子どもの部活に塾送迎 時間がないときに作っていた晩ごはんメニュー

スポンサーリンク

学校が終わっても、部活に塾にと子どもは大忙しです。
そしてそれをサポートする親も大変です。

我が家でも、3人の子どもたちが高校生、中学生、小学生だった頃は、目の回るような忙しさでした。
そんな時、どうやって晩ごはんを作っていたのかお伝えします。

スポンサーリンク

フードプロセッサーで時短調理

フードプロセッサーは、瞬時にして野菜をみじん切りにしてくれる優れもの。

人参、玉ねぎ、ナス、ピーマンなどすべて放り込んで、あっという間にみじん切りが完成します。
あとはひき肉と一緒に炒めて、味付けしておしまい。

 

ドライカレーの完成です。

Cpicon 激ウマ!簡単に出来るドライカレー♪ by きょこたん♪

 

フードプロセッサーは、棚の中にしまいこんではいけません。
すぐに使えるよう、出しておかなければ使わなくなってしまいます。

スポンサーリンク

電子レンジでほったらかしメニュー

電子レンジも時短お助けアイテムですよね。

例えば、鶏肉1枚あればレンジにおまかせ時短メニューが完成します。
子どもたちが小さい頃は、このメニューにも助けてもらいました。

Cpicon 鶏むね肉+しょうゆ+塩+オリーブオイル by ともみきっちん

スポンサーリンク

圧力鍋で時短チャーシューは使いまわし抜群

圧力鍋も時短お助けアイテムです。

休みの日などにチャーシューを作っておくと、チャーシュー丼、チャーハン、ラーメンの具など使い回せて大変便利でした。

子どもたちも大好きだった一品です。

節約豚バラチャーシュー 秘伝のタレは2年もの
「うちのタレは100年以上前のものを継ぎ足しで使っています」なんていう焼き鳥屋さんがあるけれど、我が家のタレは2年もの。チャーシューを作ったときの煮汁を捨てるのがもったいなくて冷凍保存したのがきっかけ。今ではチャーシューを作るときは前回保存
スポンサーリンク

常備缶詰で時短メニュー

ツナ缶、トマト缶、生クリーム、パスタは、子どもたちがいた頃は常備品でした。

買い物に行く時間もない、だけど何かしら子どもたちには作って食べさせなければ!というときの缶詰は、節約時短に大助かりでした。

Cpicon ツナのトマトクリームパスタ by ぴょんこママ

トマトクリームパスタは、子どもたちにも大好評でした。

スポンサーリンク

半レトルト食品に一工夫

フライパンで焼くだけ、とか、揚げるだけといった、半レトルト食品も活用しました。

仕事の日は、ギョーザなんてものは作っていられませんので、焼くだけの餃子はよく利用しました。
ただし、同じ焼くにしても、羽根つき餃子にしてしまうとか、ちょっとだけ手を加えています。

見た目も味も、グレードアップするからです。

Cpicon 羽根つき餃子の焼き方 by ばぁばまんま

 

残された時間は30分 時短料理は科学のおかげ
18時ちょっと前に仕事から帰宅。18時35分、部活が終わる中学生の娘の迎え。18時45分ころ娘と帰宅、そしてそのまま次男を塾へ送る。つまり、私に与えられた夕食を作る時間は、18時~18時30分までの30分間。この30分で夕食を作って、次男が
スポンサーリンク

いつか子どもは巣立つもの

忙しい、忙しいと走り回っていたころがうそのように、今は静かで穏やかな時間が流れています。
どんなに忙しくても、与えられた時間はみんな同じ1日24時間。

ならば、自分にとって効率的に動けるよう、自分で時間を作り出すしかないのですよね。
時短で晩ごはんを作っても、お惣菜やお弁当を買ってきても、どこかで外食をしてきても、いつか子どもたちは巣立っていくもの。

だから手を抜くところは抜いて、無理せず自分ができることをやって、結局は自己満足でも良いのです。
だって親が満足して楽しくやっていれば、子どもにもそれは伝わるはず。

毎日を一生懸命生きる。
ただそれだけのことなのだと、今だから思えます。

 

コメント

  1. さくらゆ より:

    子どもがまだ家にいる間は、できるだけ母の味を食べさせておきたい…と、手間をかけることにこだわった時期もありましたが、手抜き料理の方が評判のよい時もあったり。そして、圧力鍋は本当に心強い味方です!
    そらはなさんのブログで紹介されるレシピも、本当に美味しいものばかりで助かっています。
    忙しい時や体調の悪い時には、無理をして辛そうに料理を作るよりも、できあいのものを買って笑顔でいる方がいいですもんね(←ということにしておきたい)
    そういえば、子ども達が小学生の頃、風邪で寝込んだ私が「今日は買ってきたお弁当でいい?」と聞くと、息子は快くOKしてくれたのに、娘は「えっ(-_-)」とあからさまに嫌な顔をしましたね。女の子は厳しいな〜と思いました。ははっ。

    • そらはな より:

      さくらゆさんへ♪
      たまにお惣菜を買ったりすると、それが喜ばれたりもしますよね~。
      でも、お惣菜とかお弁当って、続くと飽きるんですよね。
      うちの子どもたちは、あまり食事に関してうるさくなかったけれど、やっぱり家族5人分だと作ったほうがずっと安くできるので、それでがんばっていたような気がします。

タイトルとURLをコピーしました