50代を楽しむ術 40代でしておきたかったことはできたのか? 

スポンサーリンク

人生の折り返し地点を過ぎたんだなぁ・・・

そんな風に感じるようになったのは、2年前。

気持ちはいつまでも若いつもりでも、身体の老化は確実にひしひしと迫ってくるのを認めざるを得ない。

子どもが家を出たことも、老後の生活を具体的にイメージするきっかけになりました。

50代。
定年まであと10年。

50代をどれくらい楽しめたかによって、その後の生き方ももっと楽しめるようなきがしています。

 

スポンサーリンク

身体の老化現象

1.視力が落ちた

若いころは視力2.0を誇っていた私の眼も、数年前から夜道の運転の視界がぼやけて、怖いと感じるようになりました。

視力がいい人ほど老眼になるって言いますもんね。

運転用にメガネを作るべく、メガネ屋さんで視力検査をしていただくと、老眼ではなく乱視とのこと。

乱視も老化のひとつなんですけどね。

日常生活はまだ裸眼で大丈夫ですが、夜の通勤以外の不慣れな道は、メガネをかけて運転しています。

 

2.腰痛

仕事中は腰痛ベルトが欠かせません。

長時間の立ち仕事では、腰が痛くなってしまいます。

ところが、例えば旅行などで東京へ出かけたさいには、腰痛ベルトは不要なんです。
こまめに立ったり座ったりしていると大丈夫なんです。

楽しい時間は、腰痛も忘れちゃうくらいですから、大したことないのかもしれませんね。

 

3.冷え性

夏でも出かける時は、羽織物が必需品です。

冷房が寒いと感じるようになったのは、ここ2~3年。

羽織物を忘れてスーパーに行ったさいには、買い物も早々にして帰ってくることもしばしば。

 

 

 

今のところは、こんなもんでしょうか。

職場の健康診断でも特にひっかかる項目はないのですが、これからはわかりませんもんね。

両親とも高血圧症で薬を飲んでいるので、私も気を付けなければなりません。

 

スポンサーリンク

子どもの独立

長男が大学を卒業し、社会人になりました。
次男も大学生となり家を出ました。

2人が家からいなくなると、急に時間に余裕ができました。

毎週のようにサッカーの応援に出かけていたことがうそのようです。

「これから土日は何して過ごす?」
よく、サッカー仲間のお父さん、お母さんたちとそんな話をしましたが、今は自分のやりたいように時間を使うことができて、身体は楽になりました。

あと1年と少しで娘も高校卒業します。

そうなれば私はもっと時間に余裕ができます。

親の介護のことも考えなければなりませんが、今ある時間を有効に使っていきたいと思っています。

スポンサーリンク

50代でしておきたいこと

旧ブログで、40代でしておきたいことをまとめています。
http://nettosyuunyuu2012.blog.fc2.com/blog-entry-457.html

 

 

1.暮らしのスリム化を図る

私が死んだら、家族が負の遺産で困らないように、今後はモノを増やすことは極力避けたい。

父が亡くなって、本当にほんとうに切に思ったことです。

 

2.財産管理を明確にする

ファイルにまとめてはいるのですが、更新がおいつきません。

家計管理は私がやっているので、夫はなにひとつわからないのです。

私が死んだあとも家族がこのファイルをみればすべてわかる・・・というくらいにまとめるのが理想的。

 

3.家族とかかわる残りの時間を大切にする

これも一生の課題です。

いつか家族はみんなバラバラになるものですが、後悔しないような付き合い方をしたいものです。

 

4.ストレス発散方法を確立する

発想を転換する方法を持っていれば、ストレス回避はできると思います。

文句や愚痴を言っても、解決しないのですから、自分の考え方を変えてみる。これが一番だと思っています。

大好きなもののために、時には現実逃避することも大切。

で・・・

来月は劇団四季が待っている!←重要

 

5.一生学んでいく

毎日気づいたことや考えたことをブログに書き留めることで、調べたり学んだりする力はずいぶん鍛えられたと思っています。

50代はさらに学ぶことに挑戦したいと思っていますが、かなりハードルが高いので、今は誰にも話さず内緒にしておこうと思っています。

 

私の40代でやっておきたいことは、取り掛かりは始めましたが、完結はしていません。

これらのことは、今後もずーっとやっていきたいことだからです。

 

3e53b4709e8178e2b54a4a0685ca26a0_s

スポンサーリンク

会いたい人に会う やりたいことをやる

50代でやっておきたいことがもうひとつ増えました。

それは会いたい人に会いに行く・・・ということ。

 

父の死を経験したからか、この時間が明日も同じようにあるとは限らないと思うようになりました。

後悔は、やってしまったことの後悔よりも、やらなかったことの後悔のほうがはるかに大きいということを、この歳になってよーくわかるようになりました。

 

学生時代のかけがえのない親友に、会いに行きます。

お互い結婚して子供が生まれて引っ越しもして・・・なかなか会えなくなってから何年経ったかわからないほど、年月が流れました。

50歳を過ぎたら「そのうち」「いずれ」はもう必要ないのです。

何もせずにダラダラ過ごしても、時間は同じように過ぎていきます。

だったら、私は後悔しないよう会いたい人に会いに行く。

そして会えなかった時間の出来事を大いに語り、昔のように笑ってふざけて、心に栄養剤を注いできたいと思います。

 

それから、子どもが大きくなったからこそ、時間にも余裕ができたので、やりたいことはやる。

もちろんお金とのバランスを考えながらですが、毎日何かしら目標を持って生きていきたいのです。

 

すごーくクサいセリフだけれど

たった一度きりの人生だもの!

この言葉が、今一番身に染みてわかるようになりました。

 

コメント

  1. ぷっこ より:

    はじめまして。そらはなさん。
    そらはなさんのブログに出会って、私の探していた毎日の何かを見つける事が出来ましたm(_ _)m
    私の子供は高1高3で仕事もあり毎日バタバタなのですが、今できる事をちょっとずつでも進めたいです❗️ただいま44歳頑張ります❗️

    • そらはな より:

      ぷっこさんへ♪
      はじめまして(#^^#)
      う、うらやましい・・・。
      まだ44歳ですと?
      やりたいことをやって好きなことをして楽しく暮らして・・・同じ時間が過ぎるなら、毎日楽しまなくては損ですもんね。
      50歳!私もがんばります!

  2. 50歳主婦 より:

    はじめまして!
    私も50歳になったばかりのパート主婦です。
    下の子もこの春で社会人となり、家を出ました。
    同時に、仲良しのママ友が急病で運転中に逝ってしまったり、
    春まで元気だった友人が、体調を崩したと思ったら、手術となり、
    今はしたい事もできない状態になったり。

    昨年、同居の義父があっという間に逝ってしまった事もあり、
    やりたい事は今やらなきゃ!という思いが強くなりました。
    行きたいと思う所には、思い立ったが吉日!で出向くようにしています。
    エンディングノートも準備していますが、
    金融機関の整理などが進まず、なかなか書けずにいます。
    私の目標も『これを見れば全てがわかる』です。

    私の代で、不要な不動産の処分と離檀(無宗教化)を果たしたいと思っています。
    取りたい資格もあるので頑張ります!
    これからも参考になる記事を楽しみにしています。

    • そらはな より:

      50歳主婦さんへ♪
      はじめまして(#^^#)
      いろいろな出来事が一気にたくさんあったのですね。
      不要な不動産の処分と離檀!その潔さがすばらしいです。
      自分のために生きなくてはね。
      50歳主婦さんに刺激をいただきました。
      私も、今からできることをやっていこうと思います。

  3. しっぽ より:

    50歳。
    この時期は人生の曲がり角ですね。
    子供が巣立ってから、子育てと同じくらいの第二の人生が待ってるなんた、理屈としてはわかっていても、実際迎えてみないとわからなもんだわ、と思う日々。
    子供がいなくてさみしくなるわ、親は世話がかかるばっかりになるわ、定年で収入激減だわ、自分は更年期だわ。なにこれ人生下り坂真っ逆さまじゃん! と思いましたよ(笑)
    何もかもマイナスにしか思えない時期ですかね。
    でもそろそろそれも飽きて来たんで、新しいこと始めます。やっと気持ちが前に向き始めましたよ。

    子供は宝物のようにかわいいけれど、子供に私の幸せの全てを負わせていたら子供も迷惑なのですよね。

    これからは自分のために生きようと思います。

    • そらはな より:

      しっぽさんへ♪
      自分のために生きる・・・。
      いいですね~。
      子どもたちは、自分の人生を生きてほしいし、夫だっていつかはどちらかが先に死ぬ。
      結局、一人の時間をいかに謳歌するかが、大切なのかな・・・って思います。
      私も新しいことに挑戦してみたいな・・・。

タイトルとURLをコピーしました