長期利用特典で格安スマホの利用料金がさらに安くなる 得する人と損する人との格差 

BIGLOBEから電話があり、来月からスマホの月額基本料金が150円安くなることになりました。
音声通話3Gプランが、1600円から1450円となります。
BIGLOBEのSIMを長期に利用していた特典だそうですが、格安通信業者も今や特徴を出していかなければ生き残れない時代になったんだなぁ・・・という印象を受けました。

スポンサーリンク

BIGLOBE SIM長期利用特典

私も夫も、3年前にsoftbankのガラケーからイオンスマホへ乗り換えたのですが、当時、イオンスマホの通信業者はBIGLOBEでした。
その後、イオンがモバイル事業として独立したのをきっかけに、私のスマホはイオンモバイルへ乗り換えました。

しかし、夫のスマホは今もイオンスマホで通信業者はBIGLOBEのままなのです。
そのBIGLOBEから「長期利用特典の案内」が届きました。

電話口のオペレーターの方の話によれば、3年前にイオンスマホとして契約し、今もBIGLOBEのSIMカードを利用している人へ、長期利用特典の案内をしているとのこと。

長期利用特典として
①月額基本料金から150円引き
②この割引は2年間継続される

というお話でした。
そして、この電話口で長期利用特典を申し込めば、適応は来月11月からとなり、2019年10月までの2年間、月額基本料金が150円引きとなるそうです。

夫のスマホは、通話SIM3Gプランで月額基本料金は1,600円(税別)。これが2年間、1450円で利用できるので、申し込むことにしました。

こんなおいしい話、何かカラクリがあるのでは?
2年間割引ってことは、2年縛りと一緒では?途中解約で莫大な違約金を払わなければならないのでは?などなど、私も相当しつこく質問をしたのですが(笑)、途中で解約する場合は、契約解除料として3,000円がかかるとのこと。

なんだ。大手キャリアの違約金に9,000円以上も払った経験がある私にとっては、3,000円ならば事務手数料としてよくある金額だと思えました。

ソフトバンクへ違約金を払ってスマホの乗り換え化を図る愛と勇気
突如、次男のiphoneを解約する話しが浮上してきました。 ずーっと次男はiphoneじゃなければダメなんだと、私が勝手に思い込んでいまし...

そんなわけで、夫のスマホは来月から月額基本料金が1,450円となります。
夫のスマホのBIGLOBEになんら不自由は感じていないので、今後よほどのことがない限りは、解約しないと思っていますが。

それにしても。
格安スマホを展開する通信業者MVNOが乱立したことで、以前は大手キャリアか格安スマホか・・・なんて比較をしていましたが、今や格安スマホの通信業者同士を比較する時代になってきたのだなぁ・・・なんてことを思いました。

家族別々の通信業者比較

我が家は、家族それぞれが別々の通信業者を利用しています。
夫は、BIGLOBE。私はイオンモバイル。次男と娘は楽天モバイル。ちなみに社会人として独立した長男も楽天モバイル。

その昔は、家族みんながsftbankユーザーだったのですが、格安スマホへ乗り換える時に、自分のスマホの使い方に最も合った、そしてその時のキャンペーンで最もお得だった通信業者へ乗り換えた結果、家族みんなが別々となったのです。

夫と私と子どもたちが利用しているのは、いずれも通話ができる音声通話SIM。
あとは、ネットにどれくらい接続するかで、通信量を選んでいます。

格安スマホといえども、各社通信プランには若干のちがいがあります。
なので、自分がどういった使い方をするかにより、通信業者を選んでいく時代なのだと思います。

家族それぞれのスマホの使い方

仕事で外回りの多い夫は、通信量3Gプラン。最近は仕事も忙しくて、自分のスマホを利用する時間もないようなので、毎月の通信量は繰り越され、毎月6Gも残っています。ただ、通信量を使うときと使わない時の差が激しいので、このまま3Gプランでいきたいと思っています。
これが、来月から1,600円→1,450円になるのだから、言うことありません。

私は、スマホはLINE中心の使い方。ゲームはしないし、ネット閲覧もyahooニュースを見る程度。自宅ではWi-Fiがあるので通信量はかかりません。なので、毎月の通信量は1Gもあれば十分なのです。

同じく娘も、学校ではスマホの電源は切らなければならないので、ほとんど通信量はかかりません。しかし、楽天モバイルのベーシックプランは、低速通信なので、いざという時は困ります。なので高速通信の最低プラン3.1Gにしました。
実は、娘のスマホをイオンスマホから楽天モバイルへ乗り換えたのは、楽天ポイントを使って毎月のスマホ料金をタダにしようと考えたからなのです。

よって、現在我が家のスマホ料金は、夫と私2人分で4,000円以下となりました。
大学生の次男のスマホ料金は、毎月の仕送りに含まれているので、ここではカウントしていません。

それにしても。
softbankを十数年もの長い間、利用し続けてきたのに、長期利用者特典なんていうのは、なにかあったかなぁ?ポイントがたまって、それが機種変更の際に使われて、なにがなんだかわからない料金体系に、得したのかなんだったのかもよくわからなかったあの頃。

BIGLOBEが長期利用者相手に特典を出してきたのを機に、格安スマホの通信業者はますます特徴を出したプランを出さなければ、どんどん乗り換えられていく時代なんでしょうね。
自分がスマホをどういう使い方をし、どんなプランが最も合うかというのは、自分で調べて自分で検討しなければ、わからないこと。

情報化社会においては、得する人と損する人との格差は、ますます広がっていくのかもしれません。

スポンサーリンク
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする