家庭菜園で獲れた夏野菜の冷凍保存方法 理想は冬を越すことだけど・・・

家庭菜園で作る夏野菜は、毎日食べる分だけ均等に収穫できるわけではありません。
採れない時にはひとつも採れないけれど、採れる時にはたくさん採れる。
せっかく収穫できた野菜たちを、無駄なく食べるためにも、今年は冷凍保存を試みることにしました。

スポンサーリンク

野菜を冷凍するときのポイント

ほとんどの野菜って、冷凍保存できるんですね。
野菜は、急速冷凍することで、味や食感を損なわずに冷凍保存することができます。
我が家の冷蔵庫にも、急速冷凍できるスペースがあるので、なるべく利用するようにしていますが、冷凍するさいのポイントは以下の通り。

①野菜についた水分はキッチンペーパーなどでしっかり拭き取る
②冷却効率を上げるため、平たくして冷凍する
③熱伝導の良いアルミのバットの上で冷凍する
あとは、どういった形で食べるのか、切り方を考えて冷凍します。

ミニトマトの冷凍保存

ミニトマトって、素人が育ててもわんさか収穫できますよね。
今年は、テントウムシダマシが大発生したこともあり、ミニトマトの収穫はイマイチでしたが、それでも食べきれないものは冷凍保存しました。

ミニトマトは、洗ってヘタを取り、そのまま皮つきのまま丸ごと冷凍します。

冷凍したミニトマトは、水につけるとペロンと皮を剥くことができるので、湯剥きをするよりずっと簡単です。

湯むきよりも氷むき ミニトマトの皮がペロンと剥ける冷凍ミニトマト
ミニトマトは、皮が固いのが難点。 時間があれば熱湯にくぐらせてから、氷水につけて皮を湯むきするのですが、これもけっこうな手間がかかります。 そこで氷むき。 凍らせたミニトマトを水につけると、これまたペロンと皮がむけるので、...

すぐに食べる時は、マリネ風にするとおいしいです。

また、トマトソースを作って、パスタやピザに使うと絶品。
昨年は、夏に収穫したミニトマトを、冬になってからトマトソースを作りました。
冷凍ミニトマトは、味が落ちることなく使えて便利です。

ミョウガの冷凍保存

ミョウガは生のままスライスして冷凍保存します。

毎年、春がくるまで小出しにして使います。
冷凍ミョウガは、ほとんど味噌汁に入れて使いますが、冷凍のまま一掴み鍋にいれて、ひと煮立ちさせるだけで、味噌汁の味がグレードアップするから好き。

ピーマンの冷凍保存

今年は、初めてピーマンを縦半分に切って冷凍しました。

今までも冷凍保存したことはありましたが、全部細切りにしていました。

ピーマンを2つに切って冷凍すると、ピーマンの肉詰めも作れるし、焼きそばや野菜炒めの時も好みの大きさに切って使うことができて、便利だなぁと思いました。

ズッキーニの冷凍保存

今年はズッキーニも冷凍保存してみることにしました。

5mmくらいの厚さにカットして、生のまま冷凍します。
冬にラタトゥイユを作りたい。

きゅうりの冷凍保存

きゅうりが冷凍保存できるなんて知りませんでした。
ただし、生のままではなくスライスして塩もみして、水気をぎゅーっとしぼってからの冷凍です。

ポテトサラダや酢の物として使いたいと思います。
切ったり、塩もみする手間が省けていいですね。

ミツバの冷凍保存

春に、畑に勝手に生えてくるミツバですが、なんとその時の種がこぼれて、今頃またミツバが生えてきました。
ミツバの香りはとてもいいので、あれば味噌汁などに入れていますが、どうにか保存できないものかと調べたら、なんとミツバも冷凍保存できるらしい。

Cpicon ひと手間でパラッと三つ葉を冷凍保存♪ by ぴよぴよ818

料理にちょっと色どりが欲しい時など、便利ですよね。
香りがいいのもミツバならではですが、果たして冷凍保存したものはどんなもんでしょ?

野菜の冷凍保存の期間

冷凍庫がものすごく充実したラインナップになっています。
これらの冷凍した野菜の保存期間は、1か月程度とされていますが、私は冬までかかって消費するつもりです。

もちろん風味も味も落ちると思いますが、ないよりはあると便利程度に考えて使います。
ちなみに昨年も、ミニトマトやミョウガは春までかかって食べていましたが、おいしかったですよ。
果たして今年初挑戦の、ズッキーニやキュウリ、ミツバはどうなるかなぁ。
楽しみです。

理想は冬を乗り越えることだけど

以前テレビでみた70代のご夫婦は、山の中のポツンと一軒家で暮らしていました。
お店のある山の麓まで行くには、車で30分。
冬になると、自宅までは除雪車がこないので車は使えなくなり、自宅は屋根近くまで雪が積もり完全に陸の孤島と化します。

「買い物はどうするんですか?」の問いに、「冬は一歩も家から出ません」と言っていたご夫婦。
冬が来る前に、大量に食料品を買い込んで、それで冬を乗り越えるんだそうです。

それを観て、私も夏に畑で作った野菜で、冬を乗り越えられないかなぁ・・・なんて漠然と思いました。
大きなストック用の冷凍庫があるわけでもないので、それは無理なのですが、作った野菜を無駄なく丁寧に食べるという点では理想的。
そんなわけで、今年は野菜の冷凍保存方法についてあれこれ調べたというわけです。

しかしです。
北海道で起きた大地震により、一時北海道全土で停電となったニュースを見て、大量に冷凍保存しておいても、こういう事態が起きると、逆に食材を無駄にすることになるんだなぁ・・・なんてことも思いました。
野菜や肉や魚などの生鮮食品は、食べきれる量をその都度買って食べるのがいいのか、安い時にたくさん買って、または家庭菜園で採れた大量の野菜を、上手に保存して長期にわたって食べるのがいいのか、いろいろ考えちゃいました。

北海道のライフラインが、一日も早く復旧しますように。

コメント

  1. るり玉 より:

    そらはなさん、こんばんは。

    今年は特に、気持ちが休まる時がないくらい大きな災害が続いていますね。
    日本中、安全なところは無いに等しい。。。
    色んなことを考えさせられます。
    辛い状況にある方々が安心して暮らせる日がきますように。。。今年は何度も何度も願う年になりましたね。

    そらはなさん、家庭菜園で収穫したお野菜で冬を越すなんて素晴らしい!
    きゅうりも冷凍できるなんて初めて知ったし。
    きれいに使いやすくしてある下処理は、そらはなさんらしくて几帳面に美しいわ。

    • そらはな より:

      るり玉さんへ♪
      自然災害に、人間は無力だということを思い知らされますね。
      自分の身は自分で守るすべを身につけなければならないのだということを、つくづく思います。
      家庭菜園での野菜で冬を越せたらいいなぁ・・・という願望であって、実際には無理なんでしょうけど、せっかくとれた野菜たちは大事に食べようと思います。

  2. モモンガ より:

    そらはなさん、こんにちは。
    北海道に住んでいて、6日夜中~7日の20時まで停電になりました。その際冷凍庫に野菜やご飯、生鮮食品の他にペットボトルを凍らせたものがビチビチにあったお陰で、まだ生鮮食品が手に入らない状況ですが、食べる事に不自由していません。地震前日は台風でしたので、なかなか野菜が手に入ら状況ですので、調理し易くカットした野菜の冷凍は災害時カセットコンロ調理でしたので助かりました。停電になって直ぐに新聞紙を冷凍庫に拡げて乗せたら冷気を逃がさず冷凍ものを長期保存させられたので、よろしければ頭の片隅に置いてくださいね。停電解除になりましたが、まだガソリン不足と食品レジは1時間待ちなので、私も引き続き野菜冷凍を実践します。長文で失礼いたしました。

    • そらはな より:

      モモンガさんへ♪
      こんにちは(^o^)
      北海道からの生の声を届けていただき、ありがとうございます。
      冷凍保存のおかげで、食べるものに不自由していないとは、すばらしいですね。
      そして、停電時はすばやく新聞紙をかけると、冷気が逃げませんものね。
      しかと、頭に入れておきます。
      こういう情報は、経験した人にしかわかりませんものね。
      まだまだ普段の生活に戻るまで時間がかかると思いますが、コメントいただき、逆に励まされました。