はじめての方はこちらへどうぞ
スポンサーリンク

食費節約のコツ 食材リレーで夫婦2人の食費は月2万円

食費の節約のコツは、食材を絶対に無駄にしないこと。
前日残った食材を使って、翌日に別の一品を作れば、最後までおいしくいただくことができ、かつ食費の節約にもつながります。

夫婦2人暮らしの今月の食費は、19,419円でした。

スポンサーリンク

夫婦2人暮らしの1カ月の食費

50代夫婦2人暮らしです。

子どもたち3人がいた頃は、5人家族で食費も月に10万円超えたこともありましたが、現在夫婦2人の食費は月2万円ほど。


Money forward MEより

 

今月は19,419円と、2万円以内に収まりました。

我が家の食生活事情は以下の通り。

▪朝食は2人ともコーヒー1杯と食パンか、たまに食べないこともある
▪昼食は、私はお弁当持参、夫へは昼食代として1万円を渡している
▪私はお酒は飲まないので、夫が自分で飲むお酒は自分のおこづかいで買っている
▪家庭菜園で採れた野菜は冷凍保存して使っている
▪ふるさと納税の返礼品の魚や肉やお米を活用している
▪お菓子は、楽天市場でポイントを使って実質0円で購入している
▪夫婦とも個別に出かけた際のランチや飲み会費は、それぞれのおこづかいから出している
▪外食費は食費に含めず娯楽費として計上しているが、夫婦2人で外食することはめったにない

長男が大学生になってから節約意識が芽生え(←遅い)、私ができることは食費の節約くらいしかないと思い、一念発起しました。

スポンサーリンク

食費節約のコツは食材リレー

最近晩ごはんを作るとき、ゲーム感覚で楽しくやっていることがあります。
それは、前の日の残った食材をアレンジ、リメイクして別のおかずに変えることができるかどうか、ということ。

例えば、親子丼の副菜として作った小松菜のナムル。
小松菜一袋全部をナムルにすると、夫婦2人では食べきることができません。

翌日のお弁当のおかずに入れても、微々たる量で消費しきれません。

 

そこで、小松菜のナムルは次の日には、ビビンバの具として利用します。
ひき肉を炒めている間に、温泉卵を作って、あっという間にビビンバ丼が完成です。

 

さらに、多めに作った温泉卵は、翌日はサラダにトッピング。
カリカリベーコンものせてカルボナーラ風のサラダが出来上がります。

もちろん前日のビビンバ用に炒めたひき肉は少し残しておいて、チャーハンへ入れて活用します。
ひき肉はしっかり味がついているので、ふだんよりも濃厚なチャーハンが出来上がります。

我が家の家計簿は月末締めなので、最後の1週間は買い物にいかずに家にあるもので過ごすと決めていました。

冷凍保存していた鶏肉とひき肉、ふるさと納税でいただいた冷凍餃子、さらにストックしているツナ缶なども利用して、今月の食費を2万円以内に収めることができました。

食費節約を助けてくれるものたち

さらに、食費の節約のためにやっていることがいくつかあります。

1.ふるさと納税返礼品の利用

ふるさと納税をしています。
返礼品は、お肉や魚、お米など食費に直結するものを選んでいます。

【楽天ふるさと納税】私のやり方を簡単に説明 戻ってくるお金も要チェック
友人から、「ふるさと納税をやってみたいけれど、なにをどうやっていいのかわからない」と言われたので、私のやり方をざっくりと説明しました。 昨年から楽天でふるさと納税を始めた私ですが、ポイントさえ押さえれば簡単にできるものだと思いました。...

 

2.家庭菜園の野菜の利用

家庭菜園にかかる費用は、趣味娯楽費として計上していますが、昨年1年間にかかった費用を月割りすると、月に2,000円ほど。
その趣味が実益となって、夏は野菜を買わなくてもいいくらい収穫できるし(理想)、それらを冷凍保存して冬まで小出しに使っているので、家庭菜園は食費に貢献しています。

 

3.株主優待の利用

株主優待も、食費に直結するものを選んでいます。

主婦が株を買うということ 滝沢ハム株主優待品が届く
今年も滝沢ハムから株主優待品が届きました。 「新商品から人気商品、定番商品までタキザワならではの、こだわりの味」というだけあって、滝沢ハムのレトルト食品はどれもおいしいものばかり。 最低単元株数を所有しているだけで受け取れる優待品は...

株価が下がっても、優待品は強い味方です。

食材を無駄にしない

昔は、冷蔵庫の奥でミイラ化している食材がたびたび発掘されたものでしたが、今ではまず、そんなことはありません。

冷蔵庫を見える化して常に整理整頓していることにより、食材のミイラ化は防ぐことができます。

また、賞味期限がある食料品を買いすぎないことも大切です。
まとめ買いで安くなる食材でも、夫婦2人では食べきれません。
食べきれずに捨てることになっては、せっかく安く買っても、お金を無駄にしているのと同じです。

食べきれる量を適量買う。
冷凍保存して上手に使い切る。

あとは、これらを楽しんでやること。
食事は毎日必ず伴うものなので、無理せず楽しむことが、長続きできる秘訣だと思います。

 

子どもにかかる教育費の捻出のために始めた食費の節約ですが、今ではいろいろなものを作ることが楽しくて、まだまだいろんなことをやってみたいと思っています。

 

コメント

  1. でぶねこ より:

    節約も楽しんでできるのが、一番ですよね^^
    私も食材リレーはよくします(笑
    夫婦二人暮らしが長く、お弁当持参の主人と朝昼晩3食、義母が増えて、食費も増えました。
    お弁当には残ったおかずを小分けして冷凍、足らないときの1品にしています。かぼちゃ煮やヒジキ煮、煮豆、きんぴらごぼう、切り干し大根など、無駄にしないように使い切ります。
    冷凍食品のお惣菜を買ったと思ったら、全然おいしいと思います(笑
    冷凍餃子も作っておくと、買ってくるものより安くておいしいので、多めに作ってます。
    食材のリメイクって、考えるのが楽しいですよね~~
    そらはなさんのアレンジも、素敵です♪
    アイデアって、ほんとにたくさんありますね!

    • そらはな より:

      でぶねこさんへ♪
      子どもたちがいたころは、食べさせるのに必死であまり考えたことがなかったけれど、最近は料理をするのも楽しくやっています。
      食材リレーもよい案が浮かんだときは、うれしくなります。
      お弁当のために、わざわざ何かを作ったりしませんよね。すべて残り物を小分けに冷凍。これで立派なお弁当が出来上がりです。
      もっとも自分で食べるものだから、どうにでもなるのですけどね。