スポンサーリンク

気分の上がる【花柄がま口化粧ポーチ】を購入し旅に出かけたい

久々に、自分のために雑貨を購入しました。
花柄のかわいい化粧ポーチです。

これに化粧道具を入れて、鞄に詰めて、旅行に出かけるんだ!
そう思ったら、ワクワクしてきて気分も上がってきました。

スポンサーリンク

気分の上がる花柄化粧ポーチ

今年の冬は例年にない大雪で、気分的にも鬱々としていたせいもあり、花柄の化粧ポーチを見た瞬間、コレ欲しい!と思いました。

15種類もある花柄ポーチはどれもかわいくて、大いに悩みましたが、大好きなネイビーカラーに白いお花模様で決着。

がま口というフォルムもかわいいです。

 

がま口のメリットは、開け口が大きく開くので、中が見やすく出し入れしやすいところ。
また、ファスナー式とちがって、鞄の中に入れていても片手で開けられるところ。

化粧道具って、ポーチの中でとっ散らかるのですが、開け口が大きければ簡単に見つけやすいので便利です。

 

マチは3.5cmほど。
欲を言えば、もう少し幅が欲しいところですが、化粧道具を入れると自立します。
また、がま口なので予想外に入ります。

 

ポーチの中の生地は、ナイロン100%なので、水をはじいて汚れにくい。
汚れても、さっと拭けばきれいになります。

表生地の裏側には、ラミネート加工がされているとかで、万が一外側が濡れても、中まで水がしみ込みにくい構造となっています。

 

そして、職人さんがひとつひとつ手作りしている日本製。
丁寧な作りです。

 

職場では、お昼休みも自宅に帰り、家で昼食を摂るようになった上、マスク生活で化粧道具も持ち歩かなくなってしまったけれど、春になったら化粧道具を持って旅に出かけるんだ。

行けるかどうかはわからないけれど、お花柄を見ていたらやたらワクワクしてきました。

 

大きすぎず小さすぎず、サイズ感も調度よく、なにより見た目に惚れた化粧ポーチです。

ああー、かわいい。
とってもかわいい。

好きなグッズを持つと、気分も上がります。

スポンサーリンク

旅行に行きたい

コロナ禍になって、気軽に旅行にも行けなくなってから早2年。
最後に劇団四季を観に行ったのは2019年12月のこと。

4年ぶりの劇団四季ライオンキング観劇感想 サバンナは完全に健全化していた
劇団四季ライオンキングを観てきました。 今回は、初めてライオンキングを観るという友人たち複数名を引き連れての観劇です。...

その1か月後、新型コロナウィルスが日本でも広がり、まさかここまで長期戦になるとは、その当時は思いもしませんでした。

子育てもひと段落し、同時に親の死や介護というものに直面するようになった50代。
自分自身も、いつまで健康で出歩けるかわからないと実感したのも50代。

だからこれからは、行きたい時に出かけ、会いたい時に会いに行こう。
そう思っていた矢先のコロナ禍。

だけど、この世が終わったわけでもないし、日常生活は普通通り行えているんだもの。
自分の好きなものを持って、好きなことをやって、今年も希望を持って一歩ずつ、前に進んでいきたい。

花柄がま口ポーチ、ホワイトブルーにしようか、最後まで悩みました。

コメント

  1. しまりす より:

    がま口便利ですよね!
    私もがま口バッグなど制作しています。

    ルーツはフランスと聞くと意外ですよね。
    日本発祥だと思っていました。(^-^;

    京都にはがま口専門店があって、口金も売っているので時々買いにいきます。

    • そらはな より:

      しまりすさんへ♪
      へぇぇぇ!
      がま口って、フランスが発祥ですかー!
      驚きました。
      しまりすさん、バッグも作られているんですね。いいですねー。
      自分好みの生地を買って、自分好みのサイズで作ることができるがま口、最高ですね(#^^#)