楽天ETCカードはプラチナ会員で年会費無料 なのに540円の年会費が請求されていた

スポンサーリンク

楽天ETCカードを申し込みました。
プラチナ会員はETCカードの年会費が無料だと言うので、申し込んだのですが、届いた楽天ETCカードには、年会費の請求が記載されていました。

そ、そんな。
私としたことが、いったいどこで何を見落としたのでしょう。
年会費がかかるのなら、楽天ETCカードなんて申し込まなかったのに。

スポンサーリンク

楽天ETCカードを申し込んだ理由

この春、社会人となる次男が車を買いました。
先日、納車を済ませ、自動車任意保険にも加入し、次男が自分のアパートへ車を持ち帰ったのが先日のこと。

その時次男へ、楽天ETCカードの申し込みをさせました。
次男は大学3年生の時に、softbankから楽天モバイルへ乗り換えしましたが、その時次男名義の楽天カードを作りました。

その楽天カードの会員ランクがプラチナとなっていたので、楽天ETCカードを申し込んだのです。
楽天ETCカードは、ダイヤモンド会員とプラチナ会員は、年会費が無料ですが、それ以外の会員だと540円の年会費がかかります。

他にも年会費無料のETCカードはいくつかありますが、とりあえず今の段階で余計なカードは増やしたくなかったので、次男が唯一持っていた楽天カードでETCカードを発行することにしました。

楽天ETCカードを利用した分にも、通行料金100円につき1Pたまるというのも、ちょっとだけお得感があります。

スマホで申し込みをし、ETCカードが届いたのは10日後のことでした。

楽天ETCカード年会費請求540円?

ところが、ETCカードと共に封筒に入っていた手紙には、「年会費のご請求540円」という文字が記されているではありませんか。

 

ああー。
私は、何をどこで見落としていたのだろう。
次男が楽天カードのプラチナ会員だということは、ちゃんと確認したはずだったのに、きっと年会費無料とならない何かがあったにちがいない。

しかしなんだろう?
と、同封されていた「年会費の請求に関する案内」をよーく読んでみると、ようやくその理由が判明いたしました。

【初年度年会費が無料となる場合】
楽天ETCカードお申込み時点の楽天会員ランクが「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」の方。
(カード発行台紙には楽天ETCカード年会費が初年度無料となる会員様においても、年会費540円(税込)を記載していますが、請求月の明細にて割引となります。)
カード発行台紙には、年会費540円と記載しているけれど、請求月には無料となるよ。
ということですよね?
なんてまぎらわしい!
年会費の請求は5月27日になりますが、その時にちゃんと無料となっているか要確認ですね。
といっても、楽天カードはもう次男が管理していくので、私は確認しませんけどね。
ただし、この旨の説明は次男へもしておきます。
きっと、次男は忘れてしまうだろうけど。
さらに、その案内を読んでいくと、私自身も初めてわかったことがありました。
【次年度以降の年会費が1年間無料となる場合】
楽天ETCカード年会費請求月(楽天ETCカード入会月の翌月)の楽天会員ランクが「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」の方
(楽天会員ランクは毎月2日00:00までに切り替わり、切り替わった楽天会員ランクにて判定いたします。)

楽天会員ランクって、毎月2日の00:00までに切り替わるんですね。
知りませんでした。

だって私、楽天カード会員は、ここ何年もずーっとダイヤモンド会員なんだもの。
次男の場合は、来年の5月2日の00:00に切り替わったランクがプラチナ以上であれば、来年の楽天ETCカードも無料になるというわけです。
・・・って、そんなことを次男に伝えたところで、気にもとめないでしょうけどね。

ええ、ええ。
もう次男は社会人となって独立するのですもの。

私が、こっちがお得だ、あっちが安いと伝えたところで、あとは本人がやっていくしかないのですから、すべてまかせようと思います。

さて、この楽天ETCカードが実家に届いた時には、すでに次男は大学のある地へ戻っており、そのまま社会人としてスタートする新任地へ引っ越します。

しょうがない!
この楽天ETCカードは、私が届けに行ってあげよう。

・・・と、次男の住む街へ遊びに行く口実を作る母なのでした。

 

楽天モバイルを大学生の子ども名義で契約するための準備
大学生の次男が使っているソフトバンクのiphoneを、楽天モバイル格安スマホへ乗り換えるため、あれこれ考えること数日。 初めは、私名義で楽天モバイルを契約しようと思っていたのですが、次男が大学を卒業して社会人となる時、今度は次男名義で...

コメント