キャッシュレス生活で得する5つのこと

スポンサーリンク

国がキャッシュレス決済を後押ししています。

消費税10%になるのと同時に「キャッシュレス・消費者還元事業」を打ち出したのですから、これを機会に日本でもキャッシュレス決済が加速するのではないかと思われます。

私も1年前から、キャッシュレス決済できるところでは一切現金は出さなくなりました。
なぜなら、現金で支払うよりもキャッシュレス決済の方がずーっとお得だとわかったからです。

スポンサーリンク

キャッシュレス・消費者還元事業とは

2019年10月、消費税が10%になるのに伴い、クレジットカードなどでキャッシュレス決済をするとポイントが還元されるという事業です。

お店により、ポイント還元は2%または5%になる予定で、実施期間は2020年6月までの9か月間。

政府の景気対策の一環ですが、東京オリンピックが開催されることもあり、日本もキャッシュレス化を図るという目的のようですね。

キャッシュレス化は韓国89%、中国60%、カナダ・イギリス55%、アメリカ45%などであるのに対し、日本はまだ20%にも満たないそうで、今後は金融の効率化のためにも40%にまで引き上げることを目標にしています。

1年前からほぼキャッシュレス決済をしている私にとっては、キャッシュレス・消費者還元事業は非常にありがたいものです。
だって増税分の2%が、キャッシュレス決済でポイントとして戻ってくるんですもんね。

キャッシュレス決済の種類

現金以外での支払い方法を、キャッシュレス決済と呼びますが、そもそもキャッシュレス決済にはどんな方法があるのでしょう。

クレジットカードで支払うのももちろんキャッシュレスですし、waonなどの電子マネーでの支払いもそうですよね。
近頃話題のPayPay(ペイペイ)も、スマホのアプリを利用したキャッシュレス決済です。

あまりにも多種多様でわけがわからなくなりますが、よーく考えてみると、前払いか即時決済か後払いかってことになります。

1.前払い方法

waonやSuicaなど、事前にカードに現金をチャージしておき、その範囲内で支払うやり方です。
私も以前は、waon払いがメインでした。

2.即時決済方法

デビットカード払いがこれになります。
決済にて、即時に自分の銀行口座からお金が引き落としになります。
わざわざお金を銀行からおろさなくてもいいし、銀行口座に入っている金額分しか使えないので、まさに財布と同じ感覚です。

3.後払い方法

クレジットカード払いがこれになります。
支払いは、クレジットカード会社がいったん立替えて、1~2カ月後にまとめて請求がきます。

なお、PayPayやLINE Pay、楽天Payなどのスマホ決済方式は、前払い方式と後払い方式があります。

利用しているキャッシュレス決済はデビットカード払い

以前は、クレジットカード払いやwaonの電子マネーをよく利用していましたが、昨年から支払いはほとんどデビットカード払いになりました。

銀行口座から即時引落しになるので、現金感覚で使えるところがお気に入り。
レジで決済した瞬間に、メールでデビットカード払いのお知らせが届くのも、安心感があります。

実店舗での支払いは、イオンデビットカードで支払い、楽天市場などのネット通販は楽天銀行デビットカード決済にしています。

支払いをwaonからデビットカード払いに変えて得られたメリット
以前はwaonポイントを貯めまくっていた私ですが、今年の春からwaonで支払うのをパタリとやめました。 同時に、イオンデビットカードを作り、支払いはデビットカードを使うようになりました。 すると、今まで頭と労力を使ってめんどうな操作をし...

キャッシュレス払いで得する5つのこと

私のキャッシュレス払いは、デビットカード決済という前提で、得した3つの点です。

1.ポイントがつく

現金での支払いは、支払って終わりですが、デビットカード決済ではポイントがつきます。
イオン銀行デビットカード払いでは、イオングループ対象店舗では200円につき2P、その他のお店では200円につき1Pもらえます。

楽天銀行デビットカード払いでは、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天グループサービスで使えば、買い物分で100円につき1P、さらにカード払い分に1Pつくので、大変お得です。

2.支払い方法がスマート

レジで、お札や小銭を出さずとも、デビットカード1枚で支払いが済むので、時短かつ動作もスマートです。

3.家計管理が便利

デビットカード決済すると、メールで即時お知らせがきます。
また明細もHPで確認できます。
さらに家計簿にマネーフォワードMEを使っていると、そのまま反映されるので、家計簿の自動入力ができとても便利です。

家計簿はチェックするだけ デビットカードとマネーフォワードの組み合わせは最強
先月、デビットカードを2枚作りました。 楽天銀行デビットカードとイオンデビットカードです。 これにより、家計管理がとっても楽になり、私のお金の支払い方はカード決済がメインとなりつつあります。 家計簿も、自動で入力してくれるマネーフォワ...

4.財布がスマート

デビットカードは、自分の銀行口座に入っているお金の分しか使えないので、まさにカードが財布です。
財布にも余計な小銭を入れなくて済むので、財布の中がスマートです。

5.キャッシュレス・消費者還元事業でさらにお得

2019年10月には消費税が10%になる予定ですが、これに伴いキャッシュレス決済でポイントが還元されるので、さらにお得になりますよね。

期間限定とはいえ、これを利用しない手はないので、上手にお得にキャッシュレス決済を利用していきたいと思っています。

わずか10数年前には、カード払いなんて怖くてできない!と思っていたものですが、時代の流れとともに便利でお得なものも、どんどん移り変わっていくのですよね。

自分の家計は自分で守るしかないのですから、よーく調べて納得した上で、いろいろなサービスを使いこなせていけたらいいと思っています。

今はデビットカード払い一択ですが、そのうちスマホ決済になる日もくるのかなぁ・・・?

 

コメント

  1. mrsP より:

    スマホ決済も便利ですが…不便もあります。
    私はdカードをメインカードとして使い、サンキューパスポートなどを使用する時はイオンセレクトを使用しています。(dカードの方がポイントが多くつくので)

    イオンで買い物する場合、
    まずWAON POINTのため財布からイオンセレクトカードを出して、一度しまう。
    次にスマホを取り出し、ID決済をしたらスマホをカバンに戻す。
    受け取ったレシートをしまうためにまた財布をカバンから出して…って感じで全然スマートじゃない‼︎

    dカードで貯めたポイントをID決済で使った分と相殺できる仕組みがあるので、IDも使うのですが、支払い後受け取ったレシートを財布に入れたい私は、結局スマホも財布も取り出す羽目になるんですよねー

    コンビニでも、コンビニのwifiにログインして、スマホのデジタルポイントカードを表示し、次に決済のための操作をして…ってやっぱりスマートにできないー‼︎
    他の人はどうしてるんだろうと不思議に思ってます。

    • そらはな より:

      mrsPさんへ♪
      なるほど~。
      まさにスマホ決済のリアルな実体験ですね。
      キャッシュレス決済って、今が移行期でいろいろなパターンがいくつもあって、乱立しているような印象です。
      いずれもっとスマートに統一されていくのかもしれませんね。
      自分の生活スタイルに合わせた、スマートな決済を私も試行錯誤したいと思っています。