振込手数料ほど無駄なものはない 子どもが大学生になる前に開設したいSBIネット銀行

今月末は、次男の大学授業料後期分の納付があります。
次男名義の口座からの引き落としになるため、期日までに次男の口座へ授業料を入金しておかなければなりません。
うっかりと忘れっぽい私は、銀行に自動入金予約をしているので、大丈夫。
手数料無料でめんどうな操作を自動的にやってくれるすみしんSBIネットバンクは、本当に助かります。

スポンサーリンク

すみしんSBIネットバンクの使い方

1.毎月の家賃・仕送り自動入金

次男名義のゆうちょ口座へ、毎月指定した日にちに自動で入金するシステムを作っています。
夫の給料は月初めに口座へ振り込まれるので、私が仕事が休みの日にお金を引き出して、次男への仕送りと家賃分のお金を、私名義のSBIネットバンクへ入金しておきます。

あとは、月末の指定した日にちに自動的に次男のゆうちょ口座へ振り込んでくれるのが、SBIネットバンクの定額自動振込サービスなのです。
次男のゆうちょ口座からは、家賃が引き落としされ、残りは次男の生活費となります。

2.大学授業料の自動入金

次男の大学の授業料は、年に2回前期分と後期分に分けて納入しています。
前期分は4月末、後期分は10月末に、次男名義のゆうちょ口座から引き落としされるように手続きをしています。

引き落としされる授業料は、267,900円。大金です。
忘れないようにと、あまり早く次男の口座へ入金しておいても、その間次男がキャッシュカードを紛失したり不正に引き出されたら困ります。
というわけで、SBIネットバンクの振込サービスを利用して、授業料が引き落としされる2日前に入金となるようにしています。

私名義のSBIネットバンクから次男名義のゆうちょ銀行への振込なので、普通であれば他行振込手数料が発生するところですが、なんとなんと!SBIネットバンクでは、これが無料なのです。
地元の銀行の他行振込手数料は、3万円以上であれば648円もかかりますから、本当に無駄なお金ですよね。
しかも、わざわざ銀行窓口へ出かけなくても、自宅のパソコン上で振り込むことができ、さらに振り込む日にちまで指定できるのですから、こんなにありがたいサービスはありません。

SBIネットバンクの他行振込手数料が無料となる回数は、ランクに応じてちがいますが、ランク2の私の場合は、月3回まで無料。総預金の月末残高が30万円以上あれば、ランク2となるので、そんなにハードルは高くないと思います。

3.その他の振込

庭木の剪定や伐採をしてもらったシルバー人材センターへの支払いは、振込用紙が送られてきたので、振込先である銀行の窓口で支払いをしたのですが、なんと同じ銀行でも支店が違うとのことで、振込手数料が216円かかりました。
この時になって気づいたのですよね。
あれ?私、わざわざ銀行窓口に出向かなくても、SBIネットバンクで振込すればよかったんだ!ってことに。
地元業者への支払いなので、なんとなく地元の銀行で振り込まなければならないと思っていたのですが、とんだ勘違いでした。自宅のパソコンで他行振込サービスを利用すれば、出歩く時間も労力も手数料もすべて省くことができたのに。

そんなわけで、次に地元の造園業者からカイヅカイブキの剪定の振込用紙が送られてきた時には、SBIネットバンクで支払いました。ふふん。ちゃんと学習した私。

手数料ほど無駄なものはない

SBIネットバンクに口座を開設したのは、長男が大学生になった時。
長男の住むアパートの家賃は、大家さんが指定する都会のハイカラな銀行に振り込まなければなりませんでした。しかし、長男の住む近くには、そのハイカラな銀行もATMもありません。わざわざ電車に乗って、そのハイカラな銀行窓口に行く時間も余裕もないので、長男が家賃を振り込むのも、私が家賃を振り込むのも同じ手数料が発生します。
というわけで、私が長男の家賃を振り込むことにしました。

しかし!初回の家賃を振り込んだ時、振込手数料が420円もかかることを知りました。
1回に420円ですよ!
毎月420円。4年間では20,160円!!
2万円あったら、銀行へ払うよりも長男へそのお金をあげたほうがずっといい!
劇団四季だって2回も観れちゃうよ!

そんなことをボヤいていたら、友人に教えてもらったのがすみしんSBIネットバンクだったのです。この時は、友人に後光がさしてみえましたねぇ。

現在、マイナス金利政策のおかげで、各銀行の他行振込手数料は値上がりをし、3万円以上の他行振込手数料は648円となりました。
これを4年間続けていたら、31,104円!!
劇団四季を3回も観れちゃうよ!←しつこくてごめんなさい。

これからお子さんが大学生となり親元を離れる方には、ぜひとも教えてあげたい。
振込手数料が無料って、ものすごくありがたいってことを。
我が家では、まだ3番目の娘が控えているので、今後も大いに活用していきます。

銀行に行く回数を減らしたい SBIネットバンクと地銀の給与振込口座を連動させるサービス
毎月お給料が口座に振り込まれると、私の銀行行脚が始まります。 私の場合、出向く銀行のATMは全部で4か所。 お金を引き出し、必要な口座に...

スポンサーリンク
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. シナモン より:

    そらはなさん、こんにちは。シナモンです。
    私は、振込手数料の無料回数を増やすために、他のネット銀行からSBIに預金を集約しました。

    低金利の時代、利息は無いに等しいので、利息の代わりに、振込手数料を無料にするとか、買い物は楽天EdyやWAON、nanaco、Tポイントなどのポイントを貯めるようにしています。私の場合、一番貯まるのは、楽天ポイントかな。楽天ポイントからEdyに交換して使うことが多いです。

    • そらはな より:

      シナモンさんへ♪
      おしゃる通りですね~。
      利息は無いに等しい時代ですから、そのほかのことでできることをやっていかなければ。
      waonやTポイントなど、共通ポイントが使えるお店も増えましたねー。
      私も、waonで支払えるところはなるべく払うようにしています。
      お得に賢く生きたいですね(#^^#)