地味にスゴイ!おじ靴が旅行に最適だった理由

スポンサーリンク

旅行に履いて行った”おじ靴”が、地味にスゴくてとてもよかった!というお話です。

「おじ靴ってなんだよ?」と思われた方。

実は私も”おじ靴”って知らなかったのですが、軽量で履きやすいおじ靴が、カジュアルにもフェミニンにも合わせやすく、しかも雨にめっぽう強くて、旅行には最適だったなぁ・・・と思った次第。

 

スポンサーリンク

おじ靴とは

おじさまが履くような革靴のデザインを取り入れたレディース用の靴を、”おじ靴“と呼ぶのだそうで。

 

若い子が、おじさんが履くような靴を履くからあえて”おじ靴”と呼ぶのであって、おじさんが履くような靴を、おばさんが履いたら”おば靴”じゃんね・・・。

・・・などという心の声は、そっとしまっておいて、あえて私にも”おじ靴”と呼ばせてください。

 

おじ靴という言葉が、いつから出てきたのかわかりませんが、紳士用の靴でオックスフォードシューズといえばピンとくる方もいるのかな。

紐で編み上げた靴なので、レースアップシューズとも呼ばれますよね。

 

うちの長男も就活用に用意したのがこんな靴。

 

こんな靴を女性が履けばおじ靴となり、秋冬に活躍間違いなしのマニッシュコーデ なんてことはつゆ知らず、私、おじ靴を履いて旅行に行きました。

おじ靴が旅行に快適だったわけ

1.雨でも快適

旅行に行く日が快晴とは限りません。

かなり前から計画を立てている旅行が、あいにくの雨模様になってしまうことだってありますよね。

おじ靴が雨にもめっぽう強い理由は、足の甲まで覆われているので、多少の雨でも足先が濡れないということ。

しかも素材が合皮であれば、雨も全然染みません。

もちろんおじ靴には、防水スプレーをかけて行きましたが、3日間のうち2日間が雨模様だった今回の旅行は、おじ靴のおかげで足元まったく濡れ知らずで快適に過ごすことができました。

 

2.服装を選ばない

パンツにもスカートにも合わせやすいというのがおじ靴。

旅行には着替えを持っていきますが、さすがに着る服に合わせて靴を履き替えることまではしたくないので、なんにでも合わせやすい靴があれば言うことなしです。

そんなわけで、何気に買ったおじ靴が想像以上に大活躍をしてくれた、今回の旅行でした。

おば靴なおじ靴

お店でいくつかのおじ靴を履いてみたのですが、イマドキの若い子が履くもので足先がスリムなものが多くて、思わず無理!と叫んでしまいました。

 

が・・・

しかし。

足の甲をすっぽりと覆う幅広タイプ、かつレースアップシューズなカタチで、しかも片足分200gというとても軽量なおじ靴を見つけたのですよ。

 

dsc03903

 

イマドキの先端が細身のおじ靴ではなく、もはやおば靴と呼んでくださってもけっこうですが、履き心地が最高に良い靴。

 

dsc03904

しかも、つま先部分が上を向いているので、歩いた時に蹴りだしやすく、ズンズン歩けるというスグレもの。

靴底には切れ込みが入っているので、歩く形に合わせて屈曲しやすく履いていることを忘れるくらい快適な靴だったのです。

 

1474370808696写真:日テレ広場時計台前(足元だけじゃわからん)

 

このおじ靴・・・もとい!おば靴で3日間東京を歩き回りましたが、雨でもへっちゃらで、かつ足も痛くならずに済みました。

 

おじ靴だと夏はちょっと暑苦しい印象がありますが、これから秋冬にはちょうどいい感じです。

旅行から帰ってきても、あまりの履きやすさに日常でもおじ靴を履いております。

 

歳をとると、見かけよりも履きやすさ重視なので、多少値段が高くても自分にとって履きやすい靴を選びたいと思っていますが、このたび買ったおじ靴・・・もとい、おば靴は、お手頃価格で大満足でした。

 

 

↑私が買ったのは、こちらのおば靴ね。

合皮が柔らかくて、何より軽くて万々歳でした。
*今は販売終了となっているようです。

 

ちなみに、東京で1日に歩いた歩数は、約1万5千歩。

ふだんの10倍!!

 

コメント

  1. Kiki より:

    おはようございます^^
    ‘おじ靴’って おもしろいですね・笑
    娘が言ってたの聞いててなるほどと思ってました。

    おばさんが履いてもおじ靴・・・って・爆
    この年になるとデザインもさることながら履きやすさにいっちゃいますよねぇ~♡

    • そらはな より:

      Kikiさんへ♪
      ネーミングひとつでなんだかおしゃれな感じになるんですね。
      しかも、おじ靴って、”おじさん”が履く靴ではなく、”おじ様”が履く靴なんですよね(;’∀’)
      おじさんでも、おっさんでも、おやじでもない、おじ靴・・・。
      なんにせよ、履物は楽ちんに限る・・・というおばさんのつぶやきでした。

  2. とかちか より:

    欲しい~~~~~!
    待ってました、こんな靴。

    サイズ感はどうですか?
    普段靴下で履く靴は何センチで、このおじ靴は何センチにしましたか?

    • そらはな より:

      とかちかさんへ♪
      私の足のサイズは、23.5cmなのですが、冬物は24cmを買うことが多いです。
      このおじ靴は24cmですが、薄手の靴下で余裕を持って履くことができ、厚手の靴下でぴったりフィットという感じでした。
      レースアップなので、多少自分の足にあわせて紐で調節できますし、幅がワイドなので小指なんかも痛くならずにすみましたよ。
      軽いのも良かったですね。足が疲れなかった。
      それでいてクッション性もあるので、都会のコンクリートも直に響いてこなくて、履き心地抜群でした。
      カーニバルジョイの靴って、今まで安物のその場しのぎ的なイメージでしたが(←すごい失礼)機能性に優れているというのも今回の発見でした。

  3. ルリネコ より:

    そらはな様
    25センチまであるんですね。でも、今時珍獣ですが、楽天で買い物したことないんです。リアルか、生協の通販。どっかで、おじおば靴を探しますね。ちなみに足は、25かちょい上です。164センチなのにね。

    • そらはな より:

      ルリネコさんへ♪
      私が買ったおじ靴は、イオンで買ったのですよ~。
      靴だけは実際に履いてみないとよくわからないので、必ず店舗で履いてみて、気に入れば自宅でPCをチェックして、ネット価格と比較します。
      で・・・、安いほうを買う・・・ということをやっています(^-^;
      カーニバルジョイの靴は、お店でもよく見かけるので、売っているかもしれませんね。
      身長164cm!!うらやましいです~。

  4. えりあママ より:

    まぁオシャレなおじ靴だこと!
    そらはなさん似合うだろうなぁと想像を巡らせました。
    甘めコーデの外し技ですね〜
    私が履くとホントのおじさんになるだろうなぁ
    と安易に想像できますわ

    • そらはな より:

      えりあママさんへ♪
      うはははは!(^^)!
      甘めの外しコーデとは、よくご存じで!
      いやいや、えりあママさんもおじ靴どうぞ\(^o^)/
      もうこの歳になれば、おじさんだろうとおっさんだろうと、履きやすさ第一です。

  5. とかちか より:

    往復夜行バス(とっても空いてて行きも帰りも隣りは空席!)で「ノートルダムの鐘」を鑑賞してきました。
    朝8時から夜22時半まで歩いて歩いて歩いて。
    この靴、頼もしかったです。最高です。
    どっこも痛くない!
    迷ってる内に0.5大きいサイズが売り切れ、いつものサイズを購入。足入れはキツイんですが、入れてしまえばこっちのものw 次もこれがいいなあと思ってるんですが、大きいサイズしかなくなってました。。。

    そうそう、ノートルダムの鐘!
    嗚咽と涙が止まらなかった。観ることが出来て幸せです。
    二階の最前列で鑑賞したのですが、想像以上に良かったです。邪魔になる「頭」がない!wストレスフリーでした。表情もしっかりと見ることができました。

    • そらはな より:

      とかちかさんへ♪
      開幕早々、行かれたんですねー!
      いやぁー、うらやましい!!
      東京は歩きますよねー。田舎では考えられないほど、歩きますよねー。
      で、おじ靴、全然痛くないでしょ!?
      私も今の靴がダメになっても、また同じのが欲しいのですが・・・製造しないのかなー。
      あ!
      ノートルダムの鐘は、春に観に行きますが、今回は初の2階席最前列なんですよ。
      前にジャマになるものがないっていいですよね。
      上から見下ろす感じも、気になりませんでした?
      こりゃ楽しみだわぁ~\(^o^)/

  6. とかちか より:

    どうしても岡村美南さんのエスメラルダを見たかったんです。開幕してすぐなら絶対そうだとおもって。
    チケット取るのに三時間かかりましたw

    余りの見易さに見下ろす感じは気になりませんでした。
    舞台まで近くていいですよ。

    • そらはな より:

      とかちかさんへ♪
      ああー、わかります、わかりますとも!
      岡村エスメラルダ、絶対いいですよねー。
      2階席の最前列は、ちょうど1階席の12列くらいですよね。
      だから、ちょうどいい距離感だなーと思っていたのですが、上から観る感じがイマイチ踏み切れなくて。
      でも、とかちかさんのお話を聞いてよかったです!
      早く雪が溶けて春がこないかなー。(まだ冬は始まったばかりなのに)