イオン銀行サービス内容リニューアルは私にとっては改悪かもしれない 

ネットバンクであるイオン銀行に口座を開設すると、自動的にイオン銀行ポイントクラブへ入会することになります。
ポイントクラブでは、取引に応じて3段階のステージが決定し、waonも貯まるしくみとなっていましたが、2018年4月からは内容がリニューアルされます。

さて、私の場合はどう変わるのか?
超低金利時代で、銀行側もいろいろなサービスをカットする方向になりつつありますが、来年度からはwaonも貯まりにくくなってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

イオン銀行Myステージ

「イオン銀行ポイントクラブ」は、2018年4月1日より「イオン銀行Myステージ」へと名称が変わります。
それに伴い、サービス内容もいろいろと変更があるようです。

 

 名 称 イオン銀行Myステージ
 ステージ判定 毎月のイオン銀行スコアの合計点数により判定
 判定期間 1か月間(月初~月末)
 適用期間翌々月1カ月間(例:2018年5月利用実績に応じて7月に適用)
 その他新規口座開設をされたお客さまにはステージ「ゴールド」を口座開設月の翌々月まで適用(2018年7月口座開設→2018年9月まで適用)

 

これまでは、6か月間の判定期間でステージが決まると、その後6か月間は決定したステージで悠々と構えていられたわけですが、今度からは1か月ごとに審判が下されるわけですね。
これはうかうかしていられません(笑)。
逆に考えると、1か月ごとにステージを上げる機会が設けられたと考えればいいのですよね。

ステージの条件と特典

従来は3段階のステージに分けられていましたが、イオン銀行Myステージでは4段階となります。

ステージの分け方も、今までは単純にステージ1~ステージ3という分け方でしたが、今度からは、「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」となり、なんだかかっこいい感じとなりました。

 

他行ATM手数料
(*1)
(2018年4月開始)
他行宛振込手数料
(*2)
(2018年4月開始)
普通預金金利
(*3)
(2018年7月開始)
プラチナ
イオン銀行スコア:150点以上
月5回無料月5回無料0.120%
ゴールド
イオン銀行スコア:100点以上
月3回無料月3回無料0.100%
シルバー
イオン銀行スコア:50点以上
月2回無料月1回無料0.100%
ブロンズ
イオン銀行スコア:20点以上
月1回無料     ー0.050%
なし
イオン銀行スコア:20点未満
     ー     ー 店頭金利

(*1) 当行キャッシュカードで他行ATM入出金のお取引時に手数料が発生した場合、時間外手数料を含め無料といたします。
(*2) 当行ATMでの当行キャッシュカードを利用したお振込み、当行インターネットバンキングでのお振込み(定額自動振込含む)が対象となります。(当行ATMを利用した現金でのお振込み、店頭でお手続きされたお振込みは対象となりません)
※ 他行宛振込特典は「イオンカードセレクト特典」との重複提供はいたしません。
(*3)普通預金金利の適用金利は2018年7月に適用予定の金利となります。
※ 普通預金金利は変動金利です。詳しくは「普通預金商品概要説明書」をご参照ください。

 

今までは、他行宛て振込や他行ATMでのお金の引き出しなどは、いったん手数料を払ったうえで 後でwaonで還元されていたので、私は利用したことがありません。
他行へ振込しなければならない時は、手数料無料のすみしんSBIネットバンクを利用していましたから。

しかし、4月からはステージによっては他行振込手数料も月1~5回と完全に無料となるのです。
しかも、イオン銀行普通預金の金利が、プラチナでは0.12%ではありませんか。

ゆうちょ銀行普通預金の金利が0.001%であることを考えたら、120倍もの金利はすごいのです。
というわけで、ステージはプラチナを目指したいところです。

イオン銀行Myスコア

4月からはイオン銀行の取引に応じて点数が加算され、月末に総合スコアでステージが決定します。
私が今まで通り、イオン銀行を利用していたら、どれくらいのスコアになるのか計算してみました。

 

①イオンゴールドカードセレクト契約中30点
②イオンカードご利用代金の当行口座からの口座振替金額1円以上:10点
2万円以上:20点
以降2万円につき10点
(最大100点)
③イオン銀行キャッシュカードに付帯の電子マネーWAONでのお支払い1円以上:10点
1万円以上:20点
以降1万円につき10点
(最大100点)
④イオン銀行キャッシュカードに付帯の電子マネーWAONでのオートチャージ利用 10点
⑤積立式定期預金の口座振替 10点
⑥投資信託残高(時価)1円以上:10点
100万円以上:20点
以降100万円につき10点
(最大100点)
⑦投信自動積立の口座振替 10点
⑧インターネットバンキングの登録完了登録完了後は毎月30点を加点

*自分に関係のある内容だけ書き出してみました。詳細は、イオン銀行HPお知らせでご確認を。

 

私の計算が正しければ、イオン銀行スコアは200点を超えそうなので、ステージはプラチナとなりそうですが、実際のところは4月以降になってみないとわかりません。
だって、やっぱりなんだか複雑でわかりにくいんだもの。

しかし、もしもプラチナステージであれば、イオン銀行普通預金の金利が昨年0.1%に引き下げられたものが、再び0.12%となるのですから、イオン銀行を利用すればするほどお得になるんですよね。

マイナス金利政策がいつまで続くのかわかりませんが、お得意様を大切にしてくれるイオン銀行はやっぱり好きだと、あらためて認識したところです。

反面、従来のステージ特典でもらっていたwaonポイントは無くなるんですよね。
毎月500~1,000ポイントいただいていたので、これがなくなると寂しい。

イオン銀行ポイントクラブの特典を利用してwaonをより多く貯める方法
イオンカードセレクト歴3年を超えました。 どうしてもっと早くイオンカードセレクトにしなかったのかと悔やまれます。 イオンカードセレクトにするためには、イオン銀行に口座を開設することになりますが、イオンのお店で買い物をするならば、持っ...

イオン銀行のサービス内容リニューアルは、waonが今までのようにはたまらなくなるってことなのでしょう。
プラチナステージになっても、そんな毎月他行振込を5回もするわけじゃないし、私にとっては改悪になりそうです。

もっとも、超低金利時代の今どき、普通預金の金利が0.12%もあるなんてことは、非常に喜ばしいことでもあるので、まだまだイオン銀行は活用させていただきます。

コメント