老後はのんびり暮らさない 老後を楽しむ考え方 

スポンサーリンク

友人たちと、県内1泊温泉旅行の旅を計画していたのが今年の春のこと。

みんな仕事をしているので、数か月前から日程を合わせ、おいしいものを食べ、岩盤浴や温泉でリフレッシュし、大いに笑って過ごそうと計画を練っていたのですが、その数週間前に急きょキャンセルとなりました。

私の父が急逝したからです。

50代は、子どもに手がかからなくなるのと同時に、大学進学などで莫大な教育費がかかり、さらに親の介護も重なってくる時期。

自分の老後に向けてお金も貯めなければならないけれど、老いは人生の下り坂なんかではなく、経験豊かな目で周囲の景色を楽しめるマイペースなハイキングなのだと思っています。

 

スポンサーリンク

老化に気づく年頃

最近、100均で老眼鏡を買いました。

日常生活は裸眼で問題ないのですが、ノートに字を書くときに文字がかすんで見えにくいと感じるようになったからです。

車の運転も、夜道は乱視用の眼鏡をかけて運転しています。

白髪もちらほら生息しだしたし、なんだかこの頃左膝が痛むのよね。

娘に対抗して気持ちはいつまでも若いつもりでいるけれど、身体は正直なもので、確実に老化の影が忍び寄ってきていると感じています。

 

身体の変化は、これからの生き方を今一度見直す必要があるのだと、知らせてくれているのだと思います。

スポンサーリンク

老後を楽しむ術

老後とは何歳からいうのか、具体的な年齢は定められていないようですが、人口動態調査では65歳以上を老年人口というのだから、65歳が境界線となるんでしょうか。

 

老後はのんびり暮らしたい・・・とは思っていません。

何もすることがない日がうれしいと思うのは、毎日仕事だったり子どものことだったり、何かしら忙しく動いているからこそ。

退職後に何もすることがない日が、今日も明日も明後日もずーっと続くのかと思えば、気力も失われるし、頭もボケる。

人生死ぬまで勉強だと言いますが、毎日どんな些細なことでも目標を持ち生きることが、最高に楽しいと思えるようにしたいなぁ。

 

というわけで、老後を楽しむ術というのは、毎日どんなことでもおもしろがって暮らすこと。

食べたものがおしかった。観たテレビがおもしろかった。そんな些細なことでも喜べるような感性豊かな心を今からぞんぶんに磨いていきたい。

 

8196edf6721afb20927b06da2b26a8a8_s

スポンサーリンク

「今度」「そのうち」はご法度

父が亡くなり100日を過ぎたころから、気持ち的にも随分落ち着いてきました。

軽度認知障害の母のこともあり、休みの日もなにかしらやることがあるのですが、それでも心の中には余裕さえできるようになりました。

延期していた友人たちとの旅行も、再度計画を練り直そうという気持ちになったのも、最近のこと。

秋の紅葉の美しいシーズンを想像し、なんだかワクワクしてきました。

温泉旅行の話し合いのため、とりあえず飲み会をしようとみんなにLINEを入れると・・・。

Aちゃん「やろう!やろう!いつでもOKよ」

Bちゃん「いいねー。待ってました」

Cちゃん「よろしく!」

・・・と、すぐさま返事が返ってきたのですが、少し時間を置いてDちゃんからの返事は

「今、東京へ向かってます。伯母の旦那さんが亡くなってね・・・」

 

そうなのよね。

うちの父が急逝したように、50代の私たちの周辺は、いつなんどき誰かの不幸があるかわからないお年頃。

「今度飲み会しようね」とか「そのうち集まろうね」なんて言っていては、実現困難なんですよね。

「今度」「そのうち」ではなく「日にちはいつがいい?」と積極的に決めないと、老後のハイキングの道のりは険しくなるばかり。

 

来年のことを話すと鬼が笑うと言いますが、いいの、いいの、鬼も笑って大いにけっこう。

楽しい計画を立てるのも、毎日おもしろがる絶好の機会だし、気力体力があるうちにやりたいことをどんどんやっていかなくては。

 

来月は、劇団四季の「ノートルダムの鐘」の先行予約も始まるし、1年先の予定を立てると、メリハリあるお金の使いかたができるというものなんです。

 

「いつやるの?」「今でしょ!」
もう死語となった言葉でも、今の私には心に染みる言葉です。

コメント

  1. しろみ より:

    そらはなさん おはよう(^O^)/

    そうそう 頷きながら読みましたよ

    私の周りには70歳前後の知り合いがたくさん
    フラの仲間だけど
    みんな 趣味を持ったり 旅行したり
    フラのイベントの時には みんなとのご飯やお茶の席で大笑い(*^^*)
    オシャレもたくさん楽しんでて
    そんな 老後のお手本がたくさんあるの
    確かに体に衰えを感じるだろうし 病気もあったり ご主人が病気だったり
    いろんな事情を皆さんかかえてるんですよ
    ビッコを引きながら歩く方が いざ舞台に立つと しっかり踊れたり
    本当に 皆さん パワフル!

    私も そんな風に歳をとっていきたいなって 毎日思ってる

    私も フラ、ジャニーズ、プリザーブドフラワー、劇団四季、たくさんこなしてるけど まだまだ
    新しい事にチャレンジしたい 好奇心はいっぱいです(^。^)

    これからの人生 辛い事も待ってると思うけど 毎日笑顔でいられるように
    頑張りましょう!!

    • そらはな より:

      しろみさんへ♪
      いいですねー(#^^#)
      同じ趣味を持った仲間がいるって最高ですよね。
      しかもフラって人に魅せる趣味だから、いつでもきれいでいたいという気持ちは、どんどん若返りますもんね。
      私も退職したら、地域で何か趣味のサークルに入りたいと思っているのですが、それが何なのかは自分でもわからず(;^ω^)
      とりあえず興味を持ったものにはなんでも首をつっこんでみようかなぁ。
      ブリザーブドフラワーもいいね(#^^#)

  2. ルリネコ より:

    「今でしょ」そうですね。いつか…と思っていては、遠くに飛んで行ってしまう。
    私、63歳。年金生活は2年経ちました。退職後4ヶ月で夫の実家にリターン。
    色々、縁が切れました。
    一緒に旅行する友人は居ません。約束もチャンスの前髪かも?

    • そらはな より:

      ルリネコさんへ♪
      退職後にだんなさまの実家に戻るということは、そういうことなんですよね。
      ルリネコさんのこれまで築き上げた交友関係と縁遠くなっちゃいますよね。
      私も転勤先でできたお友達とは、今ではメールでつながっているだけで、もう会うこともないかなぁ・・・。
      老後の交友関係は、やっぱり地域でのつながりがメインとなるんでしょうねぇ。

      • ルリネコ より:

        そらはな様
        丁寧なお返事をありがとう。
        定年退職→夫の実家へ転居ですが、友人に会おうと思えばOKです。1日掛りますが。
        私の場合は、独身が永く、将来経済的にやっていけないので、薦める人の言うとおりに
        結婚したので、ベースが違ってきたのです。結婚後12年ですが、転居をきっかけに
        友人との細い糸が切れました。生活には、不安が無くなりましたが。
        今の土地で、静かに暮らしたいです。趣味の山の会の人とは、細々と続いてます。

        • そらはな より:

          ルリネコさんへ♪
          こちらこそお返事ありがとうございます。
          気心知れた友人たちは、みんな遠くで暮らしていますし、会おうと思っても簡単にはいきません。
          私もこの地域で生きていくのだから、地域の趣味のサークルなどに参加するのもいいなぁ・・・と思っています。
          山の会に入っているんですね。
          すごいです~。足腰鍛えられているんですね。
          そういうアクティブな趣味がうらやましいです。

  3. 50歳主婦 より:

    初老=40歳なんですよね。
    警察の鑑識は、身元の年齢を推定するのに、
    下の○に白髪があったら35歳以上とするそうです。

    私も学生時代の親友が全国各地に散らばっていて、
    結婚も出産も10年近い開きがありましたが、
    それでもなんとか毎年集まってきました。

    それが…
    最後に会ったのは3年前、親友のお父様の葬儀でです。
    それっきり、住宅ローンで新幹線代が捻出できない、
    親の介護で忙しい、パートの休みが取れない、
    あっという間の3年です。

    会いたい、やりたい、楽しみたい。
    これは今じゃなきゃ出来ないんです!
    半年前に、自分より若いママ友をくも膜下出血で亡くし、
    泣いて泣きはらしてきましたが、
    (脳動脈瘤があることを私だけが相談を受けてたので、
     無理にでも処置を受けさせなかったことが後悔で後悔で)
    私もやっと100日を迎えたところで、気持ちが落ち着いてきました。

    今日より若い日はないのです。
    明日は病や事故に伏せるかもしれないんですから。

    • そらはな より:

      50歳主婦さんへ♪
      ひぇぇぇぇ!
      鑑識って、そんなモンで判断するんですねー!びっくり!!
      思わず下の○見ちゃいましたよ(爆笑)
      この歳になると、誰かのお葬式が集まる機会だったりするようになるんですよね。
      学生時代の友人を誘って旅行にも行きたいけれど、長い間会っていない友人の暮らしぶりがわからないので、安易に声をかけずらいというのもありますね。
      ママ友さん、ショックでしたね。
      くも膜下出血なら、本当に突然でしょうから、友人を失った喪失感ははかり知れないと思います。
      今日より若い日はない・・・。
      うーん、なんて重い言葉なんだ・・・。
      そう思えば今日を一生懸命生きようという気持ちも強くなります。

  4. ちかちか より:

    うんうん、そうですね。明日やろうと思っても、その明日は本当に来るのかはわからないですもの。
    年賀状で毎年「今年こそ会おうね」と書いているだけでは会えないものですね。先月同級生が急逝し、その葬儀で何人かの友達に何十年ぶりに会ったりしたのですが、そんな会い方はしたくないですよね。会いたい人には会いに行こう!やりたいことはもう我慢しない、言い訳しない、と思っています。

    • そらはな より:

      ちかちかさんへ♪
      年賀状あるあるですねー。
      今年は会いたいね、とか、今年こそ会おうね!とか・・・。
      まずは計画を立ててみるところから始めないと。
      急にキャンセルになっても、また計画を立てればいいんだし、計画を考えているときが案外一番楽しいかもしれませんね。

  5. とも より:

    子育てが一段落したら、介護が始まる。50代は、自分の体調も含めて、目まぐるしい変化の時期ですね。
    義父を見送り、時間的に少し余裕ができたので、7月からホットヨガを始めました。たまたま色んな偶然が重なり、20数年振りのお稽古ごとです。
    更年期の体調不良もあったので、汗を流すのはとても良かったです。あまり意気込み過ぎず、ぼちぼちと長〜く続けてたいです。
    周りのことを考え過ぎて、一歩が踏み出せずにいましたが、何とかなるもんですね。かえって物事がスムーズに進むことも気づきました。
    あと私を乙女に戻してくれるのは、韓ドラですね。その時ばかりは20代の気持ちです。笑

    • そらはな より:

      ともさんへ♪
      ホットヨガ!いいですねー。
      やっぱり体を動かすというのは大事ですね。
      自分一人じゃ億劫になりますしね。
      まずはやってみる!というスタイルでいいんですよね。
      韓ドラ・・・なつかしいな・・・。
      ポラリス持ってました(爆)

  6. えりあママ より:

    自分の人生ですもんね
    楽しく生きても、イライラしながら生きても同じ時間が過ぎていくんだよね
    だったら楽しく生きてく方が良いよね。
    皆さんワクワクポイントをちゃんと持って生きてらっしゃる!
    私も次を見つけなきゃね
    劇団四季とジャニーズは離さないです!

    • そらはな より:

      えりあママさんへ♪
      私も劇団四季は必須ですが、そのほかに地域でできる何かを見つけたいなぁ。
      なんにでも関心を持ち、なんにでも興味を持っていたら、そのうち何かが見つかるかなぁ。
      でも、こうやってネットのおかげでいろんな方のお話しをきけるのも、世界が広がりますね。

タイトルとURLをコピーしました