ある程度まとまった貯蓄があれば医療保険は必要ないという考え方

病気や怪我に備える医療保険の加入は、いわば人生の賭けのようなものです。
万が一に備えて・・・と、あれもこれも入っていたらキリがない。

私は、民間の医療保険は必要ないという考えで若いころは加入していませんでした。
しかし、今は加入しています。
それは、家計に負担のない月々2,000円の掛け金のものです。

スポンサーリンク
アドセンス336×280




保険よりも貯蓄

「保険に入るよりなら、そのお金を貯蓄しなさい」
社会人になってまだ右も左もわからなかった私に、母はよくこう言っていました。

周囲の人たちは、社会人の身だしなみ?として生命保険やら医療保険やらに加入しています。
本当に保険は必要ないのかな。
万が一何かあったらどうするんだろう。

そんな不安がなかったわけでもありませんが、母は繰り返し言いました。
「人間、簡単には死なないし、そうそう入院したりすることなんて、まず、ないものよ」

それらを鵜呑みにしたわけではありませんが、結局私は保険のセールスレディーに踊らされることなく、生命保険や医療保険には加入しませんでした。

その後結婚しても、自分自身の医療保険には入りませんでした。
理由は、高額療養費制度があることを知ったからです。

高額療養費制度

医療機関の窓口で支払ったお金が、暦月(その月の始めから終わりまで)で一定額を超えると、その分が戻ってくる制度が高額療養費制度。
自己負担額は、年齢や所得によりちがってきます。

69歳以下の場合は5段階に分けられています。

厚生労働省HPより(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/juuyou/kougakuiryou/index.html)

例えば、適用区分ウの場合(健康保険:標準報酬月額28万~50万円)、その月の医療費が100万円かかったとします。
しかし、健康保険は窓口で支払う自己負担は3割なので、30万円となります。
さらに高額療養費制度を利用すれば、

80,100円+(医療費1000,000円-267,000円)×1%=87,430円

となるのです。

事前に医療保険から認定書を発行してもらう手続きをすると、医療費が100万円かかっても、実際に病院に支払うお金は9万円弱で済むのです。

もちろん、高額療養費制度は健康保険が適用されるものが対象なので、食事代や差額ベッド代などは別途請求されますが、100万円かかる医療費の1割程度で済むと思えば、ありがたい制度だと思います。

健康保険という保険

サラリーマンの場合は、健康保険料が毎月給料から天引きされ、健康保険証が渡されます。
これは、健康保険という保険に加入していることになり、基本的に医療費は3割負担で済みます。

今年の我が家の医療費は年間約12万円。
毎月1万円の医療費積立で、なんとかバランスがとれています。
これも、3割負担で済んでいるおかげです。

特に大きな持病のない夫と私の入院歴は、夫1回、私0回。
数年前に外傷性気胸と肋骨骨折で入院した夫。
医療費も、高額療養費制度のおかげで窓口負担は約9万円。
さらに、加入していた県民共済の保険金が6万円おりてきたので、実質自己負担は3万円程度で済みました。

夫の保険履歴

実は、夫は独身時代に保険のセールスレディーにすすめられるがままに、生命保険+医療保険に加入し、毎月約3万円近い保険料を支払っていました。
約20年間保険料を納めたので(途中、保険料を減らしていますが)
3万円×12か月×20年=720万円

しかし、この間入院したことは一度もありませんし、今でも生きてる(笑)。
幸いなことに、万が一に備えて加入した保険の恩恵は、一度も受けませんでした。

夫の転職を機に、この生命保険+医療保険は解約しました。
一部の終身保険のみ払込み完了として残したので、夫が死亡時は葬式代くらいはまかなえる保険金がおります。
また解約金で、貯蓄型の特別終身保険に加入しました。

そして、新たに加入したのが県民共済。
月々2,000円の掛け金。この県民共済に加入して4か月後に、夫は外傷性気胸で入院したわけですが、ちゃんと保険金がおりてきました。

貯蓄があれば保険は必要ない

ある程度まとまった貯蓄があれば医療保険は必要ないという考えは、今だから言えることですが、若いころは貯蓄もなければ、将来への不安もあり、やっぱり万が一に備えて・・・と考えるのは当然だと思います。

しかし、毎月給料からひかれている健康保険料や、高額療養費制度のことをきちんと理解していれば、無駄に民間の医療保険に加入する必要もなくなりますし、もっとコンパクトな保険の加入にすることもできます。

あとは、自分の家系が脳卒中や高血圧などで亡くなった人が多いとか、自分の親は健康なのか否かを考慮して、医療保険は必要かどうか判断することも大事ですよね。

幸い、夫も私もこれまで時に大きな病気にかかることなく過ごしてきました。
「まとまった貯蓄ができるようになれば、医療保険は必要ない」という考えは今でも、いや、むしろ今のほうが強く強く思います。

とか言いながら、私も数年前にようやく月額保険料2,000円の県民共済に加入。
日本の医療制度は、私たちを手厚くサポートしてくれていますが、加齢とともに健康状態には不安も出てきます。
医療保険は、自分の健康状態と貯蓄の中から医療費としてどれくらい回せるかを考慮して、加入内容を見直ししていかなければならないと思っています。

*この記事は、旧ブログで2015年に書いたものを、加筆修正したものです。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
アドセンス336×280




アドセンス336×280




シェアする

フォローする

コメント

  1. 柴みなみ より:

    こんにちは
    いつも楽しく拝見しています。そらはなさんと同世代です。
    保険の話、そのとおりです。私自身保険の仕事をしていますが、
    人生で高い買い物は、一位家、二位保険ですよ。

    • そらはな より:

      柴みなみさんへ♪
      こんにちは(#^_^#)
      保険のお仕事をしていらっしゃる方に、そのように言っていただけると、本当にうれしいです。
      毎月の掛け金も、何十年となれば大きな額になりますよね。
      医療費用としてためたお金が、医療費として使うことのないよう願ってます。

  2. るり玉 より:

    こんにちは。

    高額医療制度、言葉は知っていて、
    主人が一度はお世話になったのに、
    その時はバタバタでそのまま。。。詳しい仕組みはよく知らないままです。
    健康のことは予測不可能、寿命を予測するのも不可能。
    50代に突入して健康にも不安が出てきたので、
    いろんなシュミレーションをして、
    それぞれの家庭で折り合いをつけて納得できる形にしたいものですね。

    美女と野獣の20周年公演観られたんですね!
    私も大好きな演目のひとつです。
    いいな~感動だったでしょうね(*´∀`*)に
    私も四季を語れて嬉しいです。
    ソング&ダンス、私も観たい~。
    来年もたくさん楽しみましょうね!

    • そらはな より:

      るり玉さんへ♪
      健康状態も寿命も、誰にもわかりませんものね。
      だから、自分の家計をよく考えてお金の割り振りをしなければなりませんが、いろいろな情報を得て考えていきたいものです。
      美女と野獣みたいなー。
      私が劇団四季にはまったのも、美女と野獣からでしたから、特別な思い入れがあります。
      また、公演されるといいなぁ。

  3. きずつば より:

    こんにちは~
    夫は医療費は貯蓄で賄えると判断し、今年初めに医療保険を解約しました。
    不安があったのは私のほうで、でも、夫の説明を聞き、納得して解約に同意しました。
    病院も、今は長くは入院させてもらえない、高額療養費制度もある、だったらその保険料は貯蓄にまわした方が良いという結論です。
    解約した翌月から、夫婦の保険料分は積立て預金に変更しました。

    子供たちにも、過剰な保険は掛けなくて良いと、夫はことあるごとに説明しているようです。

    • そらはな より:

      きずつばさんへ♪
      ご主人様、すごいですねー。
      きちんとした根拠をもとに、考えているのだから、心配ないですね。
      私も保険の話は長男にさらっと話しましたが、はたしてどうなってるんだろう。今度きたら確認してみます。

  4. あべま より:

    同世代のせいでしょうか、私も同じ同じようなことを考えていました。
    次のことを教えてもらえると嬉しいです。

    医療費は高額療養費制度でカバーされるでしょうが、
    私は差額ベッド代が恐怖です。
    病院の都合でそのような部屋に入ることになった場合、断ることができると聞きますが、果たして実際問題として断れるのでしょうか。
    ほかの部屋は空いていない、と言われたりもするようですし。

    医療保険は差額ベッド代のために、という私の考えはどう思われますか。

    ちなみに私たち夫婦は今のところ元気で入院もしたことはありません。
    実際のところはどうなのかわかってはいません。
    頭の中で考えているだけなので、なんだか不安だけが募ってしまいます。

    • そらはな より:

      あべまさんへ♪
      差額ベッド代ですが、病院側の都合で個室などに入った場合は、支払う必要がないと聞きました。
      もし、そのような部屋を自分の都合で利用するような場合、差額ベッド代の平均は1日5,000円くらいなので、仮に1か月間入院すれば15万円となりますね。
      これを掛け捨ての県民共済でカバーできればいいなぁと思っています。
      今は入院期間も短くなりましたし、万が一と考えていたらキリがないです。
      で、そのための貯蓄を増やすため、節約に励みます(#^^#)

  5. ミーナ より:

    こんにちは。
    そらはなさんのお宅は、医療保険はどのようなものに加入しているのか知りたいと思っていました。
    私が加入している医療保険が10年経って、今年の春から月1,500円アップになる通知が来ました。
    1,500円って月々だとそうでもないようですが、1年だと18,000円も上がる事になるので見直しをしたところ、逆に保険料が減りました。
    しかし、その後に別の保険の担当の方からがん保険を勧められました。
    町内でがん保険に入っていない人はほとんどいないと言うのですよ。
    (小さい町なので一般的にはそんな事ないと思います)
    我が家は子どもがいなく夫婦二人なので、大きな保険に入るつもりはありませんが、
    抗がん剤治療の時に保険がおりると助かるな〜とも思います。
    今まで保険の事には無頓着でしたが、自分たちのライフスタイルに合った保険を検討してみたいと思います。

    • そらはな より:

      ミーナさんへ♪
      私も夫も県民共済の掛け捨て2,000円です(^-^;
      あとは、病気に備えるため、そして元気であれば娯楽費として使えるよう「万能貯金」として貯めています。
      癌になったら・・・その時はその時で腹をくくります。
      でも、結局は保険って安心料であったりするので、自分の家計の負担にならない程度の保険であればいいのですよね。

  6. ちかちか より:

    2人に1人が癌になると言われるこの頃、最低限の医療保険に入って居た方がいいとは思います。私もコープ共済の2000円です。
    義父は保険に何も入ってなく、医療費が心配でしたが、やはり高額医療費の制度に助けられ貯蓄内で済みました。最低限でいいと割り切っているつもりでしたが、不安もあります。
    私の弟は2年前の夏に癌がわかり手術できませんでした。今年の初めに亡くなり、その間の抗がん剤治療、入院他諸々、かなり保険に助けられました。義妹は癌がわかる半年くらい前にガン保険始めたのです。東京の病室の狭いこと、2人部屋は本人が落ち着かず個室に。差額ベッド代かかるし、保険が効かない治療もし、ホスピスも個室は高かった!公的病院のホスピスには差額ベッド代がないそうですが、有名病院のホスピスはかなり高額でした。その分至れり尽くせりでしたが。。
    弟は亡くなる前の年は何回も旅行し、好きな事をしました。生きるためにどんな治療をするかにもよりますが、お金がなくてできなかった、は後悔するだろうなと思いました。その時の為に保険はあるのでしょう。
    貯蓄は消えていく、退院後に同じように働けるかはわかりません。自分の父母のように80過ぎまで病気もしないでこれから行きていけるか、不安ですが、健康に気をつけていくしかありません。
    保険の基本は助け合いです。みんなで少しずつお金出して病気になった人を助ける、でしたが、今は病気になる人が多すぎなんですよね〜。健康保険も保険料は上がってるし、経済的に民間の保険に入れない人も多いと思います。こんなこと言えるだけ幸せなのかな。

    • そらはな より:

      ちかちかさんへ♪
      弟さん、若くしてお亡くなりになったのですね。
      身近にそのような方がいらっしゃると、保険についてもいろいろ考えさせられますね。
      公的病院のホスピスには差額ベッド代がないのですね。でも、有名病院(個人経営でしょうか?)はホスピスの差額ベッド代もかかるんですねー。
      勉強になります。
      結局は、生きていくうえでお金は必要ってことなんですよねー。
      少しでも貯蓄できるよう、がんばります。

  7. シナモン より:

    そらはなさん、こんにちは。シナモンです。
    20年前、両親がそれぞれ、癌で手術、入院しました。たまたま、入っていたガン保険(アヒルの保険です)でかなり助かったらしいです。もちろん、高額医療制度のお世話になり、差額ベッド代無しです。それで、私も夫も加入しました。義父も癌だったので。

    5年前に亡くなった義母は脳梗塞で寝たきりになり、入院期間が長くなり、保障日数を超えた時点で保険は解約した経験があります。

    差額ベッドの件ですが、義母が入院した時、義妹夫婦が、兄である夫に何の相談もなく、差額ベッドが必要な個室を希望したので、入院して大部屋が空くまで、一ヶ月以上ほど差額ベッド代を払ったことがあります。
    他の親戚への見栄とかいろいろあるみたいですが、親の入院の場合、兄弟で相談した方、良いと思いました。

    • そらはな より:

      シナモンさんへ♪
      お父様もお母さまも癌で入院されたのですね。
      そういう経験があると、がん保険も身近に感じますね。
      寝たきりになる場合も、保険の保障日数制限があるんですもんね。
      すべての保険に入っていたらキリがないですし、ご家族の既往歴などを参考に選ぶのは、賢明だと思います。
      差額ベッド代は考えちゃいますねー。
      ただでさえ、慣れない入院生活。少しでも快適に過ごすには個室がいいのでしょうけどね。
      お金とのバランスを取りながら考えるしかないのでしょうねぇ・・・。

  8. このちな より:

    先進医療保険の必要性 私は白内障なのですが多焦点レンズを入れる時には健康保険がきかないので 70万から100万ぐらいを払わなければならないことになるだろうと思います 果たしてそれが本当に良い選択なのか 保険の効くレンズで十分なものなのか これから勉強して決めて行かなくてはなりませんでも最初から 先進医療保険に入っていれば全く金銭的な心配はありません 健康な時に入れば本当にわずかな掛け金で入れるはずですから私はその保険に入ることをお勧めします また私の両親は二人とも癌で亡くなっているのでがん保険に入っています毎月の掛け金は長い目で見るともったいないかもしれませんが私にとってはお守り代わりになっておりますので使わないで 無駄になってくれればそれはそれでありがたいと思ってかけ続けています 白内障の手術が終わったら今入っている民間の保険は解約しようかなと思っています理由は80歳までしか保証のきかない保険に入っているからです これから90歳90以上まで生きているかもしれないのに80歳で切れてしまう保険というのはとても不安です でもこんな事を言っているから結構な保険金を払わなきゃいけないんでしょうかね笑 でも同じ掛け金を払い続けるのなら 終身保険の方が安心なような気がしますね まぁ結局私は保険好きなのかもしれません 白内障は実に多くの方が患うありふれた病気ですですから先進医療保険は本当に必要だと思います 選択が増えますよね手術の

    • そらはな より:

      このちなさんへ♪
      ひゃーっ。
      白内障の多焦点レンズは健康保険がきかないのですかぁ。
      こういうのも経験してみないとわからないことですね。
      がん保険も、仮につかわなかったとしたら、それはそれでありがたい・・・というのは、潔ささえ感じて心地よいです。
      そういう考え方もありですね。
      先進医療保険というのは、今まで考えたこともありませんでしたが、いろんな方のコメントを読んで、自分もいろいろ考えるきっかけとなりました。
      貴重なご意見ありがとうございます。

  9. バタール より:

    医療保険はネットでも専門家含め色々な意見がありますね。

    昨年、義父が腰椎圧迫骨折で入院したのですが、入院してすぐにまさかの認知症の症状が出てしまいました。

    大部屋だったため、同室の皆さんを不愉快にさせる言動が申し訳なくて個室にしてもらいました。

    義父が医療保険に入ってくれていて助かりました*ᵕᴗᵕ*

    私と夫は、最低限の保障の医療保険に入ってますが、先進医療特約が付けられるものが条件でした。
    これからの医学の進歩に期待して^ ^

    • そらはな より:

      バタールさんへ♪
      入院を機に、認知症の症状があらわれるのはよく聞きますね。
      今は、認知症保険なんていうのもあるので、保険の選択肢は数知れず。
      自分にとって、何が必要で何が不要なのか、よーく見極めないと、キリがないですねぇ。
      先進医療特約は、今まで考えたこともなかったので、いろいろ調べてみたいと思います。