ゼリーを箱買い 買いたくないものを楽天市場で買う理由

スポンサーリンク

ゼリー30個をどどーんとまとめ買いしました。

暑さに弱い娘は、夏場はどうしても食欲が落ちるので、毎日お弁当と一緒に凍らせたゼリーを学校に持っていきます。

お弁当の保冷材代りにもなりますし、お昼に食べるころにはシャリシャリ感を残したゼリーは、お弁当の食欲アップにもつながるのだとか(娘の弁)。

しかし私は、1個100円以上もするゼリーを毎度毎度お弁当と一緒に持たせるのは、いささかためらわれるのです。

そんな時は楽天市場。
買いたくないものほど、楽天市場で買っています。

 

スポンサーリンク

楽天市場のポイントがスーパーなわけ

楽天市場ほど使い勝手のよい通販はないと思っています。

日用品から雑貨から、衣料品から食料品、そして本や旅行や車までも!
楽手市場で無いものはないと言われるくらい品ぞろえが豊富。

そして、それらすべてに共通するポイントが楽天スーパーポイント。

なんでもポイントな世の中ですが、自分の生活圏に合わなければ意味がない。

例えば私は、近くにイオン系列のお店があるからイオンカードを使ってポイントを貯めていますが、nanacoカードが使えるお店は近くにないので必要ありません。

しかし、楽天市場は自宅にいながらネットで買い物ができ、しかも多種多様なお店の品物に対して使えるポイントなので、まさに楽天スーパー(超)ポイントなんだと思っています。

楽天スーパーポイントの使いかた

今月いただいた楽天スーパーポイントは

  • お買物通常ポイント773P
  • ポイントアップキャンペーン704P
  • 楽天カード利用ポイント776P
  • 楽天銀行ハッピープログラム6P

楽天カードを持っていると、通常の買い物ポイント(100円で1P)にプラスして、ポイントアップキャンペーンでプラス3倍になるのです。

さらに楽天カード決済分のポイントと、楽天銀行分のポイントが加算され、毎月2,000P以上は確実に楽天スーパーポイントがもらえます。

お買物ポイントが773Pということは、楽天市場で7万円以上買い物したことになりますが、実はそうではありません。

楽天市場のお店は、ポイント10倍のお店もよくあるので、同じ物を買う時もポイント還元率が高いほうのお店を選ぶようにしています。

そしてポイントは、次に買い物をするときの端数分をポイントで消化するようにしています。

例えば、3499円の品物を買う時は、499Pを使って支払いを3,000円にするようにします。

こうすると、引き落とし口座の入金管理が楽になります。

買いたくないものこそ楽天市場で

私にとって買いたくないものとは、主に嗜好品。

それがなくても生活できるけれど、子どもが欲しがるのでしかたなく、または自分の欲求に勝てなくて・・・というものが多いです。

数年前、まだ我が家に3人の子どもたちがいたころは、毎月のお菓子代に1万円以上なんていうのがザラだったので、なんとかお菓子代を節約したいがために、楽天市場でポイントを使ってお菓子を買うという方法をとっていました。

当時は、お菓子3社比較なんてことを やるほど、楽天市場でお菓子を買っていました。
http://nettosyuunyuu2012.blog.fc2.com/blog-entry-579.html

 

そして、今回買ったのは娘が学校に持っていくゼリー。

DSC02888
買い物にいくたびに、1週間分のゼリーを買ってきていたのですが、買い物の荷物がかさむばかりか、お金もかかる。

その時、お菓子を楽天市場でまとめ買いしていたことを思い出したのです。

さすが楽天市場。
ちゃんとゼリー30個分を箱売りしていました。

 

 

もちろん楽天スーパーポイントを使って、ゼリー30個を1,000円で。

1個あたり33円ですから、これで夏の間も娘が夏バテせずに過ごすことができれば、お財布にもぐーんとやさしい。

楽天市場アプリでさらにプラス1倍

楽天カードを使って楽天市場で買い物をすると、エントリーをしなくても楽天スーパーポイントが4倍となりますが、これをさらにプラス1倍とする方法。

スマホで楽天市場アプリを起動して、アプリから1度でも買い物をすると、その後パソコンから購入してもその月はポイントが1倍加算されます。

つまり常に楽天スーパーポイントが5倍になるのです。

せっかくスマホを持っているのだから、こういうのは使わない手はないですよね。

月の最初に楽天市場で買い物をするときは、アプリ経由で買いたいと思います。

お得なことって、自分で行動しないと知らぬ間に通り過ぎていることが多いものです。

 

コメント