はじめての方はこちらへどうぞ

自動車税の支払い方 イオンカードのクレカ払いができなくて悲しい

スポンサーリンク

自動車税を納付しました。
多くの都道府県の納付期限は5月31日までなので、もうとっくに支払いは済ませている方がほとんどだと思いますが、秋田県と山形県は例外的に6月末日が納付期限となっています。

今年も、自宅にいながらモバイルレジを利用してサクッと支払いを済ませました。

スポンサーリンク

自動車税を自宅で支払う

便利な世の中となりました。
自動車税は、銀行窓口だけではなくコンビニでも支払えるので、土日祝日関係なく24時間支払いが可能です。
しかし、わざわざ出かけなくても、自宅にいながら自動車税を支払えるので、本当に助かります。

毎年、スマホアプリのモバイルレジを利用して、自宅にいながら自動車税を納付しています。
これなら不要不急の外出を控えられますもんね。

スポンサーリンク

モバイルレジ

6年前から、自動車税の支払いはモバイルレジを利用するようになりました。
使い方はいたって簡単です。

1.スマホに専用アプリ「モバイルレジ」をダウンロード
2.モバイルレジアプリで自動車税納付書に書かれているバーコードをカメラで撮影して読み取る
3.支払内容(支払先・支払内容・金額)が表示されるので確認する
4.利用する金融機関を選ぶ
5.金融機関サイトへ移動してネットバンキングで支払う
モバイルレジで利用できる金融機関は、みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・ジャパンネット銀行・楽天銀行の他、多くの地方銀行が利用できます。
しかし、ネットバンキング契約をしていなければ使うことはできません。
私がネットバンキング契約をしている銀行は、楽天銀行、ゆうちょ銀行、地元の地方銀行がありますが、いつも自動車税の支払いに利用する銀行は楽天銀行です。

楽天銀行でポイントをもらう

モバイルレジを利用して楽天銀行で支払うと、会員ステージによって楽天スーパーポイントがもらえます。
といっても、もらえるポイントは1~3Pなんですけどね。
金融機関やコンビニ窓口で、現金で支払っても何ももらえないので、少しはマシってことです。

もちろん手数料はかかりませんし、何よりも自宅にいながら24時間いつでも自分の都合に合わせて支払いが済んでしまうので、本当に便利です。

クレジットカード払いでポイントをもらう

昨年から、モバイルレジでクレジットカード払いもできるようになりました。
ネットバンキング契約をしていなくても、クレジットカードがあれば支払いは可能です。

クレジットカード払いならば、ポイントがもらえますよね。
ところが、クレカ払いの場合は1件ごとに決済手数料がかかります。

税   額決済手数料(税込)
1円~5,000円27円
5,000円~10,000円82円
10,001円~20,000円165円
20,001円~30,000円275円
30,001円~40,000円385円
40,001円~50,000円495円
以降10,000円ごとに100円加算

決済手数料は、自治体により違いがありますし、納付金額によってもちがいます。
しかも秋田県の場合、昨年よりも決済手数料が若干値上がりしています。

いくらクレジットカード払いでポイントがもらえるからといっても、手数料との差額をよく確認しなければ、逆に損をしてしまうことになります。

例えば、私の自動車税は34,500円なのですが、これをポイント還元率1%の楽天カードで支払った場合、345Pがもらえます。

しかし決済手数料は385円なので、40円の損となります。

イオンカード自動車税カード払いキャンペーン

イオンカードでは、自動車税カード払いキャンペーンを行っています。

1件25,000円以上の自動車税を支払うと、ときめきポイントが400Pもらえるというもの。
イオンカードのポイント還元率は0.5%ですから、34,500自動車税の支払いで172Pのポイントに400Pがついて、合わせて572Pとなりますから、決済手数料を払っても187P分お得です。

だったら今年はイオンカード決済でしょ!

と、意気込んでいたら、なんと秋田県は対応していませんでした

というわけで、今年も大人しくモバイルレジからの楽天銀行で支払いを済ませた次第です。

納税証明書はどうなる?

ところで、以前はモバイルレジで自動車税を支払うと、後日納税証明書が郵送で届いていました。

しかし、昨年から納税証明書は届かなくなりました。
電子システムで納税確認ができるようになったため、車検の際に納税証明書の提示を省略できるようになりました。

ただし、納付後すぐに車検がある場合や、ディーラーに手続きを依頼する場合は、納税証明書の提示が必要になる場合があります。

基本的には、これまで自動車税の滞納がないこと、納付確認から2~3週間以上経過していることで、納税証明書は提示しなくても良いそうですが、自治体によってはばらつきがあるようなので、要確認ですね。

とりあえず私は、楽天銀行の入出金明細を支払った証拠にしようと思っていますが、次回の車検時にディーラーさんへ聞いてみよう。

 

*この記事は2019年6月にアップしたものを加筆修正しました。

 

コメント

  1. あべま より:

    こんにちは。

    私はナナコカードにクレジットチャージをしてナナコカードで
    固定資産税、自動車税を払っています。

    ナナコカードで支払ってもナナコポイントはつかず、クレジットチャージした時のカードのポイントだけがつきます。
    現金で払っても何もつかないし、クレジットカードで払うと手数料がかかるし、
    少しでもポイントが付くのならと、去年からそうしました。

    なんかチマチマしているような気がしますが、1円を笑うものは1円に泣く、の精神でコツコツ頑張っています。

    • そらはな より:

      あべまさんへ♪
      おっしゃる通り1円も1Pもお金には変わりありませんもんね。
      私も、チマチマしていますが、どうせ払うなら少しでもお得なほうがいいですよね。
      たぶん、そのうち、歳を重ねるごとに、こういったチマチマはできなくなっていくと思われるので、できるうちはやっていきたいと思っています。