですが、もともと新しいものを受け入れられない母は、電気ケトルを使うのも断固拒否し、結果私が使うことになったというわけです。

当時、近所の家電量販店で7,000円くらいで買った記憶があります。
私にとってはちょっと高い買い物でしたが、母の安全を考えてのことでした。

今回の買い替えで、こんなに高いのは要らないなぁと思ったのですが、考えてみると私自身もそれなりに歳をとり、安全安心で物事を考えなければならない状況になりつつあります。

そんな私が選んだのは、

・転倒流水防止機能 (万が一倒れてもお湯漏れを抑える)
・本体二重構造 (本体が熱くなりにくく、保温効果もあり)
・給湯ロックボタン: (ロックしておけば万一倒れても注ぎ口からのお湯漏れを抑える)
・自動通電オフ&カラだき防止機能
・容量:0.8L
・価格:5,000円以下

以上の条件を満たしたもので、結果的に同じくタイガーの電気ケトルを買うことにしました。

なお、型番が古いものは同じような条件でも安く売られていますが、あまり古いものだとすでに生産終了している場合もあるので、発売年月日をチェックするのも大事なことだと、今回学びました。

 

コメント

  1. ゆきこ より:

    イオンアプリのサンキューパスポートのスクショした画像、ここからじゃ送れない
    友人に聞いたところ、イオンのカードを使ってない月はサンキューパスポートは送られてこないそう。明細書が送付されないものね。そりゃそうだ。
    で、イオンアプリはもらえたか忘れちゃった、とのことでした、残念。

    我が家は毎月カード利用しているので、今までは送付された紙のと、アプリのとで二重で利用できていました。←ズル?
    上の友人とタイムセールで偶然会い、貸し借りしたこともあります㊙️!
    2枚使いきることは稀だったけど、今後は貴重になるなぁ。

    って、私どんだけイオン好きなの?

    • そらはな より:

      ゆきこさんへ♪
      今までサンキューパスポートは当たり前に届くと思っていたので、急に届かなくなって寂しい・・・(^-^;
      クレカ決済必須でしょうね。
      イオンはいろんなものを駆使すれば本当にお得にお買物ができるので、まだまだいろんなことを楽しみたい!

タイトルとURLをコピーしました