お金を貯める意味 先取り貯蓄を投資信託積み立てに変えた

スポンサーリンク

毎月確実にお金を貯める方法は、先取り貯蓄をすることだと言われています。
お給料が出たら、すぐに預金する額を取り分けて、銀行に預けてしまうのです。

毎月余ったお金を貯蓄に回すのではなく、最初からなかったものとして貯蓄する。
こうすることで、うっかり使ってしまうことのないようにする方法が先取り貯蓄です。

この先取り貯蓄の一部を、一昨年から投資信託積み立てに変えました。

スポンサーリンク

財形貯蓄

夫が以前勤めていた会社では、財形貯蓄をしていました。
毎月一定額が給料から天引きされるので、最初から手取りの額で予算を組むことになります。

そもそも財形貯蓄には、一般財形貯蓄、財形住宅貯蓄、財形年金貯蓄とありますが、夫のそれは自由に解約ができたので、一般財形貯蓄だったのでしょう。(当時はわかっていなかった)
自由度が高い分、金利はさほど高くないのですが、それでも銀行に預けるよりはまだマシで、強制的にお金を貯める仕組みを作ることができました。

我が家は、夫の財形貯蓄を車の購入資金に充てていました。

スポンサーリンク

目的別積み立て

我が家の家計管理は、目的別にすべて振り分けて積み立てをしています。

自動車税や自動車任意保険、各種保険代など年払いのものは、12か月で割って一定額を毎月口座に積み立てています。

医療費や交際費、被服費など、その月によって変動するものも、1年間にかかるおおよその金額の見当をつけて、12か月で割って毎月積み立て。

さらに、食料品や日用品、携帯電話料金も毎月かかる額はだいたいわかるので、これも一定額を口座へ入金。
子どもにかかる費用も、すべて積み立て。

手元で現金管理するものは、私のおこづかいと予備費のみ。
なので、財布の中はいつもスッキリしています。

こうした目的別積み立てをすることで、出費が多かった月も少なかった月も、精神的にはストレスなく支出することができます。
こういうのも、先取り貯蓄の一種かなと思っています。

スポンサーリンク

投資信託積み立て

夫が転職した現在は、財形貯蓄はやっていません。
そのため、毎月お給料が出ると、一定額を取り分けて貯蓄する先取り貯蓄をしていたのですが、一昨年からこれを投資信託積み立てへと変えました。

投資信託とは、多くの方から集めたお金を、プロの方が株や債券を売買しお金を増やしていくというもの。
さらに、毎月数千円から積み立てて投資することのできる投資信託積み立てというものもあります。

株や債券は、世界の経済情勢によって上がったり下がったりしていますが、10年以上の長いスパンで積み立てると思えば、じっくりお金を育てていくという意味では貯めやすい。

一昨年から始めた投資信託積み立ては、元本割れした時期もありましたが、現在はじわじわと値上がりをしており、トータルリターンは15%プラス。
例えば、2年間で100万円を積み立てたとすると、現在は115万円に増えているということです。

銀行の定期預金ではもはやお金はまったく増えませんから、「お金の運用」というのも勉強していかなければならないのだなぁ・・・・ということを、この歳になってわかったりもしています。

スポンサーリンク

貯めることが目的ではない

お金は使ってナンボだと思っています。
ひたすら貯めても、あの世には持っていけませんし、貯めることが目的になってしまっては、なんだかむなしい。

ただし、日本人の平均寿命が男女ともに80歳を超えた今、自分が何歳まで生きるのかもわからないのだから、老後資金としていくらあればいいのかなんて、本当のところわからないのですよね。

毎日を堅実に暮らし、人と比べることなく身の丈にあった生活をし、そしてたまには旅行もしたいし、時には劇団四季も観に行きたいし、時々は劇団四季も観たいし、たまにはミュージカルだって観てみたいし。(←こればっか)

今年も、毎日を丁寧に大切に暮らしていきたい。
目的を持ってお金を貯めて、目的を持ってお金をつかいたい。
限られた収入と、人生という限られた時間しかないのですからね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました