はじめての方はこちらへどうぞ
スポンサーリンク

医療保険と貯蓄のバランス

病気や怪我に備える医療保険の加入は、いわば人生の賭けのようなものです。
万が一に備えて・・・と、あれもこれも入っていたらキリがない。

私は、民間の医療保険は必要ないという考えで若いころは加入していませんでした。
しかし、今は加入しています。
それは、家計に負担のない月々2,000円の掛け金のものです。

スポンサーリンク

保険よりも貯蓄

「保険に入るよりなら、そのお金を貯蓄しなさい」
社会人になってまだ右も左もわからなかった私に、母はよくこう言っていました。

周囲の人たちは、社会人の身だしなみ?として生命保険やら医療保険やらに加入しています。
本当に保険は必要ないのかな。
万が一何かあったらどうするんだろう。

そんな不安がなかったわけでもありませんが、母は繰り返し言いました。
「人間、簡単には死なないし、そうそう入院したりすることなんて、まず、ないものよ」

それらを鵜呑みにしたわけではありませんが、結局私は保険のセールスレディーに踊らされることなく、生命保険や医療保険には加入しませんでした。

その後結婚しても、自分自身の医療保険には入りませんでした。
理由は、高額療養費制度があることを知ったからです。

スポンサーリンク

高額療養費制度

医療機関や薬局の窓口で支払ったお金が、暦月(1日から末日まで)で一定額を超えると、その分が戻ってくる制度が高額療養費制度です。
自己負担額は、年齢や所得によりちがってきます。

69歳以下の場合は5段階に分けられています。

適用区分ひと月の上限額(世帯ごと)
1.年収約1,160万円~
健保:標報83万円以上
国保:旧ただし書き所得901万円超
252,600円+(医療費-842,000)×1%
2.年収約770~約1,160万円
健保:標報53万~79万円
国保:旧ただし書き所得600万~901万円
167,400円+(医療費-558,000)×1%
3.年収約370~約770万円
健保:標報28万~50万円
国保:旧ただし書き所得210万~600万円
80,100円+(医療費-267,000)×1%
4.~年収約370万円
健保:標報26万円以下
国保:旧ただし書き所得210万円以下
57,600円
5.住民税非課税者35,400円

注 1つの医療機関等での自己負担(院外処方代を含みます。)では上限額を超えないときでも、同
じ月の別の医療機関等での自己負担(69歳以下の場合は2万1千円以上であることが必要です。)
を合算することができます。この合算額が上限額を超えれば、高額療養費の支給対象となります。

 

 

例えば、適用区分3の場合(健康保険:標準報酬月額28万~50万円)、ひと月の医療費が100万円かかったとします。
しかし、健康保険で窓口で支払う自己負担は3割なので、30万円です。
さらに高額療養費制度を利用すれば、

80,100円+(医療費1000,000円-267,000円)×1%=87,430円

となります。

事前に医療保険から認定書を発行してもらう手続きをすると、医療費が100万円かかっても、実際に病院に支払うお金は9万円弱で済むのです。

もちろん、高額療養費制度は健康保険が適用されるものが対象なので、食事代や差額ベッド代などは別途請求されますが、100万円かかる医療費の1割程度で済むと思えば、ありがたい制度だと思います。

健康保険という保険

サラリーマンの場合は、健康保険料が毎月給料から天引きされ、健康保険証が渡されます。
これは、健康保険という保険に加入していることになり、基本的に医療費は3割負担で済みます。

幸い、持病のない夫と私。
私が定期的に歯医者へ行くくらいなので、我が家の医療費は年間5万円もかかっていません。
毎月1万円の医療費積立をしているのは、万が一のためですが、今のところその万が一もなく平和に過ぎています。

また、これまで夫と私の入院歴は、夫1回、私0回。
数年前に外傷性気胸と肋骨骨折で入院した夫ですが、医療費は高額療養費制度のおかげで窓口負担は約9万円で済みました。
さらに、加入していた県民共済の保険金が6万円おりてきたので、実質自己負担は3万円程度で済みました。

夫の保険履歴

実は、夫は独身時代に保険のセールスレディーにすすめられるがままに、生命保険+医療保険に加入し、毎月約3万円近い保険料を支払っていました。
約20年間保険料を納めたので(途中、保険料を減らしていますが)
3万円×12か月×20年=720万円

しかし、この間入院したことは一度もありませんし、今でも生きてる(笑)。
幸いなことに、万が一に備えて加入した保険の恩恵は、一度も受けませんでした。

十数年前の夫の転職を機に、この生命保険+医療保険は解約しました。
一部の終身保険のみ払込み済として残したので、夫が死亡時は葬式代くらいはまかなえる保険金がおります。
その時の解約金で、貯蓄型の特別終身保険に加入しました。


そして、新たに加入したのが県民共済。
月々2,000円の掛け捨てです。
この県民共済に加入して4か月後に、夫は外傷性気胸で入院したわけですが、ちゃんと保険金がおりてきました。

貯蓄があれば保険は必要ない

ある程度まとまった貯蓄があれば医療保険は必要ないという考えは、今だから言えることですが、若いころは貯蓄もなければ、将来への不安もあり、やっぱり万が一に備えて・・・と考えるのは当然です。

しかし、毎月給料からひかれている健康保険料や、高額療養費制度のことをきちんと理解していれば、無駄に民間の医療保険に加入する必要もなくなりますし、もっとコンパクトな保険の加入にすることもできます。

あとは、自分の家系が脳卒中や高血圧などで亡くなった人が多いとか、自分の親は健康なのか否かを考慮して、医療保険は必要かどうか判断することも大事ですよね。

幸い、夫も私もこれまで時に大きな病気にかかることなく過ごしてきました。
「まとまった貯蓄ができるようになれば、医療保険は必要ない」という考えは今でも、いや、むしろ今のほうが強く強く思います。

しかし、保険は必要ないという考えの私も、数年前に月額保険料2,000円の県民共済に加入しました。
日本の医療制度は、私たちを手厚くサポートしてくれていますが、加齢とともに健康状態には不安も出てきます。
医療保険は、自分の健康状態と貯蓄の中から医療費としてどれくらい回せるかを考慮して、加入内容を見直ししていかなければならないと思っています。

保険でまかなえないものは貯蓄でカバーする

ところで、医療保険や高額療養費制度でカバーできないもの。
それは、入院時に個室に入りたいとか、入院に伴ってかかる雑費など。
それらを民間の保険でカバーするという考え方もありますが、私は必要ないと思っています。

いつ病気になっていつ入院するかわからないものに、保険という掛け金を収めるよりも、医療費用として貯金をしておけばよいと思うからです。

もっとも若いころは、貯金もなければ将来の不安もあるので、保険に加入して安心を買うというのもありでしょう。

我が家は、たまたま夫の転職を機に保険の見直しをしたわけですが、今となってはその決断をしてよかったと思っています。

医療保険と貯蓄のバランスって、夫婦の年代や家族構成によって変化していくものですから、なんとなくそのままずるずると保険に入っているということはせず、その都度見直ししていく必要があります。

末娘が大学を卒業し社会人となった時、再度保険の見直しをしようと思っています。

 

*この記事は、旧ブログで2015年に書いたものを、加筆修正したものです。

コメント