今年も年末調整で控除申告できるものを再確認 払込証明書は再発行できます

スポンサーリンク

年末調整のための保険料控除証明書がちらほら届く季節となりました。
若い頃は、会社に提出する控除申告書には、自分の名前や住所などを記入して終わりだったのですが、50歳も過ぎるといろいろ背負うものも多くなり、申告するものも増えました。

会社員の場合、税金は推定額が自動的に給料から天引きされますが、払い過ぎた税金は自己申告しなければ戻ってきませんから、年末調整でぬかりなく申告したいと思います。

スポンサーリンク

年末調整で受け取ることができる所得控除

給与所得に対する税金は、毎月「所得税」として天引きされていますが、生命保険などの保険料は所得税の控除の対象です。
しかし、保険料は各自それぞれ違いますから、自分で申告し、払い過ぎた税金を返してもらうのが、年末調整です。

税金って、引かれるのは自動的だけど、返してもらうのは自己申告なのだから、ボーっと生きてると損をするってことだよねぇ。

さて、ボーっとしてばかりもいられないので、ちょっとお勉強です。
所得控除できるものは全部で14種類あり、そのうち年末調整で受けることができる控除は11種類。

基礎控除一律38万円
配偶者控除一律38万円
配偶者特別控除3~38万円
扶養控除38~63万円
生命保険料控除最高控除額12万円
地震保険料最大控除額5万円
小規模企業共済等掛金控除該当する掛金全額が控除額となる
社会保険料控除該当する社会保険料全額が控除額となる
障害者控除27万円~75万円
寡婦(寡夫)控除寡婦と寡夫は27万円、特定の寡婦は35万円
勤労学生控除一律27万円

この中で、自分が該当するものをきちんと把握し、払い過ぎた所得税をしっかり返していただきやしょうっ!

詳しくは、国税庁 所得控除のあらましをご参照ください。

私が今年の年末調整で申告するものは以下のものです。

スポンサーリンク

生命保険料控除は新旧にご注意を

生命保険料の控除は、「一般生命保険料控除」「個人年金保険料控除」「介護医療保険料控除」があります。
私は、死亡保険や学資保険などの一般生命保険のみ加入しています。

ここで注意しなければならないのが、保険には「旧制度」と「新制度」のものがあるということ。
平成23年12月31日以前に締結した保険契約は旧生命保険料控除となりますが、自分が入った保険って何年に締結したかなんて、いちいち覚えていないですよね?(私だけですか?)

でも、大丈夫です。
保険料払込証明書には、ちゃんと新旧の記載があります。

そして、私のように旧生命保険と新生命保険の2つの契約がある場合、両方を控除申告すればさらに還付金が多くなるのでは?と思うのですが、実は違うんですね。

年間の払込保険料が、旧生命保険10万円、新生命保険8万円とした場合。
旧生命保険料単独の場合の控除上限は5万円、新生命保険単独及び新生命保険と旧生命保険の合計での上限は4万円となります。

つまり!
欲張って新旧2枚の保険料払込証明書を添付すると、4万円の控除しか受けられないのですよ。
ホント、人間強欲になると、いいことないですよね!
いや、ちがうな。
賢く勉強しないと損をするってことですよね。

というわけで、旧生命保険料払込証明書1枚を添付いたします。

スポンサーリンク

扶養控除

大学生の娘の扶養控除は、夫のほうで申告していますが、実家の母は私が扶養申告しています。

この場合は、70歳以上の老人扶養親族かつ同居老親等に該当し、所得控除額は58万円となります。

同居老親の「同居」とは、病気治療で長期的に入院となり実質的には別居しているようなものでも、同居と認められますが、老人ホームへ入居している場合は同居と認められないそうです。

老人ホーム入居のための費用を子どもが負担している場合でもダメなの?なんて突っ込みたくもなります。

スポンサーリンク

障害者手帳3級は障害者控除を

母は過去に足の手術をし、身体障害3級の認定を受けています。
扶養親族が障害者に当たる場合は、障害者控除を受けることができます。
控除額は27万円。

職場には、母の障害者手帳のコピーを過去に提出しているので、年末調整では用紙にチェックを入れるだけです。

スポンサーリンク

大学生の国民年金保険料を親が立て替えた場合

娘は、今年20歳になりましたので、国民年金保険料は親が立て替え払いをしました。
この場合は、社会保険料控除の対象となるので、日本年金機構から届いた社会保険料控除証明書を添付して申告します。

娘の国民年金保険料は、来年3月までの10か月分を一括納付で162,190円。
これは全額が控除の対象となります。

スポンサーリンク

今年地震保険に加入した

近年の度重なる自然災害の多発で、今年は加入している火災保険にプラスして自然災害特約をつけました。
これは地震保険も含まれますので、控除の対象となります。

保険料が5万円を超える場合は一律5万円が控除されますが、それ以下は支払い金額の全額が控除の対象です。
我が家の自然災害特約の保険料は、微々たるものですが、これも今年新たに加わったものなので、しっかり申告したいと思います。

スポンサーリンク

保険料控除証明書を紛失したら

ところで、届いた保険料控除証明書が、どこを探しても見つからない~!という場合。
速やかに発行元に連絡をすれば、再発行してもらえます。

で、私。
何を紛失してしまったかと言いますと、次男の国民年金保険料の払込証明書なのですよ。

実は、次男の国民年金保険料は、大学3年生の時に2年一括前納をしていて、払込証明書が1枚の用紙に3回分がついていました。

昨年も、控除申告をうっかり忘れるところでした。

大学生の国民年金保険料2年一括前納 親が立て替えた方は要注意 控除申告忘れずに

そして今年も、次男が大学を卒業する前の1~3月分の国民年金保険料の控除申告をしなければ!と思い、払込証明書を2~3か月前に確認したばかりでした。
それなのに、今になってどこにも見当たらないのです。

たぶん私、なくさないようにしなくては!と慎重になるあまり、これまで保管していた場所からどこかに大事にしまったと思うんですよ。
そして、それをどこにしまったか忘れたという・・・。

これじゃあ、まるで認知症だよ。
ああ、怖ろしい・・・。

とりあえず年金事務所に連絡すれば再発行してもらえるというので、ちょっと安心しましたが、今度は娘の国民年金保険料の控除申告について考えなくてはなぁ。
次男の時は1年ずつ控除申告するという方式を選択したので、3回分の払込証明書が最初の年に届いたわけですが、娘は2年一括前納したその年にまとめて控除申告しようと思った次第であります・・・。

ほんと、自分の行動が1年後には自信が持てなくなってきました・・・。

 

 

コメント

  1. mrsP より:

    無くしちゃいけないと思うほど、慎重になり、いつもと違うとこにしまって、結果行方不明になる…すっごくわかります!わかりすぎる!!

    年末調整の書類、提出するまで無くしちゃいけないと思うあまりテーブルの上に置きっ放し。邪魔だけどしまえないのです。しまったとこを覚えている自信がない!ゆえに出しっぱなし。
    早く書類がそろわないかな〜Sony生命さん早く送ってー!

    • そらはな より:

      mrsPさんへ♪
      神社でおみくじをひいたら「なくし物・・・見つかる」とあったので、そろそろ見つかる頃かと・・・(^-^;
      私も机の上に「なくしてはいけないもの」がたくさんあって、早くすっきりさせたいです。

  2. まき より:

    娘の国民年金のことで、一度コメントしたことがあります。
    こちらを参考にカード払い(でも半年払い)をし、先日辞退届を郵送したところです。最後の学費も支払い、子育てが終わりに近づいたことを感じます。年末調整では、最後の国民年金控除となります。シングル母なので寡婦控除があったのですが、それも今年で終わりかと、イデコが気になるこの頃です。また参考にさせてもらいますね。

    記事中の生命保険料控除ですが、ちょっと誤解を招くかと思うのでコメントです。
    年末調整の控除申告書を見ていただけるとわかるのですが、新旧の両方を書いても合計欄に「いずれか大きい金額」とあり、選べます。保険料控除の総額で12万が最大となりますが、一般5万+介護2万+個人年金5万でもいいはずです。
    わざわざ税務署に余計な情報を与える必要がないということでしたら、ごめんなさい。

    • そらはな より:

      まきさんへ♪
      こんにちは(#^^#)
      国民年金保険料、カード払いの辞退届!!おめでとうございます\(^o^)/
      >新旧の両方を書いても合計欄に「いずれか大きい金額」とあり、選べます。
      ご指摘ありがとうございます。
      うちの職場、書類を添付すればあとは労務士さんが記入してくれるので、私もきちんと申告書を読んでいなかったのですが、ちゃんと「大きい金額」で計算されるのですね。
      よかったです。
      おっしゃる通り税務署に余計な情報を与えなくてもいいと思いましたので、添付書類は旧生命保険料のみにしますね。
      情報ありがとうございました(*^-^*)

タイトルとURLをコピーしました