スポンサーリンク

家計簿活用術 1年分を可視化することで老後はいくらで暮らせるか見えてくる

家計簿は、12月の年末締めにしています。
以前は年度末である3月に締めて、新年度の予算を立てていましたが、子どもたちが全員家を出てからは、年末締めのほうが管理がしやすくなりました。

1年間の収支をざっくり把握していると、毎月かかる費用の他、予期せぬ特別費も予想できるようになるので、いずれくる年金生活の不安も軽減できます。

スポンサーリンク

家計簿は月ごとの管理から年間管理へ

ふだんの支払いは、デビットカード決済がメインです。
現金を使う場面もありますが、日常の暮らしの中では9割がキャッシュレス決済です。

家計簿も、3年前からMoney Forward MEを利用しているので、カードや銀行を紐づけておけば、あとは自動で家計簿をつけてくれます。

手動で入力するのは、現金での支払いのみ。
なので、自分で家計簿をつけなくてもいいように、支払いは極力キャッシュレスにしているといっても過言ではありません。

ただし、時々項目分けが違うところに振り分けられていることもあるので、月に2~3度は家計簿をチェックしています。
また、私はMoney Forward MEの無料会員なので、過去の家計簿は1年分までしか見ることができません。
そこで、収支を月ごとにまとめ、エクセルで1年分を表にしてまとめるようになりました。

おかげで、1年間のお金の流れが明確に把握できるようになりました。

スポンサーリンク

年金生活にスムーズに移行するため

年金生活になる前に、1年間の収支の流れをつかんでおくのはとても大事なことだと思っています。
家具・家電の買い替えや家の修繕費、冠婚葬祭費など、ふいにかかる特別支出は、年間予算として考えなければならないからです。

年金生活ではボーナスは出ませんから、特別支出もひっくるめて年間の予算を立てることが、年金生活にスムーズに移行できると思っています。

年間予算として立てておけば、家電製品の買い替えや家の修繕費など不意の出費にもあわてることがありません。
最初からちゃんと予算を取っているので、余裕です。(・・・と言ってみた)

私の家計簿のつけ方

▪毎日の家計簿はMoney Forward MEの自動集計におまかせしている
▪現金での支払いがあったときは、なるべくその場でスマホから入力してしまう
▪1か月の集計をエクセルに記録する
▪12月で1年間の家計簿を締め、見直しとムダの削減を考える

こんな形になって3年となりました。

1年分の収支一覧表を見ると、翌年の予算も立てやすくなります。

また、12月締めにしてよかったなと思った点は、確定申告がやりやすくなったこと。
ふるさと納税や医療費の確定申告などは、年末で家計簿を締めたほうが便利です。

そもそも以前、3月の年度末で家計簿を締めていたのは、子どもにかかる教育費に大きな変化がある時期だったからです。
進学、進級でお金の流れが変わるので、3月締めの4月スタートにしていました。

しかし、長男、次男ともに社会人となり独立しました。
娘はまだ大学生ですが、毎月の仕送りと、年に2回の授業料の振込は決まった額なので、年度初めに大きな変化はありません。

よって、もう年度末で家計簿を締める必要がなくなりました。
家計簿は1月に始まって12月で締める。
これでずいぶん管理がしやすくなりました。

家計の実態を把握し特別支出を可視化する

私が家計簿をつける理由は、家計の実態を把握するためです。

支出項目は、①やりくり費 ②固定費 ③特別費 と大きく分けて管理しています。

やりくり費は、使い方次第で節約できるもの。
私の場合、食費、日用品費がこれになります。

固定費は、毎月出ていくことが決まっているもの。

ペットにかかる餌代や、ガソリン代、携帯電話やインターネットなどの通信費、水道光熱費、医療保険・火災保険などの保険料金などは多少変動がありますが、月の予算として一定額を分けています。

医療費・衛生費も、その月によって変動しますが、毎月一定額を積み立てしているので、固定費のくくりに入れています。
また、春から夏にかけて多くかかる家庭菜園費用も、12カ月で均等割りにして積み立てるという形にしています。

1年間の支出を項目ごとに集計し、それを12カ月で割った月平均を出してみると、以下のようになります。

食費20,000円
日用品3,000円
ペット1,000円
医療・衛生費10,000円
ガソリン代5,000円
車関連費積立(2台分)30,000円
保険料(医療保険・火災保険)7,000円
通信費(携帯2台・インターネット料金)5,000円
水道光熱費・灯油代20,000円
家庭菜園費3,000円

 

特別費は、冠婚葬祭費や交際費、住居備品や家電家具の買い替えなど、比較的大きな支出となるものですが、1年分の予算として寄せています。

冠婚葬祭費・交際費200,000円
住居備品・家電・修繕費200,000円

特別費は、なんとなくうやむやになりがちな支出でもあるので、1年間の支出としてまとめておくと、気持ちも引き締まりやすいです。

いずれ、家のリフォームも必要となりますから、その分のお金は別枠で貯蓄しています。

カード決済がメインとなったからこそ、1年間の家計簿を可視化するということは、お金を貯める目標も明確になる最大のメリットだと思います。

この他、大学生の娘にかかる教育費がありますが、完全に別枠で管理しています。
子どもにかかる費用を今から分けておくことで、老後はいくらで暮らせるかわかるようになりました。

老後の不安の多くは、お金のことに関することだと言われます。
その不安を減らすには、自分の家計の実態を把握することに他ならないと思います。

収入が減ったら、それに見合った生活をするだけ。
家計簿は、私の不安を解消してくれる心強い味方です。

 

 

コメント