銀行に行く回数を減らしたい SBIネットバンクと地銀の給与振込口座を連動させるサービス

毎月お給料が口座に振り込まれると、私の銀行行脚が始まります。
私の場合、出向く銀行のATMは全部で4か所。
お金を引き出し、必要な口座にお金を入金する。
これだけでも1時間はかかります。
なぜなら、銀行のATMが同じ場所にあるわけでもないし、通帳記入もしたいわけだし、それぞれの銀行に出向くしかないのですよね。

しかし先日、ネットバンクであるSBI銀行と、私のお給料が振り込まれる地銀を連動させ、お給料を自動でSBIネットバンクの口座へ移動させる仕組みを作りました。
これにより、お給料を引き出す時も、土日祝祭日関係なく、しかも仕事が終わってからの夜間でも手数料無料で、ATMでお金を引き出せるようになります。

スポンサーリンク

地方銀行のデメリット

私のお給料が振り込まれる口座は、会社から指定された地方銀行。
自分で変更することはできません。

以前ならば、地銀はその土地のメリットを活かして、地元に多くの銀行支店を持っていたり、スーパーなどにもATMが設置されているので、地元に住んでいれば使い勝手は良い銀行でした。

ところが、ネットバンクが多くなってきたここ数年、サービス面では地銀が明らかに劣るし、不便だなぁと思うようになりました。

・金利が低すぎる
・手数料が高すぎる

コンビニは24時間開いていて、大手スーパーなども年中無休営業が多くなりました。
そんなことが当たり前の世の中になったのに、私が利用する地銀は、祝祭日や夜間の入出金は手数料がかかります。
一定条件を満たせば、コンビニのATMでも手数料無料でお金は引き出すことができますが、通帳記入は地銀のATMでやらなければならないので、結局いつかは地銀に出向くことになります。

なるべく時間と労力は極力減らしたい。
年々、そういう思いは強くなるばかりです。

銀行行脚

お給料が振り込まれると、私の銀行行脚が始まります。

・A銀行:夫の給与振り込み口座
・B銀行:私の給与振り込み口座
・ゆうちょ銀行:保険・光熱費などの引き落とし口座
・イオン銀行:携帯電話料金引き落とし口座・waon積立口座・貯蓄用口座
・SBIネット銀行:次男の家賃生活費入金口座

メインで利用している口座は、全部で5つ。(5つもあったらメインって言わないけれど)
夫の給与振り込みも会社で指定された銀行なので、これも変更できません。

なので、A銀行で夫のお給料を引き出して、B銀行で私のお給料を引き出して、ゆうちょ銀行のATMで引き落としになる一定額を入金します。
ゆうちょ銀行ATMでは、イオン銀行とSBIネットバンクのキャッシュカードを使うことができますが、3つの口座にお金を入金していると時間もかかるし、後ろに並んでいる方にも迷惑がかかるので、結局いつもゆうちょ銀行だけの入金でやめてしまいます。

その後イオンで買い物する時に、イオン銀行ATMでイオン銀行とSBIネットバンクへの入金を済ませます。(イオン銀行ATMでもSBIネットバンクのキャッシュカードは利用可能)

この銀行行脚だけでも1時間はかかるのですよね。
時間がもったいないなぁ。

銀行に行く回数を減らしたい

SBIネットバンクでは、「定額自動入金サービス」というものがあります。

お客さまの他行口座から毎月5日または27日に指定金額を引落し、自動的に当社口座へ入金いただけるサービスです。
毎月一定額をATMや振込によって入金しているお客さまは、当社への入金が自動化できますので便利です。
手数料は無料、ご入金は1万円以上1千円単位で設定可能です。

SBIネット銀行定額自動サービスHPより

毎月、次男の家賃と生活費のお金は、SBIネットバンクへ入金しています。
指定した日になると、自動的に次男名義ゆうちょ銀行口座へ家賃と生活費が入金され、そこから家賃が引き落としになります。
あとは次男が必要な生活費を自分の口座からキャッシュカードで引き出すというわけです。

家賃や生活費は、あまり早く入金しても、次男がいつキャッシュカードを紛失するかわかりませんし(←信用していない)、私も仕事をしているのでいつでも銀行に出向けるわけではありません。

自分が行けるときにSBIネットバンクに入金しておけば、あとは自動的に次男の口座に入金してくれるシステムは大変ありがたいのですが、私の給与振り込み口座からお金を引き出すのは、直接地銀に出向かなければなりませんでした。

ところが、SBIネットバンクの定額自動入金サービスのおかげで、地銀からSBIネットバンクへの入金が自動でできるようになるので、わざわざ地銀に出向かなくてもよくなるのです。

銀行へ出向く回数が1つ減ることになります。これはありがたい。

*住信SBIネットバンクHPより

定額自動入金サービスを利用するためには

自分名義の地銀もインターネットバンキングの契約をしていなければなりません。
インターネットバンキングの契約は、地銀のHPで申し込みが可能でしたが、契約完了するまで2週間かかりました。

また地銀の口座からSBIネットバンクへの入金は、引き落とし日が毎月5日または27日と決まっていて、SBIネットバンクへ入金されるのは、引き落とし日から4営業日後の午前中となります。

自由に日にちを指定できないのが少し不便ですが、お金の移動が手数料無料で行えて、自分はわざわざ銀行のATMへ出向かなくてもいいのだから、一度自動化システムを作ってしまえば、時間と労力が省けるのですよね。

次男の家賃と生活費の金額分を自動入金するようにしていましたが、私のお給料を全額SBIネットバンクへ移動させれば、あとは祝祭日だろうと、仕事が終わってからイオンへ行ってATMでお金をおろそうと、手数料無料でお金が引き出せるのだから、これを利用しない手はないと思いました。

なお、SBIネットバンクは利用状況によってランクが決まり、私の場合は月5回までならATMからお金を引き出すのが無料です。
入出金の記録は、ネットで確認できるので、通帳記入もいつかそのうち近くに寄った時でいいのですもんね。いや、ネット上で確認できるのだから、通帳記入も必要ないかな?

歳を重ねるごとに、気力も体力も衰えてくるし、自分に残された時間はお金と同じように貴重で大切なもの。
自分の生活スタイルに合わせて、便利なシステムは活用していきたいと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. レッサーポンタ より:

    お久しぶりです。
    銀行との付き合い方も、見直してみるとわかりやすいですね!
    私も今度やってみます。

    私は自分のお給料が会社ではどこでもOKだというので、住信SBIに振り込まれるようにしてもらいました。
    これのおかげですっごく助かってます。
    でも、もしそうでなかった場合も定額自動入金サービスがあるとは便利ですね。知らなかったです。

    • そらはな より:

      レッサーポンタさんへ♪
      いいなぁ。給料振込口座が指定できるなんて。
      私もSBIにしたいなー。
      ネットバンクならではの便利なサービスってありますよね。
      こういうのを上手に活用していきたいです。

  2. シナモン より:

    そらはなさん、こんにちは、シナモンです。私は、生命保険の掛け金や、3つのクレジットカードの銀行口座への入金に住信と新生銀行、ソニー銀行のネット銀行を使っています。一円単位で入金出来るので便利です。

    先日、同時期に自動車税とJA保険の掛け金の支払いがあり、数年前までは、銀行やJAと回っていたのですが、近所のセブンイレブンのみで済みました。自動車税は、ナナコで支払い。ナナコポイントはたまりませんが、ナナコには楽天カードで入金すれば、楽天ポイントが付きます。保険料と楽天カード使用分を新生銀行にまとめて入金して、あとは自宅のパソコンで各口座に振り込みです。コンビニのATMは本当、便利だなと実感。
    ネット銀行の手数料無料サービスで街の銀行のATMに行く回数が劇的に減りました。

    • そらはな より:

      シナモンさんへ♪
      すごいですね。すべてイマドキ銀行!
      で、シナモンさんのコメント読みながら思ったのですが、私もゆうちょ銀行の口座引落を、SBIかイオン銀行に変えられるものがあれば、変えちゃおう。
      今更ながらそう思いました。
      自分が便利に使える銀行が一番ですもんね。
      自宅でPCで操作できるのはとってもありがたい。なるべく出歩く回数は少ないほうがいいですもんねー。

  3. クロン より:

    はじめまして。
    役立つ情報がいっぱいで、いつも楽しくブログを拝見させていただいています。

    SBI銀行便利ですよね!
    私も自動入金入金サービスを知って、今月設定したところでした。

    給与が地方銀行に入金され、27日にSBI口座に自動入金され、指定日に自動で住宅ローンの口座に振込がされるようにしています。しかも住宅ローンは夫婦別なので、今まではお互いの銀行に入金しないといけなかったのが、全て自動化!しかも振込手数料もかからない!便利すぎてびっくりです。

    これからも色々な情報を活用していけたらなと思っています。