消費税が10%になる前に買おうと思っているもの 増税こそ節約のチャンス

スポンサーリンク

2019年10月、消費税は10%となる予定です。
今回の増税は、「軽減税率」を取り入れているというのが、大きな特徴ですよね。

食料品などの生活に直結するものは、税率を8%に据え置くというものですが、それでも増税前にはマスコミなどのメディアに煽られて、買いだめする人が多そうだな・・・と思っています。

増税前に買っておくとよいものをまとめ、それが本当に我が家にとって必要かを考えました。

スポンサーリンク

消費税10%になるけれど実質は

消費税が10%になると聞いてから、何度延期を繰り返してきたでしょう。
それでもついに2019年10月には、消費税が10%となるのは間違いないようです。

10%と聞くと、ちょっと「おっ!?」と思う税率ですよね。
1万円のものを買えば、消費税は1,000円、5万円のものを買えば消費税は5,000円となるのですから、けっこうな比率です。

しかしですよ。
いきなり0から10になるわけではなく、現在8%の消費税が10%になるわけですから、実質2%のアップになります。

例えば、我が家の食費は月に3万円とするならば、これまで2,400円の消費税を払ってきたのが、3,000円となるわけで、600円の上乗せということになります。
1か月600円の負担増ならば、どこかで無駄を削ればプラマイゼロにできそうな金額です。

軽減税率導入で

ところが、今回の消費税アップは、軽減税率を取り入れています。

【軽減税率対象品目】
■酒類と外食を除く飲食料品
■週2回以上発行される、定期購読契約に基づく新聞
ややこしいのが、外食やケータリングは消費税10%になるけれど、テイクアウトや出前は8%で据え置かれるということ。
政府広報オンライン https://www.gov-online.go.jp/tokusyu/keigen_zeiritsu/
お米や野菜、精肉、鮮魚などの食料品は、消費税8%のままですから、これまで通りおうちごはんを楽しむほうが良いということですね。
子どもたちが家を出てからは、私も友達と宅飲みをすることが多くなりましたが、お店で閉店時間を気にしながら飲むよりも(←閉店まで居座る気満々)、スーパーでお惣菜を買ってでも、自宅でまったりゆっくり飲んだほうが得策です。
というわけで、軽減税率の導入で、家計に直結する食費のアップは免れそうです。

消費税10%となる予定のもの

では、我が家の家計に直結するもので、消費税が10%になるものにはどんなものがあるのか調べてみました。

■日用品、衛生用品
■酒類(ビール、ワイン、日本酒、本みりん、料理酒など)
■ペットフード
■クリーニング
■ガソリン、灯油
■水道、電気、ガス料金
■医薬品、医薬品に該当する栄養ドリンク
■旅行代理店などのパックツアー、航空券
その他、駅やコンビニで販売される新聞も、消費税が10%となります。
軽減税率が適応となるのは、定期購読の新聞ですもんね。

増税こそ節約のチャンス

以前、消費税が5%から8%にアップする時、テレビなどでは「買い溜めしておくとお得なもの」と毎日のように煽ってくれました。

その時のことを、ちゃんとブログに記していたんです、私。

【増税こそ節約のチャンス】
さて、毎月日用品にかかる5,000円。
消費税が8%になると、単純に150円アップすることになります。

わずか150円なんですよね。
この150円分は、例えば洗剤をドバドバ入れたりせずに(←過去の私)きっちり必要量だけ使ったり、ペーパー類も無駄にバカバカ使ったりせずに(←同じく私)、ちょっとだけ意識することで、減らせる金額なんです。

増税前セールに踊らされることなく、平常心でいつもの通りに買い物をする。
そして何事も丁寧な暮らしを心がけることによって、増税後でも変わらずに生活できると思うのです。

自分の家計が、何にどのくらいお金をかけているかを知ることも、消費税増税に負けない土台のしっかりした家計が築けるはずです。

消費税増税は、家計を見直す機会であり、シンプルで丁寧な暮らしをしたいと望む私にとっては、まさに最大の節約のチャンス到来です。
日用品費も、今後は月5,000円以内におさまるように買い物したいと思っています。

増税前にやることはまとめ買いではない
人間って、必要以上にモノがたくさんあると、気持ちが大きくなって使い方も雑になるんだとか。増税前のかけこみセールで、たくさんのまとめ買いをすると、逆に安心感からどんどん使ってしまいがち。(←私)節約のためにまとめ買いしたはずなのに、まとめ買いは節約にはならないこともあるかもしれない。...
5年前のことなのですが、今でもまったく気持ちに変化がないというのが、成長していないのか、気持ちにブレがないのか・・・どちらでしょう。

増税前に意識して買いたいもの

結局、増税となろうが軽減税率で据え置きになろうが、自分の家計は自分で守るしかないのですよね。
他所の家計と比べてもしかたがないことですし、比べるべきは過去の我が家の家計だと思っていますから。

そんな私ですが、増税となる前の月にいつもよりちょっとだけ多く買い溜めしようと思っているものがあります。

1.本みりんと料理酒

食料品や調味料は消費税8%のままですが、本みりんと料理酒はアルコールに含まれるため、10%になるのです。
なので、これらはふだんよりも少し多めにストックしておこうと思っています。

ちなみに私はお酒は飲まないので、夫が飲むお酒は夫が自分のおこづかいでチビチビ買ってきています。
夫には、「9月中にお酒をまとめ買いしたら?」と囁いておきます。(笑)

2.日用品類

我が家の日用品費は、月平均3,000円弱。
消費税2%のアップでは、わずか60円増える程度ですが、トイレットペーパーなどは腐るものでもないので、いつもよりプラスひとつ多めに買っておこうと思います。

3.ガソリンの給油

9月下旬に、満タンに給油しておくくらいでしょうか。

4.旅行のパックツアー

10月以降に予定があれば、9月中には決済を済ませておくのが得策ですね。

 

消費税がアップになって、一番の節約方法は、無駄買いをしないこと。
これに尽きます。

結局、増税後は消費が一時的に落ち込むため、増税還元セールと称して意外と安く買えたりもするので、必要なものを必要なだけ買うというのが、一番の賢い対策になるのでしょうね。

コメント