はじめての方はこちらへどうぞ

ニッスイの株主優待は缶詰や瓶詰など常温保存できる3,000円分

缶詰や瓶詰などは長期に保存でき、あると便利な食料品です。
そんな保存食セット3,000円相当が届きました。

ニッスイの株主優待品です。

スポンサーリンク

ニッスイ株主優待が届く

日本水産(ニッスイ)は大手水産食品会社で、その名前は誰もが耳にしたことがあるはず。
そのニッスイから、株主優待品が届きました。

2020年ニッスイ株主優待

ニッスイは、主に水産物の冷凍食品や缶詰、瓶詰などの加工食品を製造している会社です。
また、海産物を医薬品や化粧品の原材料として販売する医薬事業も行っています。

 

さばオイル漬け さば水煮

栄養豊富で健康に良く、いつでも手軽に摂取できる大人気のサバ缶は、生のサバよりDHEやEPAが豊富に含まれているといいます。

 

オイルサーディン さば中骨

いわしの油漬けであるオイルサーディンも、DHAとEPAがバランスよく含まれています。
そのままおつまみとして食べても、パスタに絡めてもおいしくいただけます。
生のいわしは日持ちがしませんが、オイル漬けにすることで長期保存が可能なので、あると便利な一品です。

銀鮭中骨は、鮭の背骨だけを詰めた缶詰だから、カルシウムが豊富。
味噌汁に入れても出汁が出ておいしそう。

 

焼さけあらほぐし 紅鮭

鮭のほぐし身は、このままご飯にのっけて食べてもおいしい。
マヨネーズと混ぜておにぎりの具にしても良いですしね。

 

魚肉ソーセージ

そして、なにやら体によさげな魚肉ソーセージ。
中性脂肪を下げるなんて、まさに中高年の味方。

 

イマーク

そして、中性脂肪を下げるという噂のドリンク。
継続して飲み続けると中性脂肪が20%低下するというデータもあるので、これは健康診断が近くなったら飲みます。(←2本じゃ効果ないと思うけど)

スポンサーリンク

ニッスイの株主優待を得るためには

ニッスイの株の取得単元は100株~ですが、株主優待をもらうには500株の保有が必要となります。

 

【ニッスイ株主優待】
▪権利月:3月
▪優待品:ニッスイ自社製品
▪500~1,000株保有:3,000円相当の優待品
▪1,000株以上保有:5,000円相当の優待品

ニッスイの株価は、下落傾向にあります。
1年ほど前は、1株800円くらいだったのが、現在(2020年7月)は500円を下回っています。

株主優待をもらうには、500株保有が条件ですから最低購入金額は25万円以下。
1年前は40万円以上が必要だったことを考えると、株価が下がったタイミングで保有するというのもアリですよね。

新型コロナウィルスの影響で景気は低迷していますが、在宅勤務や外出自粛でおうちご飯の需要が高まっています。
ニッスイでは秋冬向けの新商品をリニューアルしたばかり。
コロナの感染拡大は冷凍食品の需要増加につながっているそうです。

 

ふだん冷凍食品はあまり買わない私でも、缶詰や瓶詰は保存食としてあると重宝します。
今回届いた株主優待品も、ほとんどが賞味期限は1年以上あるものだったので、じわじわと小出しに使っていきたいと思います。

 

コメント