1年間御朱印巡りをしてわかったこと 御朱印帳は?料金は?最もお気に入りの御朱印は?

スポンサーリンク

1年前、御朱印デビューをしました。
それまで、神社仏閣とは無縁な生活を送っていた私が、突如御朱印に惹かれ、同時に神社仏閣巡りに興味を持つようになったのは、父が亡くなったことによる影響が大きかったのだと思われます。
そんな私が、この1年間でいただいた御朱印は20枚。
1年間、御朱印巡りをしてわかったことについて、まとめました。

スポンサーリンク

御朱印とは

神社やお寺に参拝した証としていただけるのが御朱印です。
基本的には、一人ひとりにその場で墨書きしてくださいます。
神社名やご本尊名が書かれ、押印とともに参拝日を墨書きしてくださるのですから、自分だけのありがたい証となります。

そもそも本来の御朱印は、寺院で写経し、それを奉納したものに授与されていました。
しかし、江戸時代に社寺参拝がブームとなり、参拝の証として御朱印は授与されるようになったといいます。

いわば、スタンプラリーのようなものですが、これが一人ひとりに書かれた墨書きなのですから、ものすごく気持ちが高まります。
スタンプは1度みたら、それで終わりですが、御朱印は家に帰ってからも何度でも眺めたくなるんですよ。
そして、神社仏閣の歴史を知った上で、御朱印を見ると、太古のロマンにときめいてしまうんですよ。
すばらしい達筆を眺めていると、この日、この時、自分はここを訪ねたという、まるで自分史を作っているような感覚にさえなります。

御朱印帳の種類

御朱印をいただくにあたり、まずは御朱印帳を用意しなければなりません。
私は、記念すべき第一号御朱印をいただく神社仏閣で、御朱印帳を買おうと思っていたのですが、調べてみると、妙に渋い御朱印帳しか売っていなかったため、ネットで買いました。

今どきのネット通販は本当に便利。
たくさんの種類の中から、自分好みの御朱印帳を選ぶことができるのですからね。
そして、御朱印帳にも「蛇腹式」と「ブック式」という種類があることがわかりました。

 

蛇腹式とは、紙が山折り谷折り繰り返し構造になっているもの。
一般的に、真っ白で美しい厚手の和紙=奉書紙(ほうしょし)が用いられています。

 

ブック式は、製本された見開きタイプのもの。
鴈皮紙(がんぴし)が用いられ、色はやや茶色がかっていますが、湿度や害虫に強く紙の王と呼ばれています。

で、私は最初にブック式の御朱印帳を買ったのですよ。
本のように、1枚1枚思い出をめくっていきたかったから。

御朱印レディーの御朱印のもらい方
このたび、御朱印帳を買いました。 そもそもついこの間まで、御朱印ってなに?というレベルだった私が、御朱印巡りに目覚めたわけですから、実はなんにもわかっていない。 それではあまりにも神社や寺院に失礼ではありませんか。 というわけで、...

ところが、紫陽花の季節に鎌倉を訪ねたさい、御朱印帳を持ってくるのを忘れたんですよ。
そこで、長谷寺で売っていた蛇腹式の御朱印帳を買ったので、2冊となったわけです。
そして、2種類の御朱印帳を持ったことで、わかったことがありました。

旅に持参する御朱印帳は、コンパクトな方が持ち運びしやすいということを。

ブック式よりも、蛇腹式のほうが、ひと回り小さいのです。
重さにしたら大差はないのですが、旅行に持ち運ぶものは、コンパクトな方が便利です。

なので、車で出かける際には、ブック式の御朱印帳を、飛行機や新幹線で遠出するような時は、蛇腹式の御朱印帳を、というように使い分けるようになりました。

御朱印をいただいた順番は、バラバラに記されていますが、これも私らしい自分史だと思っています。

御朱印の料金

御朱印の料金は、300円というところがほとんどです。
最初に社務所や授与所などに御朱印帳を預け、参拝後に御朱印をいただくというのが、主なパターンとなっています。
今どきのカード払いはできませんので、御朱印巡りでは小銭は必須ですね。
というわけで、鎌倉でこんなものも買いました。

神社仏閣巡りで御朱印帳と同じくらい欠かせないものを鎌倉で買いました
昨年から始めた神社仏閣巡りも、なかなか板についてきました。 行く前には必ずその神社仏閣の歴史を調べます。 きちんと覚えられるかどうかは別としても、いや、たいていうろ覚えで説明できないのですが、それでも何もわからずに行くのと、ある程度の予...

さて、この1年間でいただいた御朱印の中で、ひとつだけ300円ではない御朱印がありました。
それがこちら。

秋田県では子宝神社として有名な唐松神社。
御朱印は、あらかじめ印刷されたもので、料金は「お気持ちでお賽銭をあげていってください」と言われたので、今までの御朱印の例にならって、300円をお賽銭としてあげてきました。

女性の願いを叶える【秋田唐松神社】は不思議なパワースポットだった
秋田県には、子宝神社として有名な唐松神社(からまつじんじゃ)があります。 触ると妊娠すると言われている子宝の石は、地元だけではなく県外からも訪れる人が多いそう。 また、女一代守り神として、女性の願いを叶える神社としても人気があります。 ...

お気に入りの御朱印

この1年間でいただいた御朱印は、どれもこれも甲乙つけがたいくらいすばらしいものですが、あえて選ぶならば、こちら。

鎌倉の大仏で有名な高徳院でいただいた御朱印。
細筆の流れるような文字が、美しくもあり、はかなくもあり、なんだかときめいてしまいます。

鎌倉の大仏様はイケイケ美男子の後姿がキュート
6月上旬、鎌倉の大仏様に会いにいってきました。 大仏様と言えば奈良の大仏様が有名ですが、鎌倉の大仏様は外に鎮座されているので、青い空によく映えます。 しかも、その姿を360度あらゆる方向から眺めることができるので、私は大仏様の後姿が...

 

もうひとつ大好きな御朱印が、こちら。

仙台松島の円通院の御朱印です。
こちらも女性らしい細筆の文字。
こんな美しい文字を、さらさらっと書けたらいいなぁ。

仙台松島 冬の【円通院】自分だけの数珠作りと御朱印と
仙台松島観光名所として、仙台藩伊達家の菩提寺である瑞巌寺は有名ですが、今回はあえてそのお隣の円通院を訪ねました。 どうしてもここでやりたかったことが、数珠作り。 自分だけのオリジナル数珠が作れるというので、絶対に行きたかったのです。 ...

 

さらに、こちらの御朱印も好きです。

太筆の整った形の文字は、みていて安心感があります。
新潟県弥彦神社の御朱印です。

新潟県パワースポット弥彦神社は1日居ても飽き足らない!
新潟県のパワースポットのひとつである弥彦神社へ行ってきました。 弥彦山の麓に鎮座する荘厳な弥彦神社の境内は見どころ満載で、神社前の門前町には風情あるお土産屋さんやカフェもあり、さらにロープウェイで弥彦山山頂まで行けるので、1日いても飽き足...

あえて選ぶと言いながら、3枚も選んでしまいました。

あくまでも主観ですが、多くの参拝客が訪れる神社仏閣ほど、御朱印が美しいように感じます。
きっとそれは、毎日何百回と御朱印を書き綴るがための、熟練した技なのでしょう。
もちろん、文字の好みというのもありますが、どうやら私は流れるような文字が好きなようです。

御朱印が達筆だとは限らない

中にはこんな御朱印もありました。

1枚の紙にハンコを押した御朱印。
これぞスタンプラリーっぽくて、ある意味貴重。
秋田県田沢湖畔にある御座石神社です。

たつこ像や御座石神社、ハーブにはちみつ 日本一深い神秘の湖田沢湖一周ドライブ
水深日本一の田沢湖は、日本百景にも選ばれた景勝地。 湖の周りには観光スポットが点在し、半日あればゆったりとしたドライブが楽しめます。 とはいうものの、地元秋田に住んでいて田沢湖を訪れるのは実に何十年ぶり? いつころ訪ねたのか記憶に...

 

もうひとつは、こちら。

うーーーん。
うーーーーーーーーん。
うーーーーーーーーーーーーーん。

達筆であってほしい以前に、もっと真ん中に堂々と書いて欲しい・・・。
青森県弘前市の岩木山神社の御朱印です。

弘前市の岩木山神社はココがおもしろい7選
念願叶ってようやく岩木山神社に行くことができました。 弘前市岩木山の麓に鎮座する岩木山神社に行こうと計画を立てたのが、今年の春。 なのに前日になって風邪をひき、それから延び延びになっていた岩木山神社。 だから到着したときには本当にうれ...

 

ひとつひとつ個性があふれ出る御朱印で、だからやっぱり御朱印巡りはやめられないっ!
来年は、どんな御朱印に巡り合えるか楽しみです。

コメント