10年以上経つ地植えのラベンダーの移植は失敗しやすいと言うけれど

スポンサーリンク

昨年、地植えのラベンダーを別の場所に移植しました。
ラベンダーは3年以上経つと株も大きくなるため、移植によるダメージが大きく失敗しやすくなると言います。

それでも移植しました。
ダメ元でやってみて、冬を越しました。
そして、春になったところで、枯れたようなラベンダーの葉っぱをみて、やっぱりダメだったか・・・とあきらめていたところでした。

スポンサーリンク

ラベンダーの移植が難しいとされるわけ

ラベンダーを移植するには、花が咲き終わってからになります。
たいていの植物は、花が終わって秋以降の寒い季節になると、休眠期となるからです。

しかし、地植えの3年以上経つラベンダーは、移植が難しい。

なぜなら、ラベンダーの根は直根性であり、太くてまっすぐな根っこが地中深く伸びているからなんです。

しかも、我が家にあるラベンダーは、3年どころか10年以上のシロモノで、木質化しています。

だから、ラベンダーを別の場所に移すなんて無理だと思っていました。
ところが、庭木の剪定にきた造園業者の方に聞いてみると、
「ラベンダーの移植?できるよ!」
と、いとも簡単に答えるではないですか。

もちろんプロの手に委ねたら、丁寧な作業で地中深く伸びる根っこも切断することなく掘り起こしてくれるんでしょうけれど、だったら私もやってみよう!
そんな気持ちになりました。

それにダメだったらその時はその時。
自分のうちの庭だもの。
好きにやってみることにしました。

それが、昨年の10月のことでした。

移植を嫌うラベンダーを移し替えた もう好きに自由にやってもいいよね?
中途半端な場所に植えられていたラベンダーを、思い切って移植することにしました。 隣に植えられていた松の木を伐採したことで、ますますラベンダーの立ち位置がジャマになり、別の場所へ移そうと思ったのです。 ラベンダーは移植を嫌う植物なので...

ラベンダー移植後

ラベンダーを掘り起こす作業は、思っていたより簡単でした。
が、案の定、長い根っこを切断してしまったのです。

そのラベンダーを別の場所に移し替えた時がこちら。

2018年10月撮影 ラベンダー移植後

移植直後なので、葉っぱは生き生きしているし、なんだか枝ぶりも整っていい感じです。

 

2018年10月 ラベンダー移植後1週間

ドキドキしながら1週間が経過しましたが、葉っぱはまだ青々としています。

よかったー。枯れなかったー。
この時はほっと胸をなでおろしました。

そうして一冬が過ぎ、ようやく暖かくなってきた今年の3月のラベンダーがこちら。

2019年3月 ラベンダー

ガーン。枯れている・・・。
葉っぱは、恐ろしく顔色の悪いグレーだし、形も縮れているし、新芽も出ていないし、やっぱり移植は失敗でした。

しょうがない。
ダメ元でやったことですから、あとで掘り返そう。
そして、今年はラベンダーの苗を買ってきて植えよう。
そう思っていました。

ラベンダーの移植は成功か?

ようやく桜の開花の便りが聞こえてきたころ、放置したままだったラベンダーをふと見てみると・・・。

こっ、これはもしや新しい葉っぱの兆し?

 

ほらほら、先のほうは緑がかってきていますよね?
枯れたと思っていたラベンダーも、春の暖かさでようやく命を吹き返したのではないでしょうか。

よかったー。
早まって掘り起こさなくて本当によかった。

イングリッシュ系のラベンダーは、冬になると葉っぱが灰色になりますが、春にはちゃんと復活します。

2017年4月 ラベンダー

2年前には、ラベンダーの花摘みも剪定もしていなかったので、惨憺たる状態でしたが、この時も葉っぱは灰色でした。

植物って、手をかけた分だけ正直に育つんですね。
昨年、強引に移植したラベンダーも、冬の間はちょっとスネていたようですが、春の暖かさでようやく機嫌を取り戻した模様。

ラベンダーは移植を嫌うというけれど、直根性のまっすぐに伸びる根っこを途中で切断してしまっても、周囲の網状根っこががんばってくれたのでしょう、きっと。

今年もラベンダーでドライフラワーを作れるといいのですが…。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました