スポンサーリンク

とうもろこしご飯はバター醬油味が好き!

家庭菜園のとうもろこしがようやく収穫時期を迎えました。
採りたてのとうもろこしは、甘くて本当においしい。

そんなとうもろこしを使って、とうもろこしご飯を作ります。
味付けは醬油とバターでコク旨。

バターでコーティングされているとうもろこしご飯は、冷凍保存してもおいしいです。

スポンサーリンク

とうもろこし収穫

今年はとうもろこしの追肥や害虫対策も万全(にやったつもり)です。
さらに7月に入ってからの高温で、とうもろこしもスクスク成長しました。

とうもろこしは、収穫したとたんおいしさがどんどん下がっていきます。
なので、採れたてをすぐに食べると、びっくりするほど甘くておいしいのです。

 

 

朝、畑で採ったとうもろこしは、レンチンしてすぐに食べるのが一番おいしい。
こんな贅沢な食べ方ができるのも、家庭菜園ならではです。

そして、他のとうもろこしですぐにとうもろこしご飯を作りました。

スポンサーリンク

バター醬油のとうもろこしご飯の作り方

とうもろこしの旨味を活かすために、味付けはお酒と塩だけというのもありますが、私は断然バター醬油派。
バターを絡めると、冷凍してもおいしいのです。

【とうもろこしご飯の材料】
・お米2合
・とうもろこし2本
・料理酒 大さじ2
・醬油 大さじ1
・コンソメ顆粒 小さじ1
・塩 小さじ1/2
・バター 20g

作り方はいたって簡単です。

いつものようにお米を研いで2合の目盛りまで水を入れたら、バター以外の調味料ととうもろこしを入れて炊くだけ。

とうもろこしの芯も一緒に入れて炊くと、とうもろこしの香りもアップするのでお勧めです。

 

炊きあがったら、芯を取り除いてバターを入れてよく混ぜたら完成。

 

バターでコーティングされたとうもろこしご飯は、コク旨でおいしい。
これを冷凍すると、さらに味がなじんでおいしいです。

 

なお、とうもろこしの実を取るときは、包丁でくるりと一周するような感じでむき取っています。
包丁でとうもろこしをむくことで、粒の芯が入らず、食べた時の食感も良いと思います。

 

お店でとうもろこしを買うと、収穫してから時間も経っているので、甘さも半減していると思うんですよね。
また、自分でとうもろこしを育てなければ、とうもろこしご飯まで作りませんから、庭菜園をやっていると食生活が豊かになるなぁ・・・と改めて思います。

 

知らなかった!ヤングコーンはこうしてできる!
ヤングコーンが好きです。 缶詰とか瓶詰になったミニサイズのとうもろこし。 そのヤングコーンは、そういう種類のとう...

ヤングコーンが食べられるのも家庭菜園ならではです。

 

コメント