スポンサーリンク

ゴーヤ揚げ焼きチップス 種もワタも全て食べるレシピ

家庭菜園のゴーヤも、収穫できるようになりました。
ゴーヤチャンプルーはもちろんのこと、ゴーヤのサラダやゴーヤの佃煮などなど、いろいろ工夫して食べるのも楽しい夏。

今日は、ゴーヤの種もワタも全部食べるゴーヤの揚げ焼きです。
おつまみとして、ついつい手が出るクセになるおいしさです。

スポンサーリンク

ゴーヤの苦みはどこにある?

家庭菜園でゴーヤを育てるようになってから、我が家でもゴーヤ料理は夏の定番となっています。

▲ゴーヤ豊作・・・になればいいな

今年は好天に恵まれ、ゴーヤもスクスク成長し、7月下旬にはゴーヤが収穫できるようになりました。

ところで、ゴーヤの苦みを和らげるには、「中のワタの部分をよくこそげ取ること」と以前何かで見たことがあったので、これまで必死にスプーンなどでガリガリと白いワタを削り取っていました。

▲ゴーヤのワタと種

しかし、実際にワタの部分を食べてみると、全然苦くないのです。
そこで調べてみると、なんとゴーヤの苦い部分というのは、外側のイボイボの部分だというではありませんか。

さらに、若いゴーヤは濃い緑色で苦みも強いのですが、次第に緑色が薄くなり、熟すとまっ黄色に変化します。
完熟したゴーヤは苦みがほとんどないのです。


▲完熟ゴーヤは種も真っ赤

つまり、緑色が濃いものほど、苦みも強いというわけです。

また、以前は苦みを取るために、砂糖と塩でしっかり揉んでから熱湯でさっと湯がくという方法を取っていました。

ゴーヤの苦みを取る方法 冷凍してもシャキシャキ感が残る保存方法
以前、夫が種からゴーヤを育てたことがありました。 そのうち順調に育ったのは5株。 5株のゴーヤは大豊作となり、毎...

しかし、砂糖や塩を使わず熱湯で湯がいただけのゴーヤでも、苦みの感じ方は大差がなかったので、今は砂糖も塩も使わず30秒ほど湯がくだけにしています。

なお、完熟した黄色いゴーヤは、柔らかすぎて食べても食感が悪くおいしくないばかりか、頭痛や嘔吐を起こすこともあるので要注意だとか。

種を包む赤いゼリー状の部分は甘くておいしいというけれど、わざわざ食べるほどおいしいとは思えませんでした。(←食べてみた)

スポンサーリンク

ゴーヤの種もワタもすべて食べる揚げ焼きチップス

そんなわけで、昨年から時々作るようになったゴーヤの天ぷらは、中の種やワタは取らずにそのまま輪切りにして揚げるだけ。
種やワタを取り除く手間もなく、ゴーヤを丸ごと食べられるので、気に入っています。

さて、今回は輪切りにしたゴーヤにちょっと味付けをしてから、揚げ焼きにするゴーヤチップスを作りました。

【材料】
■ゴーヤ1本
~下味~
▪出汁醬油(めんつゆなど) 大さじ2杯
▪ごま油 大さじ1杯
▪にんにくのすりおろし 適量
▪黒ゴマ(なくてもOK)

 

1.ゴーヤ1本をよく洗います。

 

2.5mmほどの輪切りにします。

もちろん種もワタもそのままなので、簡単です。

 

3.輪切りにしたゴーヤに下味をつけます。

お好みのめんつゆとごま油とすりおろしにんにくで、ゴーヤによく絡むように混ぜて、10分ほど置きます。

 

4.ゴーヤに片栗粉を薄くまぶします。

あれば黒ゴマも一緒にまぶします。

 

5.フライパンで揚げ焼きにします。

カリッとなるまで揚げ焼き。

 

6・ゴーヤチップスの完成です。

片栗粉をまぶして揚げているので、外はカリっと、中はふんわりとした食感のゴーヤチップス。

にんにく醤油味がよく効いています。
ほんのりとしたゴーヤの苦みもあります。

ワタはどこにいったのかもはやわかりませんし、種もそのままカリカリと食べられます。

チップス状にしていると、ついつい手が伸びてつまんでしまいます。
夫は「全部は食べられない」と言っていたのに、気が付けば全部なくなっていました。

私は、天ぷらにするよりも、こっちのほうが好きです。
下味にカレー粉をまぶしても、おいしそう。

ゴーヤの種もワタもすべて食べられるゴーヤチップスは、夏のビールのおつまみとしてお勧め!(ビール飲まないけど)

コメント

  1. はなきち より:

    こんにちは!
    うちでもグリーンカーテンでゴーヤを植えていて、今、小さいゴーヤ四本が野菜室に入っています。
    いつもレンチンして味付けして食べていてワンパターンなので違うものを作りたいなぁと思っていたところでした!! 簡単で美味しそう! カレー味も試してみます。種とワタも栄養があるそうなので、このレシピはいいですね

    • そらはな より:

      はなきちさんへ♪
      うちも、ゴーヤはチャンプルーかツナサラダくらいでしたが、続くと飽きるんですよね。
      ゴーヤチップスは、おつまみ感覚でいただけるので、ペロリと完食できます。