スポンサーリンク

イオンででエバークックのフライパンを購入 ネットで買うより安かったのか?という比較

家電製品などは、基本的にネットで購入することにしている私です。
だって、送料入れてもネットで買うほうが安いですからね。

ところが、今回はイオンのお店でサンキューパスポートを使ってフライパンを購入しました。
買ったあとに、これが本当に安かったのか気になったので、ちょっとネット価格と比較してみました。

スポンサーリンク

エバークックフライパン リピート買い

このたび買ったのは、ドウシシャのエバークックフライパン22cmサイズ。
ちょうど2年前に、エバークックの26cmサイズのフライパンを購入したのですが、今まで買ったフライパンの中では最高のお気に入りで、リピート買いです。

とにかく表面がトゥルットゥルで、くっつかない。
そして軽い。

これまで使ってきた26cmサイズのフライパンも、もちろん現在も使っていますが、朝食用やお弁当作りに使っていた小さめサイズのフライパン(これは別メーカーのもの)が、どうにもこうにもくっつくようになって、買い換えることにしました。

私は鉄のフライパンも使っていて、エバークックのものと料理や気分によって使い分けしているのですが、やっぱり使いやすさで言えばエバークックの方が断然いい。

1年間使用したフッ素コーティングのエバークックフライパンの今の状態
フッ素コーティングされたフライパンは、お手軽で使いやすいですよね。 新品のものは、そりゃあつるっつるのピッカピカで、何を炒めてもくっつかないし快適です。 しかし、フライパンは消耗品と割り切っています。 なぜならいつかは必ずフッ素コーテ...

それに、この春から夫と2人暮らしになり、フライパンも小さいサイズで事足りるようになったこともあっての22cmサイズ購入です。

イオンで買ったエバークックフライパン価格

イオンに買い物に行くと、前から欲しいと思っていたエバークックシリーズのフライパンが安くなっていた!

「とびきり価格」と表示されていたエバークック22cmのフライパンは、2,678円(税込)
前に見たときは、たしか3,000円以上だったと思うので、これはまさしくとびきり価格!

ちょうどサンキューパスポートも持っていてので、5%OFFで購入しました。
(サンキューパスポートの10%OFF分は、スマホ購入ですでに使ってしまっていた)

エバークックフライパン22cm購入価格 2,544円

さて、自宅に帰ってから冷静になって考えてみたら、これって本当に安く買えたの?
楽天市場やAmazonで購入したほうが、もしかしたら安かったんじゃないの?
という疑惑が沸き起こってきたので、ちょっと調べてみました。

すみません、ヒマなんですよ。
有給消化で、平日3連休となったもんだから、時間が有り余ってるんです。

エバークックフライパン22cmサイズ価格比較

まず、私が大好きな楽天市場での価格を調べてみると、エバークックのフライパン22cmサイズは最安値で2,678円
なんと、イオンとまったく同じ価格です。

エバークック フライパン IH対応 22cm レッド 1年保証付き 固定ハンドル evercook

ところがですよ、送料が1,000円もかかるんです!

次に安かったのは、2,743円でこちらは送料540円。
合わせて3,283円也。

結局、本体価格2,980円で送料無料というお店が一番安く買えることがわかりました。

 

次にAmazonでの価格ですが、こちらの最安値は2,743円。
しかも送料540円かかります。

Amazonでは送料無料のお店がありませんでしたので、結果3,283円が最安値

私がネットを駆使して価格を調べた限りでは、イオン店舗の勝利です。
サンキューパスポートを使わなくとも、イオンが安かったという結果でした。

■イオン店舗 2,678円→5%OFFで2,544円
■楽天市場  2,980円(送料無料)
■Amazon  3,283円(送料込み)

配送料が高くなってきている

ネットが普及し、自宅にいながら買い物ができ、玄関先まで届けてくれるネットショップは本当に便利です。
しかも、店舗で買うよりも安いとなれば、わざわざお店に出向いて買う必要もないわけで。

ところが今年の3月、日本郵便がゆうパックの基本料金を引き上げました。
これに伴い、宅配便大手3社もすべて、料金を引き上げたのです。

もう10年以上前からネット通販を利用している私も、その影響はひしひしと感じます。
以前ならば送料無料というところがほとんどだったのに、最近はある程度高額商品でなければ、送料がかかるという商品が増えてきています。

しかたないですよね。
宅配業界は慢性人手不足だと言うし、労働の安全を考えたら致し方ありません。

買い物する側は、オンラインでポチっとするデジタル方式なのに、お店側の配送システムは人力によるアナログなんだから、どこかで歪みが生じるのは当たり前。
それを補正するには、利用者側が配送料を払って解決するという方法しか今はないのだと思います。

テレビで、ドローンによる荷物の搬送や、無人トラックによる配送なんていうのも見ましたが、それも都会で住宅が密集した地域であれば効率よいかもしれません。
でも、こんなど田舎まで荷物を届けてくれるのが、ドローンだったり無人トラックだったりしたら、荷物を受け取ることは不可能なんでは?と思ってしまうなぁ。

突然の竜巻発生や集中豪雨で、ドローンはたちまち吹っ飛んでしまうだろうし、無人トラックを襲う山賊なんていうのも出てくるかもしれないし。
あ・・・、山賊じゃなくても、秋田の場合はクマに襲われるというパターンもアルアルです。

という冗談はさておき、ヒマなんであれこれ考えてしまいました。

結論。
イオンでサンキューパスポートを使ってエバークックのフライパンを購入したのは大正解。
オーナーズカード提示で、後日3%のキャッシュバックがある他、イオンデビットカード決済で、1%のときめきポイントがもらえます。

最近は、必ずしもネット通販が安いとは限りません。
買い物ひとつも、頭を使います。

 

コメント

  1. mrsP より:

    私はネットで買い物をしませんが、購入の際は価格比較サイトをよくみます。
    イオンで広告に出てる品を、さらにサンキューパスポートを使って購入するのが1番安いってことがよくあるように感じてます。
    普段はそうでもなくても、激安になる瞬間がイオンにはあるので、広告のチェックはかかせません。

    • そらはな より:

      mrsPさんへ♪
      私も価格比較サイトはよくみます(#^^#)
      イオンは、プライベートブランドこそ安いと思っていましたが、その他のものは割高に感じていました。
      でも激安になる瞬間があるんですねー。
      サンキューパスポートも大事なアイテムですね(#^^#)