果樹園農家のレストラン【しらかみカフェ】はランチも梨づくし

スポンサーリンク

梨のおいしい季節です。
さて、以前からずっと行きたいと思っていた「しらかみカフェ」へ行ってきました。

ここは梨農家さんが経営するカフェなので、梨の収穫時期である今がまさに旬。
自家製・地場産食材にこだわったランチとスィーツは、梨農家さんならではのメニューで、とてもおいしかったです。

スポンサーリンク

果樹農家のレストラン しらかみカフェってこんなところ

しらかみカフェの「しらかみ」は、白神山地から命名されたのでしょう。
世界遺産に登録された白神山地を遠くに、そしてローカルな五能線が走る田んぼが一望できる場所に、しらかみカフェは建っています。

 

この日はあいにくの曇り空ですが、店内の窓からの眺めはこんな感じ。
遠くに見えるのが白神山地。
運が良ければ、裾野を五能線の列車が走る姿も見ることができるかもしれません。

 

ゆったりした時間が流れるそんな店内は、ゆっくりおしゃべりが楽しめる落ち着いた空間。

100年以上続く笠原果樹園の一角にあり、旬にこだわったランチがいただけます。

旬にこだわった食事って大好き!
だって、旬な食材ってその時期にしか食べられないもの。
これぞ究極の贅沢品だと思うんですよね。

スポンサーリンク

しらかみカフェでランチとスィーツ

旬な食材をいかしたメニューですから、季節によってランチメニューも変わるのでしょう。
10月のある日のメニューはこんな感じです。

 

【しらかみカフェランチメニュー】(税込)
▪ハンバーグランチ(自家製トマト味フルーツソース) 1,200円
▪ポークソテーランチ(自家製バジル味フルーツソース) 1.320円
▪フルーツカレー(梨のコンポート入り) 1,300円
▪梨とキキョウの薬膳パスタ(八峰町のキキョウの根) 1,600円
▪あわびのスープパスタ  1,780円
▪鯛のムニエルランチ   1,580円
▪ミックスピザセット   1,200円

さらに、デザートは2品。
梨のタルトと、梨のブリュレ。
単品で頼むと380円ですが、ランチと一緒だと280円で食べられます。

むむむむ。
全部食べてみたい!
さんざん迷ったのですが、ハンバーグランチにしました。
自家製トマト味のフルーツソースってどんな味なのか、食べてみたかったんですよね。

 

ボリュームとしては女性向け。
男性にはちょっと物足りないと思われます。

しかし、サイコロ状に細かく刻んだ野菜が入ったコンソメスープは、素材を活かしたやさしいお味。
ミョウガとピーマンの佃煮なんて、全然クセがなくてものすごく食べやすい。
マッシュポテトは、甘さ控えめでおいしい。

 

そして、ハンバーグのトマト味フルーツソースは、トマトの酸味とフルーツのほんのりとした甘みで、とってもさっぱりとしたソースです。
フルーツは梨。
梨農家ですもんね。そして今が旬の梨ですもんね。
梨をすりおろして作ったと思われるソースは、ハンバーグの肉感をとっても軽いものにしてくれて、いくらでも食べられます。

ハンバーグの脇には梨のコンポートが添えられていて、一緒にいただくと口の中の脂を中和してくれました。
こんなにさっぱりとしたハンバーグは初めてでした。

 

友人が頼んだのは、梨とキキョウの薬膳パスタ。

パスタの上にのっかっているキキョウの根は、しらかみカフェのある八峰町の特産品。
実は、あの有名な龍角散の商品で使われているカモミールやキキョウなどの生薬は八峰町で栽培されているんですよね。

パスタの周囲は大胆にも梨のコンポートが囲み、インパクトのあるパスタです。

 

デザートのクリームブリュレの下には、もちろん梨が入っていました。

こちらはタルト。
もちろん梨の。

めちゃくちゃ満足。
ランチにデザートをつけたら1,480円と、そこそこいいお値段ですが、一品一品がものすごく丁寧に作られているのがわかるので、心も満足したおかげでしょう。

ランチを作る笠原果樹園の奥さんは、「梨のソースは、好みが分かれるところなので、苦手な方もいるんですよね」と、おっしゃっていましたが、私はどれもこれもおいしかったです。

梨のハンバーグやパスタなんて、自分では絶対に作ろうと思わないし、作らないし、作れないし。
外食は、家では食べられないものを食べるからこそ、価値があるんだよねぇ。

 

 

【しらかみカフェ】
住所:秋田県 山本郡八峰町峰浜水沢字家ノ下谷地38-4
電話番号:0185-76-3715
営業時間:11:00~16:00
定休日:火曜日
笠原果樹園HP:http://www.shokokai.or.jp/05/0534714032/index.htm

なお、お店ではカードが使えません。
梨の収穫が落ち着く冬頃までにはカード払いを導入したいそうです。

「ジャ、イデスゥ~!(某CMのデビットジャガー)って、出て行かれないようがんばります!」
と、話していたお店の奥さんは、とっても話しやすくて気さくなお方でした。

 

スポンサーリンク

感化された晩ごはん

さてさて、その日の晩ごはんは、カレー。

しらかみカフェでいただいたミョウガの佃煮に感化されて、自分でも作ってみたゴーヤとミョウガの佃煮。
もちろんビーフカレーには、すりおろした梨入り。
ドレッシングも梨をすりおろして入れています。
デザートは、笠原果樹園で買ってきた梨。

外食でおいしいものを食べると、脳が刺激されてとってもいい!
おうちごはんも、あれこれやってみたくなるから、たまには外食もいいものです。

 

コメント

  1. 水仙 より:

    行ってみたいお店ですね。少し遠出になりますが。お店の方のお人柄の垣間見れて興味がわきます。
    話は変わりますが、最近イオンラウンジ行かれたことありますか?久々利用してびっくりしました。お皿がない、つまりお菓子(2個)をトレーにボンとじか乗せ&紙コップ。
    この紙コップでコーヒーもジュースもすべて飲めというのです。
    がっかりしました。他も全部こんな感じに経費削減しているのでしょうかね?

    • そらはな より:

      水仙さんへ♪
      えー!
      イオンラウンジ、そんな風になってしまったんですかー!
      私も1年くらい利用していないかも・・・。
      ドリンクは、以前はガラスコップとコーヒーカップがあったと思うのですが、それらもなくなってしまったんですか?
      紙コップひとつで?
      なんだか本当にガッカリですね。
      いくら無料でお茶ができるとはいえ、ラウンジ感がゼロであっては、利用する気にもなりませんねぇ・・・。

      そうそう。
      カフェは、地元の特産品を利用した、そこでしか味わえないものを出してくれるのが最高のおもてなしだと思います。
      えーっと、仙北に住んでいる友達が、「ごましお」というお店もいいよ!って話してたので、いつかそこにも行ってみたい。

  2. ゆきこ より:

    イオンラウンジネタに反応しました。
    近所のラウンジも、お菓子のお皿は大人数のみですね。子連れとか。
    コップはまだコーヒーカップなので、紙コップにびっくり!
    徐々にそうなっていくのかしら?
    今日行ってきたばかりです笑。

    こちらも梨の産地です。お高いけどね。
    梨カレー、作ってみようかな。

    • そらはな より:

      ゆきこさんへ♪
      なんと!聖地のイオンラウンジも経費縮小傾向にあるのですねー!
      これもイオンを維持するためには必用なことなのでしょうけど、なんだか寂しいですね。
      梨がおいしい季節で、いろんなものもおいしい季節で困っちゃいます(#^^#)

    • かなた より:

      こんばんは!
      梨、美味しいだろうな!(*^^*)
      と夜中にお邪魔いたします。今年は台風が多いせいかこちらではあまり梨がとれず(風で落ちてしまったそう)毎年行く梨園も残念ながら閉店(直営店がこの辺もあります)でした。
      あ、あと、ラウンジ!
      まだまだイオンゴールドカードホルダーになれないので、ご報告できないでいますが、そうなんですね!
      紙コップ、寂しいです…

タイトルとURLをコピーしました