クリスマス いくつになっても小さな喜びを大切にする気持ちを持つ

クリスマスイベントが年々縮小化する我が家。

そりゃそうだ。

子どもは成長し、家から巣立ち、私も夫もイベント的なことをやるには、めんどくさいという歳になってしまったのだもの。

それでも、季節の行事に合わせて何かひとつ小さなことでも見出すと、記憶に残るし脳も活性化されるのではないかと思っています。

スポンサーリンク




家族のクリスマスイベント

そうね・・・。

子どもが小さかった頃は、クリスマスもワクワクしたものでした。

事前に子どもに「サンタさんから欲しいものはなに?」とリサーチし、こっそりとプレゼントを買って、その日まで子どもに見つからないように隠しておく。

クリスマスの朝、目覚めた子どもがプレゼントを見た瞬間の驚きとうれしさが入り混じった笑顔を、ただただ見たいがために、私は一生懸命クリスマスイベントを考えていたような気がします。

前日の夜は、クリスマスっぽいメニュー。

鶏を丸ごとオーブンで焼いたこともあったし、ケーキも作りました。

クリスチャンでもないのに、この日ばかりは聖なる夜を大いに楽しんだのは、私のほうだったかもしれません。

クリスマスイベントを家族の行事として楽しめるのは、子どもがせいぜい中学生になる前くらいまででしょうか。

中高校生になったわが子たちは、「クリスマスプレゼントは○○が欲しいなぁ」と、きっちりちゃっかり要求してきて、もう我が家にはサンタさんは来ないという現実を、私の方が思い知る結果となるのですから。

残ったパイ生地でアップルパイを作る

夫と私、そして高校生の娘の3人家族。

今年は、もうクリスマスツリーも出さない。どうせ出しても、すぐにまた片付けなければならないのだから・・・という、どうしようもないめんどくさがりぶり。

しかし、クリスマスだもの。
冷凍庫の中にある使いかけのパイシートを使って、アップルパイを作ってしまおう。

以前、半分だけ使って、あとはずーと冷凍庫の中にしまっていたパイシート。
そろそろ使ってしまわなくては・・・という気持ちはずーっとあったのですけどね。

りんご2個分を砂糖で煮詰める。

いつもりんごを煮ると、必ず煮崩れてしまうのですが、弱火でゆっくりじっくり煮ると、型崩れしないということがわかり、新発見。(今更かい!)

パイシートが半分しかないので、薄くうすーく伸ばして、パイ型に敷く。

18cmのパイ型にりんごを敷き詰めるには、2個分じゃ足りなかった。これも新発見。
次はりんご3個を煮て作ろう。

上に網目状にかぶせるパイシートも、薄くうすーく伸ばしてかぶせる。

網目がデカすぎるけど、致し方ない。

オーブンで焼いて完成。

パイの断層が薄っ!!!

わかっていたけど、半分のパイ生地では足りなかった・・・。

でも、りんごのコンフォートは形があるほうが、食べごたえありでおいしいということを新発見。

なんでも自分でやってみると、今更ながらわかることがたくさんあります。

今年のクリスマス

サンタクロースはこないし、プレゼント交換もしないし、しかも今年は雪がない。

クリスチャンでもないのだから、クリスマスだからどーしたっ!と、強気でいけばいいものを、なんとなく晩ごはんはクリスマスを意識した感じ。

家にあるものを使ってピザを焼く(ベーコン・玉ねぎ・しいたけ)

チキンサラダに市販のフライドチキン。

そして、私が作った薄っぺらなアップルパイと、夫が買ってきたケーキ。

一日一発見

クリスマスの楽しみ方も人それぞれだし、何も派手に何かをやる必要もない。

だけど、アップルパイを焼いたことで、りんごが煮崩れない方法もわかったし、パイ生地はやっぱり厚めのほうが、パイらしい断層を楽しめるということもわかったし。

季節の行事をきっかけに、何かひとつやってみるということは、単調な毎日に刺激を与えてくれるというものです。

一日一発見が老化を止めるというではありませんか。

日常の中にある小さな気づきを楽しみたい。

子どもが巣立ってからのほうが、季節の行事を楽しむ意識を持つことが大切なのかもしれませんね。

スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. とも より:

    メリークリスマスです。
    そらはなさん家のクリスマスメニュー。
    手作りで、すごくおしゃれですよー。
    我が家といえば、ジジババ2人だけなので静かなイブでした。
    それでもやはりチキンかなと、手羽中を唐揚げにして、お刺身も買いました。ってまるで居酒屋メニュー。ジジババだとこんな感じです。

    小さかった子供とのクリスマスを、1人思い出してはウルウルきてます。
    私も季節を感じる生活を送りたいなーと思ってます。

    明朝のNHKのあさイチは、親の心配事が特集のようです。認知症のことも少しあるようです。

    • そらはな より:

      ともさんへ♪
      居酒屋メニュー!最高です(#^^#)
      夫と2人になったら、缶詰をつまみに乾杯してるかも。今どきのおつまみ缶詰っておいしいのですよねー。
      それでも、やっぱり季節を感じる生活って大事だなーって思いますよね。
      で、何に季節を感じるかっていうと、やっぱり食べ物なんですよねー。
      食は身体に基本ですからね。大事にしたいと思いました。
      認知症のこと、youtubeでたくさん動画が紹介されていますね。
      人の体験談って何よりも参考になります。

  2. みけ より:

    メリークリスマスです。
    うちは、子供たちとの会でした。

    子供の、プレゼントを見つける笑顔見たさに。。。本当それですね。
    当日までプレゼントを隠して、サンタからのお手紙を書いてみたり。
    どこのおうちも通ってくる時間なのですね(*^^*)

    そらはなさんの、手作りクリスマスご飯美味しそう!
    旦那様もケーキ買ってきてくれるのも。素敵です!

    • そらはな より:

      みけさんへ♪
      クリスマスは、子どもと一緒に楽しむのが一番楽しいかもしれませんね。
      あ・・・、恋人たちは、それはそれで楽しいのでしょうけどね。
      長男が3歳のころ、クリスマスプレゼントに大喜びして、窓を開けて外に向かって「サンタさん、ありがとぉぉぉー」と叫んでいたことを思い出しました。
      懐かしい思い出です。