子どもの家賃振込のために開設したネットバンクが便利すぎて今後も大いに使う予定

スポンサーリンク

長男が首都圏の大学生になり、家賃振込のために口座開設したネットバンクがすみしんSBIネットバンクでした。

最大の魅力は、他行振込手数料が無料だということ。

おかげで長男が大学を卒業するまでの間、1回数百円かかる他行振込手数料を払わずにすんだので、4年間では2万円以上の無駄を省くことができました。

さらにすみしんSBIネットバンクは、口座の中に目的別口座を5つ作ることができるので、長男の返済金、次男の積立&返済金、そして私の自分年金用の貯蓄口座を作り、お金を管理しています。

ネットバンクは、家にいながらお金の管理ができ、とても便利なので、今後も大いに活用していきたいと思っています。

 

スポンサーリンク

すみしんSBIネットバンクのメリット

1.他行振込手数料が無料

長男の住むアパートの家賃振込先は、都会のハイカラな銀行。
田舎ではそんな銀行、聞いたことも見たこともありません。

アパート契約をした際に、指定された口座へお金を振り込んだのですが、地元の銀行からの他行振込手数料が420円!

毎月家賃を振り込むたびにかかる手数料も、大学4年間では2万円を超えることになります。

そんな時、友人から教えてもらったのがすみしんSBIネットバンクでした。

当時は、誰でも他行振込手数料が月3回まで無料。
現在は、ランクにより無料となる回数がちがいますが、ランク2の私は振込手数料は3回まで無料なので、この条件は今でも同じです。

ちなみに、最近地元の銀行の他行振込手数料を確認したところ、1回600円以上に値上がりしていました。

マイナス金利政策の影響で、銀行側はこういった手数料を何気に上げているんですよね・・・。

そんな中、すみしんSBIネットバンクの他行振込手数料が無料って、本当にありがたいです。

長男が社会人となったので家賃振込も終了したのですが、現在は大学生の次男に活用しています。

 

2.ATM利用手数料が無料

店舗もないSBIネットバンクのお金は、提携しているATMでお金を出し入れすることができます。

現在、使えるATMは

  • ゆうちょ銀行
  • イオン銀行
  • ローソンATM
  • セブン銀行ATM
  • E.ネット(コンビニATM)
  • ビューアルッテ

以上6つのATMから入出金可能です。

ゆうちょのATMは土日や夜間など時間の制限がありますが、ローソンやセブン銀行のATMは年中24時間稼働していますので、とても便利ですよね。

私がふだん利用しているのは、イオン銀行ATMですが、買い物ついでに立ち寄るので、土日祝日関係なく、しかも夜遅くでもお店が開いている時間ならいつでも手数料がかかりませんから、本当に助かります。

 

3.目的別口座が5つ持てる

銀行ごとに口座をわけて家計管理するのはよくやる方法ですが、すみしんSBIネットバンクでは、ひとつの口座の中に5つ口座を作ることができるのです。

口座別にお金を管理したいけれど、あちこちたくさんの銀行口座に振り分けるのが大変だと思う方は、すみしんSBIネットバンクはおすすめです。

私は、①自分年金用の積立として ②次男用の積立口座として ③長男用の積立口座として、以上3つの目的別口座で管理しています。

 

①は単純に自分用の貯蓄。
これが将来年金としていくら貯めていけるかわかりませんが、代表口座とは別に貯蓄用口座があると、お金が少しずつ貯まっていくのが目にみえてわかりますし、管理もしやすい。

②は、次男用の積立口座。
次男と相談し、今年から仕送りを1万円減らし、その分を積み立てていくようにしました。
また、不定期に次男のバイト代からも積立。

20歳になると国民年金保険料の支払が始まるのと、昨年自動車運転免許を取得した際にかかった費用を次男へ貸していて、この分の返済金を次男がバイト代からコツコツ返しているのです。

③は、長男の積立口座。
今年の春に就職した長男は、毎月1万円程度を返済しています。
長男へも自動車運転免許取得のためのお金と、国民年金保険料の学生時代のお金を貸しましたので、自分で働くようになってから私の口座へ毎月振り込んでいます。

 

長男と次男に貸したお金は、もちろん無利子無期限で返済してもらいますが、これらはいずれ子どもたちに返っていくお金。

お金のけじめとして意識をしてもらうために、「返済」という形をとっていますが、子どもに代わって私が長男や次男のお金を貯めていっているのです。

 

すみしんSBIネットバンクの目的別口座は、あと2つ空いていますが、長女が高校を卒業したらきっと活用するようになると思うので、今はこのままにしています。

 

4.定額自動振り込みサービス

指定した振込先に、毎月決まった金額を自動的に振り込んでくれるサービスが、とても便利です。

お給料が出ると、一定額を自分の口座のすみしんSBIネットバンクに入金します。
あとは、指定した月末になると、自動的にアパートの大家さんの口座と、仕送り用の子どもの口座へ入金してくれるので、忘れることがなく確実にお金を振り込むことができます。

長男の時も大いに活用しましたが、現在は次男に利用しています。

 

76bf8f377d0e2b448e3a014f4bf46068_s

 

すみしんSBIネットバンクのデメリット

こんなに便利で手数料無料のすみしんSBIネットバンクですが、唯一不便だなーと感じることもあります。

それはATMで小銭が出し入れできないってところ。

しかし、もっぱら子どもへの仕送り用口座として、また積立貯蓄用口座として利用するのがメインであれば、小銭の出し入れをする必要もないのですけどね。
紙の通帳もありませんので、お金の管理はネット上で確認するわけですが、必要であれば入出金の一覧をプリントアウトすることもできます。

また、ネットバンクゆえにIDやパスワードの管理は責任を持ってきっちりしっかりやらないとダメだと思うのです。

ネットバンクは、銀行まかせではなく自分のお金の管理は自分できっちり行うのが鉄則なんですよね。

おかげでお金に対する危機管理が以前よりも増したと思います。

最近思ったネットバンクの使いかた

父が亡くなって、父名義の口座が凍結されてしまったので、相続手続きをするのに少しばかり時間がかかりました。

亡くなるとすぐにその情報は広がり、銀行に死亡したことを届けなくても、口座が凍結されてしまうことがある田舎ゆえ、ネットバンクならば口座は凍結されないんだろうなぁ・・・なんてことを考えました。

自分の葬儀費用分くらいのお金はネットバンクに入れておいて、IDやパスワード、キャッシュカードの暗証番号をしっかり書き記しておけば、子どもたちもネットバンクから葬儀費用を引き出すことができるだろうなぁ・・・と考えたわけです。

ネットバンクならではの使いかたですね。

エンディングノートに書き記すことが、またひとつ増えました。

 

コメント

  1. るな より:

    東京の学校のために。
    山形しあわせ銀行で通常とカードを作って、 親(通帳で入金) 子(新宿支店でおろす)ということをやってました。 新宿支店は新宿駅から遠いのですが、大病院のそばだったのがよかったです。

    • そらはな より:

      るなさんへ♪
      そうなんですよー。私も子どもへの仕送りは、私が通帳から入金して子どもがカードでおろす・・・という方法をとっていました。
      しかし、大家さんが家賃振込のために指定した口座は、都会の銀行だったんですよねー。
      次男の場合は、子どもの通帳から家賃引き落としができたのですが、長男の場合は大家さんの指定口座に振り込まなければならなかったわけなんです。
      手数料ほど馬鹿らしいものはないと思っていますので、いろんなものを上手に利用したいものです。