劇団四季【パリのアメリカ人】感想 これはミュージカルか?

スポンサーリンク

劇団四季【パリのアメリカ人】は、2019年1月20日、渋谷東急シアターオーブにて開幕しました。

このミュージカルは劇中バレエが最大の見せ場であり、さらにタップダンスやラインダンスなど、多種多様のダンスシーンが随所に取り入れられている、ダンスと歌のハイブリットなミュージカルです。

パリの街が渋谷で再現されたような美しい世界観で、現実逃避するにはピッタリのミュージカルでした。

スポンサーリンク

パリのアメリカ人あらすじ

第二次世界大戦直後のパリ。
アメリカの退役軍人ジェリーは、暗い戦争の時代に別れを告げ、
画家としての新たな人生を夢見ていた。
ある日、戦後の混乱が収まりきらない街中で、
ジェリーは一人の女性、リズに出会い、一目ぼれ。
芸術に人生を捧げようとパリに残る決意をしたジェリーは、
作曲家を目指すアダムと、ショーマンを夢見るアンリに出会い、友情で結ばれる。

以下、略。
劇団四季パリのアメリカ人Storyより https://www.shiki.jp/applause/aaip/story/

パリのアメリカ人は、とても明快なストーリーであり、「あれはどういうことだったんだろう?」などと頭を悩ます箇所はほぼありませんでした。

要するに、1人の女性を3人の男たちが好きになり、その3人は友情で結ばれているので、さあ!どうなる!?っていうのが、大まかなあらすじです。

なんだかんだ言っても、登場人物はみんな良い人たちばかり。
だから単純に、ダンスショーを楽しめました。

ただ、物語の影には戦争の重い影をみんなそれぞれひきずっている・・・。
それが、物語の後半になってズッシリとわかってきて、だからこそ登場人物たちは希望を抱いて今日を生きている・・・そんな感じがしました。

パリのアメリカ人キャスト

ジェリー・マリガン/酒井 大
リズ・ダッサン/石橋 杏実
アダム・ホックバーグ/斎藤 洋一郎
アンリ・ボーレル/小林 唯
マイロ・ダヴェンポート/岡村 美南
マダム・ボーレル/秋本 みな子
ムッシュ・ボーレル/味方 隆司
オルガ/木村 智秋
ミスターZ/金久 烈
斎藤洋一郎さんは、アラジンでオマール役をやっていましたね。
小林唯さんは、アラジン役。
そして岡村美南さんは、クレイジーフォー・ユーのポリー役と、ノートルダムの鐘のエスメラルダ役で拝見しました。
みなさん、大好きな役者さんばかり。
ジェリー役の酒井さんと、リズ役の石橋さんはお初です。
どんな舞台に仕上がっているか、楽しみでした。

パリのアメリカ人感想

なにもかもが、スマートでおしゃれ。
それが、パリのアメリカ人を観た最初の感想です。

美しい音楽、美しいダンス、美しい舞台装置、そして流れるような場面転換は、プロジェクションマッピングをうまく使ったやり方だと感心しきり。

使われている曲も、どこかで耳にしたことがあるような歌ばかりで、ワクワク楽しくなってきます。

私がとても好きだったシーンは2箇所あって、
ひとつめが1幕のリズが勤めるお店で繰り広げられた歌と踊りのシーン。
戦争の暗い影から一転して、みんなキラキラに輝いて歌い出す。
女性たちの衣装が美しすぎて、ダンスが眩しすぎて、それをみていたらシアワセすぎて涙がツツーと出てきました。

もうひとつのシーンが、2幕めでアンリが躍るショーのシーン。
アラジンでも知っていたけど、小林唯さんの歌が上手で、聞き惚れます。
これぞザ・ミュージカルって感じ。

ショーマンを目指すアンリは、親に内緒でショーに出演するのですが、途中からピアニストのアダムも一緒に歌って踊るんですよ。
アダムは、足を負傷していて足をひきずっているのですが、このシーンは華麗なステップを踏み、踊りと歌で魅せてくれます。

え?足はどうした?
足、怪我してるんじゃないんかい!?

って、最初思ったのですが、このシーンはアンリの頭の中で描く空想(理想?)のシーンなんですね。

もしもアダムが健全な脚だったらどんなにすばらしいだろうという、アンリの思いが伝わってなんか感動しちゃったんだなぁ・・・。

それと、最大の見せ場であるジェリーとリズのバレエシーン。
10分以上にもわたる本格的バレエを、酒井さんと石橋さんがやってのけるんですよ。

酒井さんはバレエダンサーで、今回のパリのアメリカ人が劇団四季の初めての参加となります。
酒井さんってこれまでバレエを中心に活躍し、数多くの受賞歴がある方。
だからバレエはすばらしい。

でも、セリフを言ったり演技をするというのはどうなの?と思っていましたが、ストレートで正直なジェリーをよく表現していましたねぇ。

芸術家というのは、歌も踊りも表現力も一流でないといけないのですね。

それと、石橋さんのふくらはぎが、子持ちシシャモのようで筋肉がすごかったです。(どこ見てる)

身体は小柄で手足も細いのに、あれくらいふくらはぎが発達していないと、バレエは踊れないってことなんですねぇ。

そして、そして、岡村マイロ。
いやぁ、岡村さん、さすがですよ。
歌も踊りも演技もすばらしい。
岡村さんの存在感って半端ないですよね。

エスメラルダもすごくいいけど、マイロもハマリ役でしたね。
貫禄がすごすぎて、最後のほうはデヴィ夫人に見えてきましたもん。
あ・・・、これ、褒めてるんですよ。
金持ちの品格の表現力がすばらしかったです。

以上、パリのアメリカ人を観た感想を思い出しながら書き連ねてみました。

これはミュージカル?

私が劇団四季のミュージカルにハマったのは、歌、それもアンサンブルのハモリが大好きでゾクゾクするところなんです。

大勢が息を合わせて最高の歌声が響き渡ると、鳥肌もんです。
だから、バレエの踊りに重きを置いたパリのアメリカ人は、期待するミュージカルとはちょっとちがったかな・・・という印象です。

バレエが好きな方にとっては、バレエもミュージカルも楽しめるハイブリットなお得さがありますけどね。

もちろん私も、パリのアメリカ人を観てよかったと思いましたよ。

だって、何事も観てみなければわからないこと、観てみたからこその新発見があり、経験は人生を豊かにしてくれる最高のスパイスだと思うんですよね。

へへへっ。
スパイスだなんて・・・、私もほんのちょっぴりパリにかぶれてしまったかもね・・・。

 

コメント

  1. ねば うめか より:

    はじめまして。ねばと申します。3年くらい前、格安スマホの検索でたどり着き、それからずっと読ませていただいてます。突然の書き込みおゆるしください。パリのアメリカ人のパンフを購入されましたか?もし、購入されましたら、中に「山岸凉子」という漫画家のコメントか談話が載っておりますか?

    不躾な質問で申し訳ありません。もしよろしければ教えてください。

    • そらはな より:

      ねば うめかさんへ♪
      はじめまして(#^^#)
      3年ほど前からブログに遊びにきていただいていたのですね。
      ありがとうございます。
      パリのアメリカ人のパンフは、残念ながら購入していません。
      なので、お答えすることができず申し訳ありません。
      山岸涼子さんって、存じ上げなかったのでちょっと調べてみたのですが、絵をみてちょっと思い出しました。
      子どもの頃、花とゆめはよく読んでいたので、ちょっと覚えています。
      大人になってバレエを再開したとあったので、パリのアメリカ人とも関係あるのかな・・・?と思ったりしました。

  2. ねば うめか より:

     リプありがとうございました。劇団四季のサイトのほうで確認できました。

     山岸凉子さんは「花とゆめ」でアラベスクというバレエマンガを発表していて、大変にバレエの造詣に深く、ときどきバレエのプログラムに寄稿したりするんですが、本屋さんで確認できないのでそらはなさんにお聞きしてしまいました。実は、掲示板デビューを狙ってたりして^^;

     格安スマホでたどりついたのですが、いろいろと参考になることが多くて日参しています。私はそらはなさんより一足早く夫婦二人になっているのですが、食費にはう~む、お見事!とうなってます。

     というのも、うちは夫婦二人というのに4万から多いときで7万弱。もっとも、正月とか親族が来るときですが。それでも外食も少ないほうだと思うし、食材も無駄にしてないと思うし…なんでこんなにかかるの??

    って、酒代が1万くらいはかかってるのでした。

     スマホは現在夫婦二人で楽天Mでポイント使って2000円かからないくらいです。実は、格安を使う前は二人で某ソフト〇ンクであいほん2台15000円かかってました。もうキャリアに戻れない体になってしまいましたw

     それでは、ありがとうございました。(職場の昼休みから失礼しました)

    • そらはな より:

      ねば うめかさんへ♪
      アラベスク、なんとなく覚えています。
      絵をみて思い出しました(#^^#)
      うちは、食費に酒代は入っていないのですよね。
      私はお酒は飲まないので、夫は自分が飲む分をお小遣いの中から買ってきています。
      でも、子どもたちが帰省する時は、夫にお金を渡してお酒を買ってきてもらいますよ(^-^;
      夫も、子どもたちと一緒に飲めるのがうれしいようですが、もしかしてお酒を家計から買えるのがうれしいのかも・・・(;・∀・)
      スマホは、もうキャリアには戻れないですねぇ。
      私もソフト〇ンクでした\(^o^)/