二世帯住宅をつなぐ介護用呼び出しベル 設置で安心 鳴らないのが一番だけど

先日、母が自宅で転倒したのをきっかけに、今後の対策を兼ねて実家へ呼び出しベルを設置しました。
我が家は二世帯住宅なのですが、母が自室で身動きとれないような事態になった時、ボタンひとつで我が家のリビングへお知らせしてくれるワイヤレスの呼び出しチャイムです。

このワイヤレスチャイムは、介護用だけではなく来客や防犯用などにも使えるので、使い道の幅が広がりそうです。

スポンサーリンク

自宅で簡単呼び出しベル

我が家は二世帯住宅で、元々ある実家に私たちの住宅スペースを建て増ししたので、変に長いのですよね。なので、お互いの部屋から叫んだとしても聞こえない。
数年前までは、母が何か私に用事がある時は、電話の内線で呼び出していたのですが、今はどのボタンを押していいのか使い方が理解できなくなったので、ちょっとした用件でも母が私のところへやってくることがありました。

先日、母が自宅の廊下で転んだことをきっかけに、これはそろそろ対策を講じないとダメだと思い、ナースコールのような呼び出しベルがあればいいなぁと、探していました。

そして購入したのが、リーベックスの『おうちでコール』。
数ある呼び出しベルの中でこの商品を選んだ理由は、呼び出し用ベルをいくつでも増設できる上、センサーチャイムや中継器などもあり、単に介護用だけではなく防犯用としても活用できると思ったからです。

リーベックスおうちでコール

おうちでコールのセット内容は、受信チャイム1台と押しボタン送信機2台。受信器用ACアダプター1台。

実はこの他に検討していた呼び出しベルがあったのですが、受信器が電池しか使えず、その電池の持ちも4か月程度と記載されていたので、そんな短期間に電池を交換するのは、私にとってはストレスになるなぁと思っていました。

リーベックスの受信器は、電池も使えますがACアダプターもついている。やっぱりハイブリットなほうがベターです。

おうちでコール使用前の準備

1.受信機

受信機の裏側のフタを開けると、単二アルカリ電池を入れる場所がありますが、私はACアダプターを使うので、電池は入れません。
呼び出し音は、①選曲 ②オールチャイム ③オールサイレン と3通りの音を選ぶことができますが、せっかくメロディがついているのだから、①の選曲よね。
ちなみに②のオールチャイムは、すべて「ピンポン ピンポン」と鳴るモードで店舗などの業務用に向いています。
③のオールサイレンは、すべてサイレン音。防犯用に使えるのだとか。

このサイレン音、めちゃくちゃ怖い音です。さすが防犯用。

2.送信機

選曲は、16曲の中から選ぶことができますが、これは送信機側で設定します。
送信機は、ドライバーがないと裏側のフタを開けることができないので、この時点でうちの母のような高齢者が一人で設置するのは無理だなぁと思いました。

送信機の裏側のフタを開けると、赤●部分が選曲ボタン。
1回押すたびに曲が1回ずつ進むので、最後に選んだ曲がその送信機用の曲となります。

送信機は2台あるので、1台ごとに曲を変えると、呼び出しチャイムが鳴ったときにどこの部屋からの呼び出しかわかりやすいですよね。

送信機の1台目は母のリビングに置き、2台目は母のベッドサイドに置きました。
ちなみに選んだ曲は、リビングが『ピンポーン パンポーン』というゆったりめのチャイム音。寝室用が『愛のオルゴール』というやさしい曲調のもの。

ただでさえ呼び出し音が鳴ったらドキっとするのに、『エリーゼのために』なんていう物悲しい曲調は嫌だなぁ。ま、これは人の好みの問題ですが。

送信機用の電池はボタン電池2個を使います。

リーベックスおうちでコールを選んだ理由

リーベックスの呼び出しチャイムは、送受信距離が100Mだったことも選んだ理由です。
我が家は長い二世帯住宅なので、電波の受信距離が長ければ長いほどよかったのですが、実は100Mという距離はあまりアテにしていませんでした。

というのも、我が家の電話の親機と子機の電波状況があまりよくないからです。送受信距離100Mとなっているのにもかかわらず。
親機は我が家に置いていて、子機は母のところへあるのですが、子機で電話をとるとものすごく雑音が入って相手の声が聞き取りにくいのですよね。
そこで、中間地点に中継器を置いて使うようになったのですが、今回買ったリーベックスの呼び出しチャイムも、もしかして電波が届かないかも・・・と心配していました。

しかし、全然大丈夫でした。
母が呼び出しボタンを押すと、ちゃんと我が家の受信機が鳴りましたもの。
このように、光と音でお知らせしてくれます。

リーベックスのシリーズは子機がいくつでも増設できるので、例えば浴室やトイレにボタンを置くことも可能。
玄関に設置すれば、来客の呼び出しチャイムとしても活用できます。

また赤外線ビームセンサーを設置すれば、例えば認知症などで夜中に離床して徘徊するような場合でも、センサーが感知してお知らせしてくれます。
家の周囲に設置すれば、不審な人が侵入した場合でもお知らせしてくれるので、防犯にも役立ちます。

いろんな用途に活用できそうです。

もちろんリーベックスのシリーズには中継器もあります。
この中継器を使えば、さらに100Mは送受信できるそうなので、建物が複雑で電波状況が悪いようなところでも使えそうですね。

いずれにせよ、母のように高齢になると理解力がガクンと落ちますので、シンプルにボタンひとつ押すだけの呼び出しチャイムは、とてもいい。

もっとも、このチャイムが緊急時に鳴らないことを祈りたいですが・・・。

スポンサーリンク
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. とも より:

    ほぼ理想的なチャイムですね。子機が何台も追加できるのが、すごくいいです。
    お風呂の脱衣場やトイレにも追加されると安心ですよ。

    • そらはな より:

      ともさんへ♪
      そうですねー。
      お風呂場やトイレにもあると安心ですね。
      様子をみながら設置したいと思います。