フローリングに物を落として傷つけたので自分で修復してみたけれど

スポンサーリンク

嗚呼、大ショックです。
あんなに傷つけないよう注意を払っていたにも関わらず、フローリングに物を落として凹ませ傷つけてしまいました。
どうしたものかとネットで検索してみると、今は自分で直せる補修キッドがあることを知り、さっそく買ってきました。
これでなんとか修復してみます。

スポンサーリンク

フローリングの傷と凹み

なぜにこんなにあわてているかと言いますと、傷つけたフローリングは賃貸物件だからです。
娘のアパートの引越し作業中、ベッドを組み立てていて、うっかりスノコを落としてしまいました。

嗚呼、ヤバい。
入居当日、たしかにフローリングには以前住んでいた方たちが置いていた家具の跡はたくさんありましたが、ここまで凹んだ跡はありません。
このまま4年後退去時に、知らぬ存ぜぬでは済まされまい。

というわけで、どうにか自力で修復する方法はないかと調べてみると、なになに?床に画びょうなどで穴をあけて、凹んだ場所にスチームアイロンをあてる?とな???
熱と蒸気によって、木が膨張して凹みが元通りになるですって!?

そんな怖い方法、できるわけがありません。
だいたいフローリングが本当の木なのか、合板なのか、なにか加工がほどこされているのかなんて、素人な私にわかるわけがありません。

熱と蒸気でますます変形したり変色したらどうするの?

フローリング補修材かくれん棒

なので、近くのホームセンターで買ってきたフローリング補修材かくれん棒ミニ。

お値段1500円ほど。

かくれん棒は、色や柄、木目なども再生でき、傷やへこみなども平らにできます。
かくれん棒どうしをまぜて色を調節することもできます。
補修後は、フローリング用のワックスを使うこともできます。
ただし、熱によってやわらかくなるので、床暖房用のフローリングには、専用のかくれん棒を使う必要があります。

娘の部屋は、床暖房などありませんので、ふつうのかくれん棒です。

 

傷が深い場合は、淡い色を選ぶと良いそうなので、うすめのベージュを塗りこんでいきます。
傷に対して垂直に塗りこんでいくと、傷が埋まりやすい。
最後は円を描くようにして盛り上がるくらいにかくれん棒で埋めていきます。

 

手の熱で温めてやるとやわらかくなるので、最後は手でしっかり埋め込む感じ。

 

盛り上がった部分を、へらや定規などで平行にすきとります。
しかし、へらも定規もなかったので、かくれん棒が入っていたケースを利用して、すきとりました。
でも、これだけだといかにも穴を埋めました的に目立ちます。

 

そこでフローリングの色に近づけるために、ちょっと濃いめの色を塗っていきます。
縦に木目っぽく模様を描いてみては、布でこすってぼかしてみたりを繰り返し・・・。
これがなかなかうまくいかず、何度も何度も削っては埋めてを繰り返すこと1時間。

ああー。芸術センスがないとほんと苦労するわぁー。

 

本当は縦に木目を入れたかったのに、なぜか丸い模様になってしまい・・・。
まぁ、木の模様と言っちゃあ、模様に見えないでもありません。

 

どうでしょう。
角度を変えてみると、もうわかりませんよね?ね?ね?

 

それにしても、日にち指定で配送を頼んだのに、ベッドなどの大型家具は時間指定ができなかったため、届いたのは夜の8時。
それから、隣近所に迷惑をかけないよう、静かにベッドを組み立てたのに、音をたてないように、立てないようにと、気をつかえばつかうほど、スノコを落としてしまうという大失態。

おかげでかくれん棒などというすばらしい修復キットがあることを知ることができたので、自宅のフローリングの傷も直してみようと思います。

大家さん、ごめんなさい。
そして、当日中にすべての荷物を届けてくださった宅配業者の方々、ありがとうございました。

 

コメント

  1. オコジョ より:

    そらはなさん、こんにちは。
    このフローリング補修材、便利ですよね。
    大丈夫です、上手に補修できてますよ^_^
    次回、お嬢様のお部屋に遊びに行った時に、補修した場所見つからないかも… 笑

    そうでしたね、この時期の大型家具は時間指定できませんでしたね。
    娘も、なかなか届かない家具に、部屋を空けられず困ったとラインがきていた事
    思い出しました。

    • そらはな より:

      オコジョさんへ♪
      今度娘の部屋に行ったときも、きっと目でさがしてしまうだろうなぁ・・・。
      でも、穴はきっちりふさがったので、ほんとに便利な補修材ですよね。
      引っ越し当日、朝9時すぎには次々と荷物が届き、順調だったのですが、最後の最後で届いたのがベッド。
      どこかに食べに行きたかったのですが、近くのお弁当屋さんで調達するしかありませんでしたねー。
      ま、引っ越しなんてそんなものですよね(^-^;