昨年冷凍保存して良かったと思った夏野菜と毎日がズッキーニ料理

スポンサーリンク

家庭菜園で作る夏野菜は、毎日食べる分だけ均等に収穫できるわけではありません。
採れない時にはひとつも採れないけれど、採れる時にはたくさん採れる。
せっかく収穫できた野菜たちを、無駄なく食べるために、昨年はいろいろな野菜を冷凍保存し、冬までかかって使い切りました。

私が、冷凍保存して良かったと思った夏野菜は、6つありました。

スポンサーリンク

野菜を冷凍するときのポイント

ほとんどの野菜は、冷凍保存できます。
ポイントは急速冷凍すること。
これにより、味や食感を損なわずにおいしさが保てます。

我が家の冷蔵庫にも、急速冷凍できるスペースがあるので、なるべく利用するようにしていますが、冷凍するさいの注意点は以下の通り。

①野菜についた水分はキッチンペーパーなどでしっかり拭き取る
②冷却効率を上げるため、平たくして冷凍する
③熱伝導の良いアルミのバットの上で冷凍する
あとは、どういった形で食べるのか、切り方を考えて冷凍します。
さて、私が昨年冷凍保存して重宝した野菜です。

ミニトマトの冷凍保存

ミニトマトって、素人が育ててもわんさか収穫できますよね。
昨年は、テントウムシダマシが大発生したこともあり、ミニトマトの収穫はイマイチでしたが、それでも食べきれないものは冷凍保存しました。

ミニトマトは、洗ってヘタを取り、そのまま皮つきで丸ごと冷凍します。

冷凍したミニトマトは、水につけるとペロンと皮を剥くことができるので、湯剥きをするよりずっと簡単です。

湯むきよりも氷むき ミニトマトの皮がペロンと剥ける冷凍ミニトマト
ミニトマトは、皮が固いのが難点。 時間があれば熱湯にくぐらせてから、氷水につけて皮を湯むきするのですが、これもけっこうな手間がかかります。 そこで氷むき。 凍らせたミニトマトを水につけると、これまたペロンと皮がむけるので、...

すぐに食べる時は、マリネ風にするとおいしいです。

また、トマトソースを作って、パスタやピザに使うと絶品。
昨年は、夏に収穫したミニトマトを、冬になってからトマトソースを作っていただきました。
冷凍ミニトマトは、味が落ちることなく使えて便利です。

ミョウガの冷凍保存

ミョウガは生のままスライスして冷凍保存します。

毎年、春がくるまで小出しにして使います。
冷凍ミョウガは、ほとんど味噌汁に入れて使いますが、冷凍のまま一掴み鍋にいれて、ひと煮立ちさせるだけで、味噌汁の味がグレードアップするから大好きです。

ピーマンの冷凍保存

昨年、初めてピーマンを縦半分に切って冷凍しました。

今までも冷凍保存したことはありましたが、全部細切りにしていました。

ピーマンを2つに切って冷凍すると、ピーマンの肉詰めも作れるし、焼きそばや野菜炒めの時も好みの大きさに切って使うことができて、便利だなぁと思っての縦半分切り。

結局、冷凍ピーマンで肉詰めは作らなかったのですが、焼きそばに入れるために細切りにしようとしたところ、砕けました。

やはりピーマンは、細切りにして冷凍保存したほうが良いということがわかりました。

ズッキーニの冷凍保存

昨年はズッキーニも冷凍保存しました。

5mmくらいの厚さにカットして、生のまま冷凍。

冷凍ズッキーニで、ラタトゥイユやドライカレーを作りましたが、いずれも細かく刻むので、最初からサイコロ状に切ってから冷凍したほうが良かったです。

きゅうりの冷凍保存

きゅうりも冷凍保存しました。
ただし、生のままではなくスライスして塩もみして、水気をぎゅーっとしぼってからの冷凍です。

きゅうりの冷凍保存なんてイマイチだよなぁ・・・なんて半信半疑でしたが、これが意外と重宝しました。

使い道は、ほぼポテトサラダの具。
彩り程度に少しあればいいので、冬のきゅうりが高騰した時期には、大変助かりました。

今年もきゅうりを冷凍保存します。

ミツバの冷凍保存

ミツバは春に生えてきますが、その種がこぼれて、秋にも再び出てきます。
昨年は、ミツバも冷凍保存してみました。

Cpicon ひと手間でパラッと三つ葉を冷凍保存♪ by ぴよぴよ818

冷凍したミツバは、もろく儚いもので、味噌汁に入れて香りを楽しむ程度なら、十分でした。

野菜の冷凍保存の期間

冷凍した野菜の保存期間は、1か月程度とされていますが、私はお正月過ぎまで使っていました。

もちろん風味も味も落ちますが、ないよりはあると便利程度。
特に、ミニトマトやミョウガは春までかかって食べていましたが、おいしかったです。

結局、冷凍保存した野菜は、煮込み料理が一番おいしくいただける方法だと思います。
煮込んでしまえば、多少の食感の悪さや風味が落ちるのも、ほとんど気にならなくなります。
なので、今年はズッキーニやピーマンも、最初から煮込み用に細かく刻んでから冷凍しようと思っています。

ズッキーニ料理

6月中旬になってから、ズッキーニが毎日1本は収穫できるようになりました。
友人たちにも配ったりしていますが、消費が間に合いません。

かといって、今から冷凍するのもなぁ・・・と思い、せっせと毎日食べています。

ズッキーニのナムル

ズッキーニのナムルは、ゴマ油と鶏ガラスープの素で。

 

ズッキーニと豚肉

ズッキーニと豚バラ炒めは、豚肉の脂がズッキーニに絡んでおいしい。

 

ズッキーニと鶏肉のソテー

単純にズッキーニと鶏肉を素焼きにして塩コショウで味付け。
これがなかなかイケる。

 

ズッキーニのナムル

またナムルかーい!
でも、こちらのベースは鶏ガラスープの素ではなくて、昆布茶です。

 

ズッキーニのグラタン

ズッキーニとシーチキンにマヨネーズを混ぜてチーズをのせて焼いただけ。
これもおいしい。

 

ズッキーニのポン酢焼き

ハンバーグの付け合わせにしたズッキーニは、ポン酢に砂糖少々。
照りが出ておいしいです。

 

ズッキーニのサラダ

ナスの一番果を摘み取ったので、ズッキーニと一緒に水菜とシーチキンであえました。
ごま油とにんにくのすりおろしにお醤油少々。

 

ズッキーニの漬物

黄色いズッキーニをいただいたので、漬物風にしてみました。
醤油とお酢と砂糖を1:1:1の割合で。

他にどんな食べ方があるかなぁ。

あ!
そろそろカレーにしよう!

毎日のズッキーニの収穫は、こちらにまとめています。

ズッキーニ収穫記録 更新中
2019年6月25日㈫ 曇りのち晴れ最高気温 24℃ 最低気温18℃

 

*この記事は2018年9月にアップしたものを加筆修正しました。

 

コメント

  1. るり玉 より:

    そらはなさん、こんばんは。

    今年は特に、気持ちが休まる時がないくらい大きな災害が続いていますね。
    日本中、安全なところは無いに等しい。。。
    色んなことを考えさせられます。
    辛い状況にある方々が安心して暮らせる日がきますように。。。今年は何度も何度も願う年になりましたね。

    そらはなさん、家庭菜園で収穫したお野菜で冬を越すなんて素晴らしい!
    きゅうりも冷凍できるなんて初めて知ったし。
    きれいに使いやすくしてある下処理は、そらはなさんらしくて几帳面に美しいわ。

    • そらはな より:

      るり玉さんへ♪
      自然災害に、人間は無力だということを思い知らされますね。
      自分の身は自分で守るすべを身につけなければならないのだということを、つくづく思います。
      家庭菜園での野菜で冬を越せたらいいなぁ・・・という願望であって、実際には無理なんでしょうけど、せっかくとれた野菜たちは大事に食べようと思います。

  2. モモンガ より:

    そらはなさん、こんにちは。
    北海道に住んでいて、6日夜中~7日の20時まで停電になりました。その際冷凍庫に野菜やご飯、生鮮食品の他にペットボトルを凍らせたものがビチビチにあったお陰で、まだ生鮮食品が手に入らない状況ですが、食べる事に不自由していません。地震前日は台風でしたので、なかなか野菜が手に入ら状況ですので、調理し易くカットした野菜の冷凍は災害時カセットコンロ調理でしたので助かりました。停電になって直ぐに新聞紙を冷凍庫に拡げて乗せたら冷気を逃がさず冷凍ものを長期保存させられたので、よろしければ頭の片隅に置いてくださいね。停電解除になりましたが、まだガソリン不足と食品レジは1時間待ちなので、私も引き続き野菜冷凍を実践します。長文で失礼いたしました。

    • そらはな より:

      モモンガさんへ♪
      こんにちは(^o^)
      北海道からの生の声を届けていただき、ありがとうございます。
      冷凍保存のおかげで、食べるものに不自由していないとは、すばらしいですね。
      そして、停電時はすばやく新聞紙をかけると、冷気が逃げませんものね。
      しかと、頭に入れておきます。
      こういう情報は、経験した人にしかわかりませんものね。
      まだまだ普段の生活に戻るまで時間がかかると思いますが、コメントいただき、逆に励まされました。