節約とは生活のレベルを下げることではない 暮らし上手になること

スポンサーリンク

「1か月1万円生活」というテレビの企画が以前ありました。
とことん切り詰めた生活で、物はなるべく買わない、電気や水道なども使わない工夫をすることで、いかにお金を使わずに暮らしていくかというのがテーマだったように思います。

なので節約と聞くと、なんとなく辛いイメージや、我慢をして生活のレベルを下げなければいけないと思っていたこともあったのですが、そうではないのですよね。

節約とは、単に経済的効果だけれではなく、心の豊かさが最も大切なのではないかと思うようになりました。

スポンサーリンク

老後の生きがい

家の裏側の草取りに着手しました。
週に1度の休みでは、家の裏側の草刈りにまで手が回らなかったのですが、さすがにこれ以上ほっとくわけにもいかず、ようやく取り掛かりました。

雑草といえども、花は咲くし、葉っぱの青さは美しくさえ感じます。
ところが、草ボーボーで雑然とした雰囲気になるのは、いろんな種類の草花が一か所に混在しているからなんです。

野山であれば、それはそれで美しいかもしれませんが、家の庭は手入れをしてこそ美しいものなんだと思います。

 

1時間かけて草取りをすると、ようやく本来そこに生えているものが姿を現しました。

みょうがと赤すぐり。
その姿が明確になると、成長を眺めるのが楽しくなるんですよね。
雑草の中に埋もれていた時は、そこにみょうがが生えていることすら忘れていたというのに。

夏になる頃には、みょうがが地面から顔を出します。

*昨年の画像

自分で手をかけて草を取ることで、畑に生えるものすべてに愛着がわいてくるこの感情は、今までの私にはなかったものでした。

虫が気持ち悪いとか、刺されるから嫌だとか、そういうマイナスな感情を打ち消してしまうくらい、手をかけた植物はかわいい。
目の前にあるものを大切にし、与えられた環境を楽しもう。
そう思うようになりました。

もう老後の生きがいは、「草刈り」と明言してもいいくらい。それくらいドハマりしています。

スポンサーリンク

自分に合ったお金の使い方

お金に対する考え方や使い方は、人それぞれでいいと思っています。
なぜなら、収入も生活環境も、住んでいる地域も家族構成も、みんなちがうからです。

テレビをみていると、お金を贅沢に使い豪遊している方もいますし、自給自足でいかにお金をかけずに生活しているかを語る人もいて、それぞれが誇らしげにしています。

どちらがいいとか悪いとかではなく、その人の身の丈にあったお金の使い方をしてれば、問題ないのですよね。
だから人と比べない。
限られた収入の中で、どんな暮らしをし、何にお金を使うかというのを、自分の中で明確にしていないと、見栄を張ったり浪費したりしてしまい、残るものは虚しさだけなんでしょうね。

雑草を刈らなければ、みょうがも見えてこない。
あふれる情報を整理して、自分に必要なものを明確にする。

草刈りをしながら、生活に必要なものと無駄なものを明確に仕分けることは、とても大切なことなんだと気づいたんです。

スポンサーリンク

暮らし上手は節約上手

ガーデニングとか家庭菜園とか、土をいじることにまったく興味のなかった私。

第一、土をいじると虫が出てくるし、蚊にも刺されるしで、いいことがひとつもない。
だから庭仕事なんて嫌だったんです。

しかし、例え嫌なことでも、まずは1度は自分でやってみる。
食わず嫌いじゃないけれど、やってみなければわからないことって、たくさんあると思うんですよね。

そして、どうせやらなければならないことならば、いちいちそれを楽しむこと。
何に対してもおもしろがるクセをつけると、いろんなことが見えてくるし、楽しくなってくるんです。

今年はできる限り、庭をとことんきれいにしたい。草を刈って、庭に何が生えているのかとことん調べたい。
暮らしを楽しむってこういうことなんだなぁ。
暮らしを楽しむと、心も豊かになってくるんだなぁ。

与えられた環境を愉しもう。お金をかけなくとも、今はインターネットのおかげでいろんな情報がわかる時代だし、知識は心も豊かにしてくれるしね。

そしてたまには現実逃避で思いっきり楽しむことも大事。
それが私の場合は、観劇で感激することなんですけどね。(ダジャレじゃありません。本気です)

節約とは、生活のレベルを下げたりお金を使わないことではありません。
節約の最終目標は、無駄を省いて上手に貯めたお金を使って、心豊かに幸せになること。
老後の暮らし方は、こうでありたい。

 

コメント

  1. とまと より:

    こんにちは、その後 肩の調子はいかがですか?
    実は私も草むしりが趣味なんです、そらはなさんの庭は広いので草刈りでしょうが、我が家は土地が狭いので 家の北と西側の草むしりです。ひたすら草を抜く事に集中でき、終わった後の達成感!気持ちいいですね。
    先日、仙台に杉山清貴さんのライブがあると知り30年ぶりに行きました、散々迷いましたが自分へのご褒美とやりたい事は我慢しないって気持ちです。震災後はやりたい事、会いたい人、後回しにしないで生きようと思ったことを最近は忘れてました。うっとりする歌声に癒されてきました。そらはなさんの生き方に私も刺激を受けてます、これからもブログ楽しみにしてますね❗️

    • そらはな より:

      とまとさんへ♪
      草むしりが趣味!!なんてすばらしい~!
      そんな私も、今ではすっかり庭仕事にハマっているんですけどね。
      きれいになった庭を眺めるのって、ほんとに気持ちがいいですね。
      で!
      杉山清貴さんのライブ~!!
      ひゃぁ~!なつかしい!高音の甘い声が大好きでした。
      私はオメガトライブの時代のアルバムが大好きで、特に「最後のHoly Night」は腰がくだけるほど好きでしたね~。
      青春時代の思い出です。
      そんな私も50肩・・・歳をとりましたねぇ(;・∀・)

  2. イブ より:

    こんばんは!

    私も毎年草むしりしてますが、ここ数年は母が除草剤だけ撒いていたので放置していました。
    枯れた草と新たに生えてきた草に覆われて端から見てもだらしない庭だったと思います。
    この前暇を見てそれらの草を掃除しました。
    ビニール袋が何枚あっても足りないくらいの草が取れました(笑)
    自分の理想とする庭にはほど遠く理想通りにするにはお金がないしと諦めて投げやりになっていましたが、そらはなさんの今回のブログ見て草むしりを私も生きがいにしようと思いました(^-^*)
    どうやったら早く綺麗にできるかな?とかここをこうしたら花を植えたいなとか考えるのも楽しいです。
    あと、家の中にも観葉植物を置きたくなりまずは100円ショップで小さな植物買ってきて育ててみようかと思ってます。
    切り花も好きでたまに買っては挿してますがやっぱり身の回りに緑やお花がある生活はとても癒されますね(○´∀`○)

    • そらはな より:

      イブさんへ♪
      草取りをして、きれいになると、すごく気持ちがいいですよねっ(#^^#)
      草取りが生きがいって、お金はかからないし、自分の運動にもなるし、その上庭はきれいになるしで、すごくいい趣味だと思いません?
      私も今は、とにかく庭をきれいにすることに必死ですが、そこからステップアップしたら、今度はどこにどんな花を植えようか、そんなことを考えたりしています。

      • イブ より:

        返信ありがとうございます。

        そらはなさんに質問なんですが、そらはなさんのブログではご自宅の中のお写真や浴室などの写真が載っていますがとても片付いていて綺麗でスッキリしています。
        私もスッキリシンプルな家が好きですが、母は物を捨てることに躊躇する方なので話し合いの中で捨てても良いと判断した物は捨てています。
        段々、家の中もスッキリしてきて掃除のやり方などが自分の中で確立してきてどんどん綺麗になってくると、することが無くなったような気になってしまい(笑)、すること無くなったけどどうしようと何となく寂しいような気持ちになるのです(笑)
        次はここをこんな風にしたいと思うことはあるのですが、改築などお金のかかることばかりなのでそういう所は諦めてます(笑)
        そらはなさんは、こういうハード面ではなくソフト面のさらなる改善などはどういう風にしてますか?
        ある程度確立したら別なことに目を向けて趣味を増やすとか仕事に励むとかすると良いのでしょうか?
        変なこと質問してしまい申し訳ありませんε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

        • そらはな より:

          イブさんへ♪
          なるほど~。イブさんの視点にびっくり!そういうとらえ方もあるんですね。
          掃除して片付けて断捨離して・・・行きつくところは、シンプルな空間ですから、やることがなくなってしまうのかなぁ。
          生活していれば、必ず汚れますから掃除は今後もずーっと必要ですが、スッキリシンプルな部屋で私は何をしたいか考えてみました。
          なんだろう?思い浮かばない(笑)
          しかし、今は庭の手入れにハマっているので、当分の趣味は庭いじりですかね。
          ハマりすぎて、仕事を辞めたいくらいです(^-^;

  3. とも より:

    おはようございます。
    やってみないとわからないこと、本当にその通りです。プチリフォームの為、嫌いな片付けをしなければならない。あそこもここもと、毎日見るたびに気が重く、ドーンとした気分に。
    ところが、業者さんが要らない食器や金物も処分してあげるよと言ってくださり、即エンジンが回り始めました。
    元来勿体無い病で、埃が被ってても捨てられない性格でしたが、処分してしまうと気分めスッキリしました。作業もしやすくなりました。
    少ない最低限の持ち物でも、快適であれば、それが私にとっての身の丈の生活なんだなぁと、ブログを拝見して、再確認しました。

    • そらはな より:

      ともさんへ♪
      やりたくない何かをしなければならない時、ちょっとしたきっかけでエンジンがかかるときってありますよね。
      私の場合は、木を伐採したことから庭仕事にスイッチが入りました。
      すべては自分が快適に暮らせるための行動なんですよね。
      人は人、自分は自分、それでいいのだと思います。

タイトルとURLをコピーしました