大人の休日倶楽部パスの使い方 秋田~東京~熱海2泊3日の全行程その1

スポンサーリンク

今年、大人の休日倶楽部パスデビューをしました。
初めての大人の休日倶楽部パスの使い方は、2泊3日の秋田~東京~熱海の旅。

3日間という短い期間ではありましたが、大人の休日倶楽部パスがなければ行かなかったであろう熱海まで足を伸ばすことができました。

私の記念すべき大人の休日倶楽部パスの旅、全行程をまとめました。

スポンサーリンク

大人の休日倶楽部パスを使う旅

JR東日本が主催する会員制の組織である大人の休日倶楽部。
満50歳になるとミドル会員になることができ、年に3回発行される大人の休日倶楽部パスを使えば、JR東日本全線が4日間15,000円で乗り放題となります。

他に、JR東日本全線と北海道全線エリアが5日間26,000円で乗り放題となるパスや、JR北海道在来線全線エリアが5日間16,250円で乗り放題となるパスもあります。

さて、今回は2019年1月17日~1月29日までが、大人の休日倶楽部パスを使える期間でしたので、これを利用して劇団四季観劇と熱海温泉2泊3日の旅に出かけました。

スポンサーリンク

秋田~東京~熱海2泊3日の大人の休日倶楽部パスの旅

1日め

8:11  秋田駅発
↓ 新幹線こまち12号
12:04 東京駅着
東京駅構内グランスタ内 BURDIGALA EXPRESS(ブルティガラ エクスプレス)にて昼食
↓ 徒歩
13:30 皇居一般参観ツアー
↓ 徒歩
14:40 皇居外苑内堀通り付近散策
↓ 徒歩
15:30頃 東京駅
↓ JR京浜東北線
15:50頃  大井町着
↓ 徒歩
16:00頃 ホテルチェックイン(阪急アワーズインシングル館)
↓ 徒歩
17:00頃 夕食( 阪急大井町ガーデン内 洋麺屋五右衛門)
↓ 徒歩
18:00 劇団四季キャッツシアターへ
↓ 徒歩
18:30 キャッツ観劇
↓ 徒歩
21:30 ホテルへ帰る

今回の旅で、いろいろわかったことがあったので、メモとして記しておきます。

1.新幹線こまち
秋田発新幹線こまちは、11号車~17号車の7両から成り、グリーン車は11号車のみ、他は全席指定席となっています。
13号車、14号車、16号車の後方にトイレ、洗面所があるので、こういった点を考慮しながら、次は座席を押さえたいと思いました。

秋田駅構内の売店New daysでは、大人の休日倶楽部パスを提示すると10%OFFとなります。

2.東京駅構内

東京駅構内地下1Fのグランスタのすぐそばには、クローク(手荷物預かり所)があります。
1個600円で預かることができ、利用時間は8:30~21:00まで。

東京駅のコインロッカーで空いている場所を探すのは困難では?と思っていたので、最初はクロークに手荷物を預ける予定でした。

が、クロークのそばには、たくさんのコインロッカーがあり、平日のお昼頃ということもあってか、意外と空きがたくさんありました。
Mサイズのコインロッカー500円には、友人と私のキャリーバッグ2個が余裕で入りましたので、ここにに荷物を預けて身軽になりました。

→東京駅のコインロッカー

お昼は、グランスタ内のBURDIGALA EXPRESSにて。

パンが大好きなのと、この後の皇居一般参観に間に合うよう、早めにお昼を食べなければなりませんでした。
抹茶と丹波黒豆のハード系パンが、超おいしかったです。

3.皇居一般参観

広い皇居を効率よく回る方法 ガイド付の一般参観コースで見学してきました
誰もが知っている皇居ですが、実はこれまでじっくりゆっくり見学したことがありません。 今年は平成最後の年ということで、皇居一般参観コースに申し込みをし、宮殿や宮内庁庁舎を見学してきました。 案内付で無料のお散歩コースは、1時間ほど。 足...

4.阪急アワーズイン大井町

1日目に宿泊したホテルは、大井町駅から徒歩1分の好立地、阪急アワーズイン大井町。
しかも、シングルルームは1泊6,900円(税込)。
曜日に関係なく、いつでも一律6,900円なんです。

駅近、安い、きれいで快適、建物内には飲食店がたくさんあるので便利です。
お部屋は、浴槽のないシャワーブースのみですが、ホテルから直結する「おふろの王様」というスーパー銭湯も利用できます。

おふろの王様は、平日1,250円、土日祝日は1,550円ですが、アワーズインに宿泊であれば400円で利用できます。
とか言いながら、私は利用しませんでしたけどね。
だって、次の日は熱海の温泉が待っているので、シャワーで充分だったのよね。

20~22階は、女性専用フロアになっていて、女性専用エレベーターでフロントや温泉施設へ移動することができます。

お部屋からの眺めも気持ちいい!

6~7年前、初めて劇団四季を観たのが、ここ大井町の夏劇場で美女と野獣だったんです。
あの時、大井町付近でホテルを探したんだけど、アワーズインはわからなかったなぁ。
噂によれば、アワーズインはなかなか予約が取れず、楽天トラベルなどにも掲載されないようなので、直接ホテルへ予約するのがベストかと思います。

阪急アワーズイン大井町は劇団四季キャッツシアターにも近くて、おすすめです。

ただ、残念ながら2019年4月からは料金改定が行われ、シングルルームが1泊7,200円になっていまします。

5.洋麺屋五右衛門パスタ

阪急アワーズインへ宿泊すると、館内にある飲食店でオリジナルセットメニューが1,500円でいただくことができます。

広島産牡蠣と帆立と冬野菜のトマトクリームスープ

夕食で利用したのは、洋麺屋五右衛門。
チェーン店ですが、秋田にはないのでこのお店のことはまったく知りませんでした。

私がいただいたのは、広島産牡蠣と帆立と冬野菜のトマトクリームスープパスタ。
熱々でモチモチで、牡蠣とトマトクリームが絡み合ったスープがおいしくって、大変気に入りましたよ。
なんでもパスタやオリーブオイルなどの食材は直接イタリアに買い付けにいってるのだとか。

サラダとスープとソフトドリンク

ものすごいたくさんあるパスタの中から、好きなものを選んで、それにサラダとソフトドリンクとスイーツが付いての1,500円です。

クレームブリュレアイス添え

クレームブリュレもおいしくて、お腹いっぱいだったけれど、完食しました。

この後、膨れたお腹でキャッツシアターへ。
阪急アワーズイン大井町からキャッツシアターまでは、歩いて7~8分ほど。
本当に便利な立地ですね。

初めての劇団四季キャッツシアター おすすめ座席はここ
キャッツが初めて日本で公演されたのは、1983年11月11日のこと。 35年以上の歳月を経て、2019年3月には日本公演通算1万回公演を迎えます。 そんな長い歴史のある劇団四季キャッツを、このたびようやく観ることができました。 劇...
さて、1日めの交通費だけで17,965円ですから、すでに大人の休日倶楽部パスのお得さは、十分わかりました。
秋田駅~東京 新幹線こまち利用片道料金 17,800円
東京駅~大井町駅 JR京浜東北線利用 165円

2日目以降の旅の行程は、こちら↓

大人の休日倶楽部パスの使い方 2日目は東京~熱海へ そして芽生えた野望
大人の休日倶楽部パスを使って、劇団四季を観たのですが、せっかく15,000円でJR東日本全線が乗り放題なので、熱海まで行くことにしました。 大人の休日倶楽部パスの使い方 秋田~東京~熱海2泊3日の全行程その1 こちらからの続きとなります...

コメント

タイトルとURLをコピーしました