次の日のカレーのリメイク焼きカレーをおいしくさせるひと手間

スポンサーリンク

次の日のカレーが一番おいしいって言うけれど、たいてい次の日は焼きカレードリアにリメイクします。
というのも、カレーを食べた翌日のお昼は、職場にカレーを持参し、さらに夜帰ってからもカレーライスじゃ、さすがに飽きるからなのです。

さて、今まで焼きカレードリアを作ると、どうにもご飯の部分がイマイチおいしいと思えなかったのですが、今回はとってもおいしい焼きカレードリアを作ることができました。

スポンサーリンク

焼きカレードリアのつくり方

お皿に白いご飯を入れて、その上にカレーを乗せて、真ん中に卵を入れて、周囲に溶けるチーズをのっけて、オーブンで焼く。
こんな感じで、焼きカレードリアを作っていました。

カレーにチーズがトロリと溶けて、それが半熟状態の卵とまざって、マイルドなおいしさが絶品です。
しかし、底から出てくるご飯が、イマイチ味気ないというか・・・。

そこで今回は、ご飯にもちょっとひと手間加えてみることにしました。

 

温かいご飯にバターを混ぜて、ご飯粒をコーティングします。

 

そこへ牛乳を投入。
ご飯全体がしっとりする程度に(けっこう適当な分量)。
マジックソルトがあったので、全体に振って混ぜました。

 

牛乳は、ちょっと多いかな?くらいに入れても、ご飯が牛乳を吸うので、ちょうど良い感じになりました。(ご飯は押し麦入り)

 

カレーをのせて、真ん中に卵をのせて、最後にチーズをのせて、オーブンで焼きます。

 

焼きカレードリアの完成です。

ご飯はパサパサせずにしっとりしていて、それがカレーとチーズと卵と混ざりあって、食感に統一感が生まれ、とってもおいしく出来上がりました。

ただの白いご飯で作るよりも、ちょっとしたひと手間で美味しさがアップするんですね。

以前は、大きな鍋にカレーを作っても、あっという間になくなっていましたが、夫と2人暮らしになったらカレーも持て余すようになりました。
その日食べきれる量を作るのが理想的だけど、余ったものもリメイクしておいしく食べる工夫も、今後はもっと必要となるんだろうなぁ。

料理は、工夫と手間と愛情なのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました