1週間晩ごはん献立まとめ3月5日~3月11日 海外よりも友達

スポンサーリンク

2月末日、次男が突然帰ってきました。
聞けば「市役所行ってパスポートの申請してきた」とのこと。

次男の住民票はまだ実家にあるので、パスポートをとるためにわざわざ帰省したというわけです。
しかし、パスポートが出来上がるまで1週間以上。
それから海外旅行の予約をするにしたって、あまりにも突然過ぎるではありませんか。

「行けたら行くし、行けなかったら行かない。とりあえず就職する前にパスポートは取っておこうと思って」という次男へ、もしも海外へ行くとしたらどこへ行くのか聞いてみました。

「中国」「万里の長城」「一人旅」
というキーワードを聞き、聞かなきゃよかった、知らなきゃよかったと、心底思いました。

そんなこんなの1週間晩ごはん献立まとめです。

スポンサーリンク

1週間晩ごはん献立まとめ

3月5日・・・法事のため外食

 

 

3月6日 チキン南蛮

Cpicon 大人気☆揚げないチキン南蛮(お弁当にも) by けいちょん*megu
れんこんとパプリカとピーマンの揚げびたし
なめこの味噌汁
Cpicon ∮ ほんだしで✰彡白菜の浅漬け風 ∮ by 矢切のねぎちゃん

 

 

3月7日 あんかけ焼きそば

Cpicon ☆あんかけ焼きそば☆ by ☆栄養士のれしぴ☆
Cpicon 卵がふわとろ!中華たまごスープ by ほっこり~の
白菜の浅漬けキムチの素かけ

 

 

3月8日 豚丼温玉のせ

Cpicon 【基本】吉野家系かんたん豚丼 by 白いエプロンのクマ
Cpicon かぶの♪和風カルパッチョ♪ by Blue-Island
水菜のサラダ
ポテトサラダ・白菜の浅漬けキムチの素のせ・じゃがいもの味噌汁
3月9日・・・夕食各自

 

 

 

3月10日 うどん

うどん温泉卵のせ
オクラとトマトとえのきの中華和え
小松菜ともやしと卵炒め
白菜キムチ

 

 

3月11日 鶏手羽先照り焼き

Cpicon フライパンで10分!簡単手羽先の甘辛煮♡ by ♡海猿の嫁ちゃん♡
大根の皮のきんぴら
揚げ出汁豆腐なめこのせ
じゃがいもとワカメの味噌汁
小松菜のナムル

海外よりも友達

えーっ!中国?
えーっ!万里の長城?
えーっ!一人で?

聞けば聞くほど、想像すらしていなかった返答を、よくもまぁポンポンと言い放つよね、次男。

男子一人、それくらいの度胸があるくらいが丁度良いのかもしれませんが、親としては非常に不安です。
だって、はじめての海外旅行ですよ。
それが一人旅なんですよ。
しかもまだ予約すらしていなくて(パスポートがないのだから当たり前ですが)、ちょっとその辺のコンビニへでも行くような感覚で、言ってのけるのだから、本当にびっくりします。

行くなと言ったところで、聞くような次男でもないし、もしも次男がパスポートを取ったことを知らなければ、きっと海外へ行くことも私は知らなかったわけで、次男は知らない間に海外旅行へ行って、知らない間に日本へ帰ってきてたというパターンになるのでしょう。

それでも、ちょっと次男へ言ってみました。

ねぇねぇ、海外へ行く前にさ、日本にはすばらしいところがたくさんあるじゃん。
例えば、伊勢神宮とかさぁ、厳島神社とかさぁ(←すべて私が行きたいところ)、そういうところへ行ってみたらいいんじゃない?

すると次男
「厳島神社は大学2年生の時、行ったよ」ですって!

ほらね。
親が知らない間に、高速バスを乗り継いで広島まで行ってしまう次男なんですよ。
これじゃあ、就職前の自由な時間がある今のうちに、次男が中国へ行きたいというのも、もはや止められないのですよね。

ところが、先日出来上がったパスポートを取りに帰省した次男へ再び聞いてみたら、あっさりと「海外行くのはやめた」とのこと。
なんで?行かないの?と、今度は逆に私が、行けよとばかりに質問すると、次男は言いました。

「海外は、これからいつでも行けるけど、今しか一緒にいられない大学の仲間たちとの時間を大事にしようと思った」だって。

なんてクサいセリフなのかしら。
でもその通り。

卒業式を終えたら、すぐにアパートを退去して、新任地へ引っ越ししなければならない次男ですから、残り僅かな学生生活を、ともに過ごしてきた仲間たちと思う存分楽しんでくれたほうが、親としてもよっぽどうれしいではないですか。

大学1年生の夏休みに帰省した次男が「大学へ戻りたくないな」とボソッと言った時は、果たしてこの子は卒業できるだろうかと、心配もしたけれど、親の心配はまったく無用でありました。

きっと、中国へ一人旅するよりも、今しかできない仲間たちとの時間が、何よりも貴重な時間となるでしょう。

次男へ幸あれ!

 

コメント

  1. うちの長男(社会人一年生)
    私が、手出し口出しするのをとても嫌がります。
    「自分で失敗して学ぶからいい」とまで言います笑
    そりゃ大きなことは(自分で決めるしか後悔しない方法はないので)
    じっくり考えて、自分で決めればいいけど
    例えば、ポケットワイファイ、解約月のうちに、新しいのに替えておいた方がいいよー
    とかいうささいなお得情報も、「ありがとう、でも自分で調べるからいい」とか
    母親の知識を利用しようとしません。
    若い大事な時間を、そんな検索に使って欲しくないから
    次男の為に(=まだ私の財布)調べたついでに
    今ならこれが最安みたいだよって言ってあげてるだけなのに、、、苦笑

    その昔、小さなことから大きなことまで(大学やめて結婚するとか)
    親に言った時には、自分の中でもう答えは出ていた、、ような気がする私
    に似ているんでしょうね、、、、

    3人の子ども、それぞれ巣立ち方まで違うなあと思います。

    私なら、パスポート取ったんだったら行っておいでって言ってしまいそうだけど
    次男くんの選択を見守れるそらはな師匠、素敵です!

    • そらはな より:

      麦おばちゃんさんへ♪
      おおー!さすが、麦おばちゃんさんです\(^o^)/
      私は「パスポートとったんだから行っておいで」とは言えず、むしろホッとしましたもん。
      大学をやめて結婚するという道をとり、しかも北海道へお嫁にいった麦おばちゃんさんは、お子さんたちにとっても頼もしい存在ではないでしょうか。
      そうそう、子どもに何か言ったところで、子ども自身はとっくに答えをだしているんですよね。
      だから黙って聞いてあげることが一番なんでしょうね。

  2. ちかちか より:

    こんにちは、そらはなさん。
    うちの次男は大学一年で研修で中国に行きました。向こうの大学生と交流などして、万里の長城他いろいろ見たらしいが写真も一枚しか見せてくれなかった。トイレが汚くて二度と行きたくないですって。
    旅行先の治安は不安ですよね。イギリスに行った時はテロの爆破が近くであって怖かったと。巻き込まれなくてよかった。フランスのホテルは夜はなんだかヤバイ所で安いホテルにするんじゃなかったと。旅行会社で選んだホテルだからと安全ではないのね。
    ベルギーからハンガリーに行った時四日音沙汰なし。不安で大使館に連絡しようと思ったらハンガリーにはwi-fiがあまりなく繋がらなかったと。ベルギーでも危ない目にあったらしい。
    日本のいいところがたくさんあるのにって私も同じ事言いましたよ。それでもやはり違う文化を経験するのは大事って、無事帰って来たから言えることですけどね。今は仕事で旅行どころではないようです。

    • そらはな より:

      ちかちかさんへ♪
      ちかちかさんのお子さんは、人生で貴重な経験をたくさんしているのですね。
      これは何にも変えられないすばらしい経験です。
      でも、やっぱり命あってのことですから、外国の治安を考えると不安にもなります。
      子どもも、いつの間にか成人し、自分で考えての行動ですから、見守っていくしかないのでしょうね。

  3. Kumakuma より:

    こんばんは、うちの息子も、大学生の時、研修のポスター貼ってあって、五万円で1週間行けたからって、宮古島行ってきたって、はるか過ぎてから聞きました。切符をアパートテレビの上に置いてきて、取りに戻ってギリギリ間に合ったとか、海パン無くて現地では高くて、パンツで入ったとか、行く1週間位前には、帰省してたのに一言も無く(笑)今も、ラインのアイコン時々代わり、温泉地等、今、行ったのか、前に行ったのか、尋ねても、既読にすらなりません(笑)でも、既読にならない方法で、私のラインは見ている模様です。

    • そらはな より:

      Kumakumaさんへ♪
      子どもが元気で楽しく過ごしているなら、それで良しですかねぇ(^-^;
      でも、せめて行ったあとに教えてほしいものです。
      うちの長男も、あとになってから「そういえば」って報告するタイプなので、あとでびっくりすることが多々あります。
      男子ってそんなもんなんでしょうね。

  4. ジュピター より:

    そらはなさん、こんばんは!
    次男さん、残り少ない学生生活を仲間と共になんて、素敵な仲間と過ごされた4年間だったんですね。
    なんだか羨ましいな。
    時々次男さんの記事を読むたびに、周囲の人を大切にされているな、感謝の気持ちを素直に表せるんだな、なんて感じていました。
    社会人として立派にやっていけると確信しております。

    うちの息子、春休みで1週間帰省していました。
    地元の友達にも連絡せず家でゲーム三昧。
    とても一人旅するとか、視野を広げるために何か行動するとか、全くありません。ただただ面倒くさがり。
    あ~、このままで大丈夫なの?!って、モヤモヤします。
    もう親が出る幕じゃないですよね。

    • そらはな より:

      ジュピターさんへ♪
      次男が、大学1年生の頃は「大学に友達はいない」とよく言っていましたが、こうして卒業する日がきた今、きっとよい仲間たちに巡り合えたのでしょうね。
      親としても、そう信じたいです。
      息子さん、帰省していたのですね。
      ゲームに興じた1週間も、よい息抜きになったのではないでしょうか。
      ちなみに、私も若い頃はゲーム好きで、休みの日は部屋にこもってドラクエに興じていましたよ。
      若い頃、ゲームにハマったおかげで、今はまーったくゲームに興味がなくなりました。
      何事も、経験を積んだからこその、今があると信じて、きっと息子さんも今が土台となっての将来につながっていくのだと思います。

  5. Kumakuma より:

    こんばんは、男子ってそんなもんでしょうかね。って、今、見て(笑)うちの娘も中々ってのを、今、思いました。
    娘、そらはなさんとこの長男さんと同じ年何ですが、IT のブラック企業に勤めていたのですが、同じような会社に今年転職したと報告有りましたが、会社名とか、そこから更に他に行く行き先聞いても教えてくれないんですよ?そんなの有りと思いますか?大地震とか言われてるなか、行方不明の場合どこを探せば良いのかとか言っても返事無しです。そんな娘もうちにはおります。トホホ(;´д`)

    • そらはな より:

      Kumakumaさんへ♪
      娘さん、すごい度胸ですね。
      それくらいあれば、何があってもどこへ行ってもたくましく生き抜いていけると思いますから、Kumakumaさんの子育ても成功でしょう。
      子どもが元気で生きていてくれるからこそ、親も好きなことができるのですよね(#^^#)