家計の仕事始めは多すぎるパスワード管理から デジタル遺産をアナログに残すわけ

スポンサーリンク

インターネットな世の中となり、ログインするためのパスワードも増え続け、それらを管理するのも大変です。
しかも、パスワードは定期的に変更することを求められ、さらに面倒だと感じることも多々あります。

というわけで毎年、新年最初の家計の仕事始めは、パスワードの変更・更新作業をするのですが、今年はなかなかやる気スイッチが入らず、今日になってようやく重い腰を上げました。

スポンサーリンク

パスワードの管理方法

インターネットの普及により、それぞれのサイトへアクセスするためのIDとパスワードはどんどん増え続けていますよね。
さらに私は、ネットバンクもいくつか保有しているので、それらのパスワードや暗証番号は定期的に変更をして管理しなければなりません。

さて、このIDとパスワードの管理をどうされていますか?

銀行のキャッシュカードの暗証番号も、昔は自分の生年月日を充てている人が多く見受けられましたが、今はそれもNGです。
インターネットにアクセスするためのIDとパスワードも、同じものを使い回すのは大変危険であるというのは、周知の事実。
それぞれ個別に設定しなければならないのだから、増えすぎるIDとパスワードの管理は大変です。

そんなパスワードを管理するアプリもたくさんありますが、私は今でもアナログ管理をしています。
それは紙に書くこと。

一度エクセルなどでIDとパスワードの一覧表を作ってしまうと、あとは比較的簡単に管理ができます。

パスワードのアナログ管理方法

アナログと言っておきながら、エクセルを使っているんだから完全なアナログではありません。
以前は、ノートにひとつひとつ手書きでIDとパスワードを記していたので、本当にアナログ管理をしていたのですが、数年前からエクセルで一覧表を作るようになりました。

なぜなら、パスワードって定期的な変更を求められるからです。
消しゴムで消して、書き直せばいいことなのですが、なんだかグチャグチャとなってしまい、美しくない。

というわけで、一覧表にIDとパスワードを打ち込んでおきます。
最初の作業は少し手間取りますが、一度作ってしまえばあとは簡単です。
そして、新年最初の家計管理の仕事が、パスワードの変更と、一覧表を更新するという作業となります。

パスワードの決め方

パスワードを決めるときは、自分なりのルールがあります。

1.自分の好きな言葉
2.自分の好きな数字
3.言葉をローマ字化し、その間に数字を組み込んでいく
4.パスワードの更新時は、前回のパスワードにプラスαの言葉や数字を付け足す

例えば私の好きな言葉は『空と花の色』、好きな数字は『1234567』とします。

空と花の色⇒soratohananoiroの中に、数字を入れていくと
so1ra2to3ha4na5no6i7ro』という基本のパスワードが完成します。

これに、サイトごとの文字を付け加えます。

yahooIDのパスワードならば『yahooso1ra2to3ha4na5no6i7ro』。
SBIネットバンクのパスワードならば『sbiso1ra2to3ha4na5no6i7ro』。

もちろんyahooの文字は最後に付け加えてもいいし、大文字にしてもいいし、自分のやりやすい方法でかまいません。

そして、新年に一斉にパスワードを更新するときは、その年にちなんだ言葉や数字を加えるだけ。
干支にちなんで『yahooso1ra2to3ha4na5no6i7roinoshishi』としても良いし、2019年なので『2019』を加えてもいいし、法則をひとつ決めると、あとは簡単に変更できます。

流行語大賞の『そだねー:sodane』でもいいし、昨年の漢字『災:wazawai』でもいいですしね。
・・・って、災いは嫌な言葉だから、使いませんけどね。
あとは今年の抱負である『遺品整理:ihinseiri』でもいいわけですし。
あ、これは私の目標です。

これを新年最初の仕事として、エクセルで作った表を一斉に書き換え、あとはそれぞれのサイトでパスワードの変更をするだけです。

変更をするだけ・・・といっても、作業に1時間はかかります。
さらに、家計簿アプリのマネーフォワードを使っているので、こちらも提携する銀行のパスワードを変更しなければなりません。
なんだかんだで作業に2時間近くかかりました。
これで今年の、デジタル遺産の管理更新作業は終了です。

作成した一覧表はファイルに入れて保存していますが、家族には「私に万が一のことがあったときは、このファイルを見てね!」と周知しています。

紙の一覧表で保存するわけ

私が紙の一覧表で保管しておく理由は、家族の誰がみてもわかるようにするためです。

私にもしものことがあった時、家族がこの表をみてネットバンクにアクセスし、埋もれてしまうお金がないようにしたいのと、私が利用していたサイトを退会する手続きもしてほしいという思いもあります。

デジタル遺産は、モノとして目の前にあるわけではありませんが、クラウド上にいつまでも残る可能性があります。
理想は、自分がもうネットを利用することができなくなる前に、すべてきれいに削除してしまいたいのですが、そんな風にできることは不可能に近いと思っています。
だって時代はデジタル、そしてインターネットな世の中。
さらに人工知能に依存しなければならない世の中になると思われるので、これからもIDとパスワードは増えていくと思います。

しかし、年齢とともにできなくなることも増えていきます。
例えば「もう遠くに旅行することはしない、できない」となればANAの会員を退会するとか、えきネットの会員登録を削除するとか、そういう線引きは自分で決めて自分でやりたいなぁと思っています。

でもね、本当の理想は、ピンピンコロリってやつですかね。
やりたいことを全部やりつくして、最後は家庭菜園で野菜の出来を喜んで、翌朝眠るように逝くっていうのがいいな・・・。

だから、デジタル遺産はやっぱり家族に託すしかないのでしょうね。
今年も、家族にわかりやすい収納管理、書類整理を心がけたいと思います。

 

*この記事は、2018年1月3日に投稿したものを加筆修正しました。

 

 

コメント

  1. るり玉 より:

    こんばんは(*^^)

    あぁ、また耳が痛いです。
    パスワード、全然変えてないんです(;・∀・)
    一応ノートに書き記して娘に伝えてはいるものの、
    一度も変更をしたことがないという・・・。
    またまたひとつお勉強、というか、ダラダラと先延ばししていることに喝を入れていただきました!
    そらはな先生、ありがとうございます!
    やるぞー、おー。

    四季はソング&ダンスからスタートなのですね。
    広島にも来てくれるかな~、楽しみに待っていようっと。

    黒豆、簡単簡単!
    時間さえかければ煮えますから(*^^)v
    自分で作るとさっぱりとした甘さでいくらでも食べられちゃう。
    黒豆の汁は喉にも良いって言いますしね。
    これもまたレシピよりもお砂糖を減らして自分なりに作りました。
    来年は是非♪

    • そらはな より:

      るり玉さんへ♪
      ふつうのサイトのパスワードは、まぁまぁそのままでもさほど支障はないと思いますが、ネットバンク関係だけは、変更しなきゃなぁ・・・と思っているので(^-^;
      でも、一度パターンを作ってしまえば、あとはその時期がきたら淡々とやるだけなので、けっこうすんなりできますよ。
      黒豆!作ってみたくなってきたぞー。
      そうそう、昔から黒豆の汁は喉にいいって言いますもんね。
      来年は挑戦してみようと思います。
      あ!
      今月の劇団四季のアルプに、阿久津さんが載っていたのですが、ロン毛のワイルドな感じになっていて、ゾクゾクしちゃいました。
      阿久津ジーニーをみてから、一気にファンになってしまいました(#^^#)