スポンサーリンク

オカメインコの大好きな豆苗を種から育てる理由

我が家のオカメインコのハナは、豆苗が大好き。
そんなハナのために、スーパーで豆苗1袋を買ってくるのですが、多すぎて食べきれず、半分以上は捨ててしまうこともあります。

そんなわけで、今ではハナのために豆苗は種から栽培しています。

スポンサーリンク

オカメインコは豆苗が大好き

オカメインコのハナ ♂11歳。
かなりのビビりなので、果物や野菜を与えても警戒して食べようとしません。


▲オカメインコ ハナ♂ 11歳 やや太り気味

そんなハナが食べる野菜が、豆苗と人参。
とりわけ豆苗は、自分で好きな時にガシガシついばんでるので、ストレス発散にもなっていると思うんですよね~。

しかし、スーパーなどで売っている豆苗1袋は、ハナにとって多すぎます。
たまに私もスープなどに入れて利用するのですが、特有のにおいがあまり好きではないので、敬遠しがち。

よって、すべて使い切れずに捨ててしまうこともしばしばあります。

スポンサーリンク

豆苗を必要な分だけ自分で育てる

で。
ある日、ホームセンターで豆苗スプラウトの種が売っているのを見つけて気が付いたんです。

そうだ。
豆苗も必要な分だけ種をまいて自分で育てればいいじゃん!と。

実は、これまで何度かスプラウト系の栽培に挑戦するも、毎度毎度失敗を繰り返していたのですが、この春ついに栽培に成功。

毎回失敗するブロッコリースプラウト栽培が100均容器で成功した
4年ほど前から、ブロッコリースプラウト栽培を不定期にやっています。 春だったり秋だったり、思い立った時に室内で簡単にで...

100均のザル付き容器があれば、簡単にスプラウト系の栽培ができることがわかったので、以来ハナのために毎回豆苗栽培をしています。

豆苗の育て方

豆苗の種は、アタリヤ農園の豆苗スプラウト。


▲豆苗スプラウト 298円

この種は10回くらいに分けて使っているので、1度の栽培あたり30円とコスパも良ければ無駄もありません。

 


▲ダイソーで買ったザル付き容器

種は、ザル付き容器にキッチンペーパーを敷いたところに蒔きます。
容器には、種が少し浸る程度の水を入れています。

 

▲豆苗栽培 0日め

水を吸った種は膨張しますので、ある程度間隔を空けて種を並べています。

 


▲豆苗栽培 1日め

豆苗の種は、リビングの戸棚の中に入れて光を遮っています。
種まきの翌日には、種が膨張し少し根が出てきているものもあります。

容器の水は、1日1回は新しい水と交換しています。

 


▲豆苗栽培 3日め

3日目にもなると、ほぼすべての種から発根します。

 


▲豆苗栽培 4日め

4日目になると、芽も出てきました。


▲豆苗 根と芽が同じ場所から出ている

最近気づいたのですが、豆苗の根と芽って、同じ場所から出るんですねー。
根と芽って上下に分かれて出てくるものだと思っていたので、これはちょっと驚きでした。

 


▲豆苗 6日め

そんなこんなで6日めには、葉っぱが出てきました。
ここで戸棚の中から外へデビューです。
光を浴びさせて、緑化していきます。

 


▲豆苗 8日め

豆苗は、紫外線を浴びると成長がストップします。
スーパーで売っている豆苗は、長さ20cmくらいはありますが、私は10cmくらい伸びたところで外に出します。

これ以上伸ばすと、茎が倒れてしまうからです。

 


▲豆苗 10日目

10日目。
ほどよく葉っぱも開いて緑色になったところで、ハナのおやつとなります。

なお、豆苗もオカメインコが食べすぎるとあまりよくないようなので、私は月に1度くらいの割合で豆苗を種から栽培しています。

 


▲今日も自分磨きに余念がありませぬ

豆苗を種から育てると、ちょうどいい量だけ作れますし、なにより経済的。
ハナも毎回新鮮な豆苗を食べることができますしねー。

それに私自身も豆苗の日々の成長を見られてとっても楽しいですし、これは一石三鳥ですね。

 


おっと、鳥に石を投げてはいけませぬ。

 

コメント